サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. オンデマンドブックの通販
  4. 小説・文学の通販
  5. 【オンデマンドブック】アミターバ 無量光明の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

【オンデマンドブック】アミターバ 無量光明
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2018/09/11
  • 出版社: ケイオス出版
  • サイズ:四六/162ページ
  • ISBN:978-4-909507-00-6

紙の本

【オンデマンドブック】アミターバ 無量光明

著者 玄侑宗久(著者)

死の瞬間、私たちは、何を見るのか――?現役僧侶の芥川賞作家が、死のプロセスを圧倒的なリアリティで描いた「究極の物語」。2003年刊、作家、批評家から絶賛された小説を復刊。...

もっと見る

【オンデマンドブック】アミターバ 無量光明

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死の瞬間、私たちは、何を見るのか――?



現役僧侶の芥川賞作家が、死のプロセスを圧倒的なリアリティで描いた「究極の物語」。

2003年刊、作家、批評家から絶賛された小説を復刊。



死の瞬間、私たちは、何を見るのか。魂はあるのか。それは、どこへ行くのか?

がんを患った女性の「死の瞬間とその後」を、禅僧の作家が臨死体験記録や宗教体験をもとに、迫真のリアリティで描いた作品。



――娘夫婦の住む東北に移り住んだ「私」は、80歳を目前にして難治のがんに侵される。死後、魂はどうなるのか。地獄はあるのか。夫が迎えに来る、なんてことはあるのか。娘の夫で僧侶の慈雲さんに、病床でそんなことを尋ねると、仏教の話とともに、物理学やエネルギーの話まで一生懸命にしてくれる。



「アミターバ。つまり無量の光。あるいはアミターユス。無量の命。要するに阿弥陀さんですよ。いいですかお母さん、極楽浄土ってのは、なにか私らには計り知れない存在の意志や思いが実現してる場所らしいんですよ。それを疑わないことです」



家族と語らいつつ、徐々に死を受け入れ、心に残る時と場所を意識が往来するうち、「今ここ」と夢や記憶の境い目、それらを一つにまとめあげる時間の感覚も次第に薄れいく。そして、光に満たされた圧倒的な体験とともに「私」が見たものとは…?



近親の死を見送った方々をはじめ、多くの共感を得て、作家、批評家諸氏に絶賛された「死という出来事」を追体験する究極の小説。



「今回、久しぶりに読み直しながら、私は末期の時空を追体験していた。そして『時間という煩悩から解放された状況』が、あらためてなかなか佳く書けていると思えたのである。

私は今でもこのようなことが末期には起こるような気がしている。いつ『意識の混濁』を体験してもおかしくない……、いや、やがて死ぬすべての人々に、『アミターバ』を読んでほしいと思う」

(復刻版のための「あとがき」より抜粋)【本の内容】

著者紹介

玄侑宗久(著者)

略歴
玄侑宗久(げんゆう そうきゅう)

1956年、福島県三春町生まれ。慶應義塾大学中国文学科卒業。さまざまな仕事を体験後、京都天龍寺専門道場に入門。現在は臨済宗妙心寺派福聚寺住職。

2001年『中陰の花』で芥川賞受賞。2014年、震災に見舞われた人びとの姿と心情を描いた『光の山』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2007年、柳澤桂子氏との往復書簡「般若心経 いのちの対話」で文藝春秋読者賞、2012年仏教伝道文化賞、第一回沼田奨励賞受賞。

京都・花園大学文学部仏教学科および新潟薬科大学応用生命科学部の客員教授。元東日本大震災復興構想会議委員、原発事故後の福島県内の子ども・若者を支援する「たまきはる福島基金」理事長。

『禅的生活』『現代語訳般若心経』『まわりみち極楽論』『慈悲をめぐる心象スケッチ』『観音力』『荘子と遊ぶ』『水の舳先』『リーラ 神の庭の遊戯』『龍の棲む家』『アブラクサスの祭』『阿修羅』『四雁川流景』『竹林精舎』など著書多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。