サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

西郷どん! ドラマ原作 並製版 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/165p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-106172-5

紙の本

西郷どん! ドラマ原作 並製版 下

著者 林真理子 (著)

【歴史時代作家クラブ賞特別功労賞(第7回)】維新に名を残す男らと議論を重ねた末、無血開城を断行し…。激動の幕末を駆け抜け、新たな時代をつくった西郷隆盛の生涯を描く。『本の...

もっと見る

西郷どん! ドラマ原作 並製版 下

1,000(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【歴史時代作家クラブ賞特別功労賞(第7回)】維新に名を残す男らと議論を重ねた末、無血開城を断行し…。激動の幕末を駆け抜け、新たな時代をつくった西郷隆盛の生涯を描く。『本の旅人』連載を書籍化。2018年大河ドラマ原作小説。【「TRC MARC」の商品解説】

幕府側として蛤御門の戦いに勝利した吉之助は、生まれついての大将としての才覚を開花させた。長州征伐を企図し、勝海舟と面会した吉之助だったが、勝の提案は彼を変えようとしていた。五代友厚、坂本龍馬、高杉晋作、木戸孝允、岩倉具視。維新に名を残す男らと議論をかさねた吉之助は、無血開城を断行する。一方、盟友・大久保一蔵は、新しい国家の設計図を作りだしていた。幼い頃から常に共にいた吉之助と一蔵。二人に別の道を歩む時が訪れたのか――。新しき時代、維新編!【商品解説】

著者紹介

林真理子

略歴
1954年山梨県生まれ。コピーライターを経て、作家活動をはじめ、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。以降、「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞、95年『白蓮れんれん』で柴田連三郎賞、98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

もっと侍の気概に迫って欲しかった。

2018/06/22 11:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上中下巻の下巻である。話もクライマックスを迎えるところであるが上巻における斉彬との心の交流などの人間関係、中巻における夫婦をはじめとする男女関係など、西郷とその周りの人物との交流が下巻では上手く描写されていないように思う。この原作本には登場しないが維新・明治初期の激動では様々な人間模様があったはずだ。
思うに、著者は晩年の西郷が孤独であった事を描きたかったのかもしれない。しかし、そうだとすると、なぜ孤独に陥ったのか。大久保との盟友関係はどのようにすれ違ったのかといった部分を、もっと丁寧に描いて欲しかった。できれば、侍の気概や士族の矜持の観点から人間像のを描写して欲しかった。
上巻の斉彬の存在感の重み、中巻での必要以上な記述量と細かな描写に比較すると、クライマックスとなる下巻の記述量が少なく、人間関係の描写が雑に感じられてしまい、尻つぼみ感のある読了であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/03 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/04 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/09 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/09 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/30 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/09 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/10 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る