サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/21

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/28
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-106922-6

紙の本

夜汐

著者 東山彰良 (著)

文久3年。苦界に沈んだ幼馴染みを救うため、やくざの賭場から大金をせしめた蓮八。新選組の一員として身を隠すことにした蓮八に、報復として殺し屋「夜汐」が差し向けられ…。『小説...

もっと見る

夜汐

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

文久3年。苦界に沈んだ幼馴染みを救うため、やくざの賭場から大金をせしめた蓮八。新選組の一員として身を隠すことにした蓮八に、報復として殺し屋「夜汐」が差し向けられ…。『小説野性時代』連載を加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

文久三年。やくざ者の蓮八は、苦界に沈んだ幼馴染み・八穂を救うため、やくざの賭場から大金をせしめた。
報復として蓮八に差し向けられたのは、凄腕の殺し屋・夜汐。
京で新選組の一員となり、身を隠すことにした蓮八だが、ある日八穂からの文を受け取る。
帰ってきてほしい……その想いを読み取った蓮八は、新選組から脱走することを決意。
土方や沖田からも追われながら、八穂の待つ小仏峠に向かうべく、必死で山中を進む。
だが、夢で蓮八に語りかけ、折りに触れ彼を導くのは、命を狙っているはずの夜汐だった――。

逃れられぬ運命の中でもがく人々、もつれ合う“志”。
すべてが胸に突き刺さる、直木賞作家の新境地!【商品解説】

著者紹介

東山彰良

略歴
〈東山彰良〉1968年台湾生まれ。「逃亡作法」で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞し作家デビュー。「路傍」で大藪春彦賞、「流」で直木賞、「罪の終わり」で中央公論文芸賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

激動の幕末模様よりも大きい情念

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

幕末の志士を扱った小説は星の数ほどありますが、志士の道筋を他者の目線から詳細に描いたものは、なかなか少ないかもしれません。
『夜汐』という殺し屋がいます。彼の狙った獲物により、新選組の道程に波乱が含まれることになりますが、著者の東山彰良さんがインタビューで述べられていた通り、この小説は日本の時代小説としてのセオリーはクリアしながらも、きっちりと往年の西部劇のテイストを含んでいます。西部劇の最大の特色として、ガンマン、殺しのプロは素性を明かさず、それを暗黙の了解として観客が納得し、あかされないぶんガンマンを取り囲む登場人物の心情が浮き彫りになるという利点があります。この場合は新選組や、主人公の男女の心情をそうすることによって際立たせています。
泉鏡花の『海神別荘』という戯曲では、人身御供にされたらしき美女が「ここは極楽ですか」と海底の公人に問うたところ、こう突き放されます。「そんなところと一緒にされてたまるものか、女の行く極楽に男はおらんぞ、男の行く極楽に女はいない」
日本のあるアウトローの死期が近づいた時、奥様はそのアウトローに「峰不二子」柄のパジャマを着せてベッドに寝かせたとされています。女遊びが激しかったアウトローへの、奥様からのはなむけ、いえ、復讐だったのかもしれません。いくら大きな世の中の流れに組み込まれようとしたところで、男女を取り囲む情念は時を超えても変わりません。
『夜汐』でも大きな範疇を占めているのが、やくざ者の蓮八と、その幼馴染八穂の心の動きですが、彼らの恋愛模様やどう生きるかといったことは、殺し屋や新選組によってたしかに振り回されます。しかし、読んでいると、彼らが影響を受けた世間の動向など、とても小さなものに見えてくるから不思議です。それは、手を失っても八穂の顔をどうしても見ようと思った蓮八のたぎるような思いや、別の男にいったんは抱かれながらも、蓮八の死期は誰にも決めさせない、と宣言した八穂の叫び声が読者に響き、激動の時代の裏にあったさらに激しい情念を想起させるからではないのでしょうか。
人が思想を持って他人と移動、もしくは一人で移動しようとするとき、現代のようにSNS文化などが発達していなかった世の中では、天候や山の荒さや、そのとき口にしたものが大きな意味を持つようになります。新選組はもろくて崩れやすい側面を持つ組織でもありました。その綻びはたくさんの書物に触れられていますが、彼らの歩いた道筋を想像しながら夜汐とたどることにより、我々はまったく現代の自分たちも同じであることに気付かされます。恋愛も、革命も、すべておなじ。物事が変わったことに気付くのは、それがなにより終わってしまってから。だから常に前を見て、蓮八のように歩いて行かなくてはならないことの大切さを、この小説では教えてくれているように思います。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.3

評価内訳

2020/12/15 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/16 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/15 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/28 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/01 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/16 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/24 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/14 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/22 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/22 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/31 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/11 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/11 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/06 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。