サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遠藤利克−聖性の考古学−
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/01
  • 出版社: 現代企画室
  • サイズ:28cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7738-1716-4
  • 国内送料無料

紙の本

遠藤利克−聖性の考古学−

著者 遠藤 利克 (著)

「もの派」以降における日本の現代美術を代表する彫刻家・遠藤利克。1974年から40年以上制作を続けてきた彼の主要な作品、約500点の図版を収録する。2017年7〜8月開催...

もっと見る

遠藤利克−聖性の考古学−

3,240(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「もの派」以降における日本の現代美術を代表する彫刻家・遠藤利克。1974年から40年以上制作を続けてきた彼の主要な作品、約500点の図版を収録する。2017年7〜8月開催の埼玉県立近代美術館の同名展覧会の図録。【「TRC MARC」の商品解説】

そう、人は昔から知っていた。エロス的結合の究極において世界は発火し、恍惚と畏れがないまぜになって発現する聖域を。(―遠藤利克「火について」より)

遠藤利克は、「もの派」以降における日本の現代美術を代表する彫刻家です。1960­–70年代に芸術の根源をラディカルに問い直したミニマリズム、コンセプチュアリ ズム、「もの派」などの成果を批判的に受け止めつつ、遠藤はそれらの地平を乗り越えるべく1980年代に現代美術のシーンに登場し、以後、ドクメンタ、ヴェネツィア・ビエンナーレなどの国際展にも参加するなど、現在に至るまで精力的に活躍を続けています。

本書は、遠藤の現在と本質を提示するために、埼玉県立近代美術館で企画された「遠藤利克展-聖性の考古学」の図録であり、1974年から2017年にいたるまで、40年以上制作を続けてきた遠藤の主要な作品、約500点の図版を収録したカタログレゾネです。【商品解説】

著者紹介

遠藤 利克

略歴
〈遠藤利克〉1950年岐阜県生まれ。名古屋造形芸術短期大学彫刻学科卒業。武蔵野美術大学彫刻学科客員教授。文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、円空賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)