サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. ハイブリッド・リーディング 新しい読書と文字学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハイブリッド・リーディング 新しい読書と文字学
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/31
  • 出版社: 新曜社
  • サイズ:21cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7885-1486-7
  • 国内送料無料

紙の本

ハイブリッド・リーディング 新しい読書と文字学 (叢書セミオトポス)

著者 日本記号学会 (編)

紙と、電子の融合がもたらすグラマトロジー(文字学)の未来とは。「よむこと」と「かくこと」をラディカルに問い直す。映像が見られるARマーク付きの論考も収録。2014年5月の...

もっと見る

ハイブリッド・リーディング 新しい読書と文字学 (叢書セミオトポス)

3,132(税込)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

紙と、電子の融合がもたらすグラマトロジー(文字学)の未来とは。「よむこと」と「かくこと」をラディカルに問い直す。映像が見られるARマーク付きの論考も収録。2014年5月の日本記号学会第34回大会をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

◆読むこと、書くこと、そして書物の未来に向けて
 かつてあらゆる書物が消滅し、電子情報に置き換えられる、と危惧された時期もありましたが、SF的空想にすぎないことも明らかになってきています。ただ、「メディアはメッセージ」だとすれば、デジタルメディアの進展とともに、「読書」という行為も以前の「サラブレッド」な読書とは変わってこざるをえないでしょう。スティグレールなどの「デジタル・スタディーズ」をも援用しつつ、「読むこと」がもともと持つハイブリッド(混淆)性を解き明かしていきます。さらに、1970年代からずっと書物のかたちをラディカルに問い、ブックデザイン界をリードしてきた杉浦康平氏に、書物と文字についての考えと実践活動をお訊きします。新時代のハイブリッドな「読書」から、新しい図書館計画、文字学などまで、「よむ/かく」をめぐる冒険的思索満載の特集です。【商品解説】

目次

  • ハイブリッド・リーディング 目次
  • 刊行によせて 吉岡 洋
  • はじめに ハイブリッド・リーディング 阿部卓也
  • Ⅰ部 [実践編]ブックデザインをめぐって
  • 一即二即多即一──東洋的ブックデザインを考える 杉浦康平
  • 対談 メディア論的「必然」としての杉浦デザイン 杉浦康平×石田英敬(阿部卓也)
  • 杉浦康平デザインの時代と技術 阿部卓也

収録作品一覧

はじめに ハイブリッド・リーディング 阿部卓也 著 11−16
もう一つのハイブリッド・リーディング 水島久光 著 181−198
スーパーモダニティの修辞としての矢印 伊藤未明 著 200−220

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

本・読書 ランキング

本・読書のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む