サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

租税判例百選 第6版(別冊ジュリスト)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/29
  • 出版社: 有斐閣
  • レーベル: 別冊ジュリスト
  • サイズ:26cm/240p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-641-11529-3
ムック

紙の本

租税判例百選 第6版 (別冊ジュリスト)

著者 中里 実 (ほか編)

重要な租税判例を取り上げ、事実の概要、判旨、解説、検討事項等を掲載。動きの激しい租税法分野の判例法を客観的に描き出す。近年の裁判例をフォローした第6版。【「TRC MAR...

もっと見る

租税判例百選 第6版 (別冊ジュリスト)

2,808(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

重要な租税判例を取り上げ、事実の概要、判旨、解説、検討事項等を掲載。動きの激しい租税法分野の判例法を客観的に描き出す。近年の裁判例をフォローした第6版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中里 実

略歴
〈中里実〉東京大学教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

税法の判例集

2018/07/12 06:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:南東フェアリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

税法に関する最新の重要な裁判例が掲載されている。裁判において争われた法的争点を要旨という形で抽出され、それに対する法律学者の丁寧で詳細な解説が有用である。当該法的争点から発展して問題となる事項が指摘されており、効果的な内容となっている。学生だけでなく、実務に携わる人にとっても非常に有益なものとなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

租税判例百選第6版(別冊ジュリスト)

2016/07/17 11:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:具利 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第3版からすべて愛読しているが、重要な租税判例が収められていて、租税法の研究をしている大学生、大学院生、そして実務家及び研究者にとって、格好の教材となっている。
 租税判例は、租税法だけでなく税法会計学からも検討すべきものであるが、裁判所の判断はややもすると税務行政の秩序性に流されてしまう傾向がある。本来は、納税者の権利を基本とする憲法を理念として、正しい課税所得を追求し判断すべきものである。解説は、基本的に色々な視点を提供しながら、本来どのように判断すべきであったかを考えさせる重要な論点を明らかにしている。
 租税判例は批判的に検討しなければならないが、批判論理の視点が明確になっていなければならない。その点、本書は、租税判例研究の糸口を与えてくれる優れた返礼研究ということができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネスの法律 ランキング

ビジネスの法律のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む