サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

西郷どん! ドラマ原作 並製版 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-106170-1

紙の本

西郷どん! ドラマ原作 並製版 上

著者 林真理子 (著)

【歴史時代作家クラブ賞特別功労賞(第7回)】下級武士の家に生まれ、貧しいながらも家族や友に恵まれて育ち…。激動の幕末を駆け抜け、新たな時代をつくった西郷隆盛の生涯を描く。...

もっと見る

西郷どん! ドラマ原作 並製版 上

1,000(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【歴史時代作家クラブ賞特別功労賞(第7回)】下級武士の家に生まれ、貧しいながらも家族や友に恵まれて育ち…。激動の幕末を駆け抜け、新たな時代をつくった西郷隆盛の生涯を描く。『本の旅人』連載を書籍化。2018年大河ドラマ原作小説。【「TRC MARC」の商品解説】

なんという目をした男だ――。吉之助の目を見た者は、誰もがそう呟いた。下級武士の家に生まれた西郷吉之助は、貧しいながらも家族や友に恵まれて育つ。のちに大久保利通となる正助とは、素読をし、相撲をとる郷中仲間だ。藩主・島津斉彬の雄姿を間近に見た吉之助は、いつの日かこのお方にお仕えしたいと焦がれるようになる。時は幕末。夢かない斉彬のお側仕えとなった吉之助は、名君と心を一にし、江戸に京都に飛び回るようになる。激動の青春編!【商品解説】

著者紹介

林真理子

略歴
1954年山梨県生まれ。コピーライターを経て、作家活動をはじめ、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。以降、「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』で柴田連三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

御存知、大河ドラマの原作本

2018/06/22 11:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまさらですが、大河ドラマが面白いので原作本を購入。
ドラマのキャッチアップとしても役立ちます。テレビドラマは脚本により話を膨らませておりますが原作本は話の展開がテレビよりも早いので一気に読破できます。
上中下の3巻構成で、上巻は主に、君主である島津斉彬との交流を描いています。薩摩しか知らない男が江戸を知り、そして、斉彬を通じて世界を想うことになる筋書を丁寧に描いています。西郷の人物像を語る上で斉彬が多大な影響を与えていた事は外せないところでしょう。その点で最も面白い部分ではないかと思います。
三巻のなかでは上巻が最も面白いと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/09 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/13 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/18 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/30 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/18 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/25 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/21 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る