サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社文庫の通販
  7. Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293489-3
文庫

紙の本

Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲 (講談社文庫)

著者 戸谷 洋志 (著)

なぜ“会いたくて震える”のか? “自分らしさの檻”とは何か? 西野カナ「会いたくて会いたくて」、Mr.Children「名もなき詩」など、Jポップの名曲15曲を題材にしな...

もっと見る

Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲 (講談社文庫)

734(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ“会いたくて震える”のか? “自分らしさの檻”とは何か? 西野カナ「会いたくて会いたくて」、Mr.Children「名もなき詩」など、Jポップの名曲15曲を題材にしながら様々な哲学の問題を会話形式で説く。【「TRC MARC」の商品解説】

Jポップは、しばしば「自分」や「愛」「人生」をテーマとし、その歌詞は、シンプルであるがゆえに我々の胸に響く。一方、複雑な事象の本質を突き止め、露わにして見せようとするのが哲学ならば、両者は、密かに同じ企みを担っているとは言えまいか。Jポップの名曲を題材に誘う、今旬の哲学入門!<文庫書下ろし>【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「自分を誇りに思える生き方」をするには

2017/01/08 17:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

Jポップの15曲の詩を通じて、自分、恋愛、時間、死、人生のテーマについて、先人の哲学者の考えを紹介。
その結果「自分を誇りに思える生き方」に辿りつくための考え方を指南。
先生と女生徒との対話により、Jポップの詩の解釈しながら思索を深める形式で書かれているため、読みやすくて、理解も深めやすいところがお薦め。

【学んだこと】
・自己:私という概念が成立する為には、他者(非我)が存在しなければならない
・恋愛:私と恋人は直接的で相互的な関係に置かれている
・日常的な記憶:情報として記憶され、手段として必要のない情報は忘却される
・非日常的な記憶:抽象化されずに現在まで浸透、持続される
・未来:目的は必ず未来にあり、未来に向かう現在の行為は手段となる
・待つことの価値:自分の欲望を滅却させて未来と向き合う態度
・現在の価値:日常生活から切断された瞬間的な時間を過ごすこと。有用性では計れない価値を持つ。
・死を考えることの価値:死に至るまでの人生をどう生きるのか(本来性)
・死:死ぬその瞬間まで、私たちには何度でも自分自身を変えていく可能性が開かれている
・人生の決断(2つの選択肢)
  1) 自分を肯定することと引き換えに孤独になること
  2)孤独を避けることと引き換えに自分を否定すること
・決断をした人生:私が私であるからこそ選ばれるような生き方

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/30 06:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/30 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/13 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/18 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/25 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/20 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/25 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/23 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/25 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。