サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. ワニ・プラスの通販
  6. ワニブックスPLUS新書の通販
  7. 渋沢栄一と陽明学 「日本近代化の父」の人生と経営哲学を支えた学問の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

渋沢栄一と陽明学 「日本近代化の父」の人生と経営哲学を支えた学問(ワニブックスPLUS新書)
渋沢栄一と陽明学 「日本近代化の父」の人生と経営哲学を支えた学問(ワニブックスPLUS新書) 渋沢栄一と陽明学 「日本近代化の父」の人生と経営哲学を支えた学問(ワニブックスPLUS新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

渋沢栄一と陽明学 「日本近代化の父」の人生と経営哲学を支えた学問 (ワニブックス|PLUS|新書)新刊

著者 林田 明大 (著)

新一万円札の顔となった渋沢栄一。我が国が誇る“実業界の巨人”の軸であった「論語」に並び、渋沢の人生哲学・経営哲学に多大な影響を与えた「陽明学」との関わりを解き明かす。【「...

もっと見る

渋沢栄一と陽明学 「日本近代化の父」の人生と経営哲学を支えた学問 (ワニブックス|PLUS|新書)

税込 1,058 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新一万円札の顔となった渋沢栄一。我が国が誇る“実業界の巨人”の軸であった「論語」に並び、渋沢の人生哲学・経営哲学に多大な影響を与えた「陽明学」との関わりを解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

文藝評論家・小川榮太郎氏、絶賛!「経済的成功を望んでいる若者たち、そして現在日本を動かしているエリートの諸氏に、是非一読して欲しい一書が出た。」(解説より)新一万円札の顔となった渋沢栄一。我が国が誇る“実業界の巨人”の軸であった『論語』に並び、渋沢に多大な影響を与えた「陽明学」との関わりを解き明かす初の書!プロローグ 日本の近代化の成功と陽明学第1章 渋沢栄一の少・青年期の陽明学の師、菊池菊城と尾高惇忠第2章 井上馨と渋沢栄一第3章 栄一の師、尾高惇忠と富岡製糸工場第4章 渋沢栄一と岩崎弥太郎第5章 道徳経済合一説第6章 論語を礎として商事を営み、算盤を執りて士道を説く第7章 「 小事即大事、大事即小事」第8章 陽明学ブームのもう一人の立役者・渋沢栄一【本の内容】                                      

著者紹介

林田 明大

略歴
林田明大(はやしだ・あきお)作家・陽明学研究家。1952年長崎県生まれ。実践哲学としての王陽明の思想と、日本の禅、ゲーテやR・シュタイナーらの思想とを比較融合させた独自の視点による研究で知られる。その研究成果を、94年に『真説「陽明学」入門』として上梓。以降、本書はグロービス経営大学院の必読書に指定されるなどして、静かなるロングセラーとなっている。2015年には本書の英語版(第3部を除く)も刊行された。97年に「国際陽明学京都会議」に実践部会を代表して登壇。陽明学の実践体得に努めながら、現代人向けの活きたテキストを数多く手がけている。著書に『新装版・真説「陽明学」入門』(ワニ・プラス)、『評伝・中江藤樹』『真説「伝習録」入門』『イヤな「仕事」もニッコリやれる陽明学』(いずれも三五館)、『山田方谷の思想を巡って』(明徳出版社)、『志士の流儀』(教育評論社)など。越川禮子氏との共著に『「江戸しぐさ」完全理解』三五館)などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。