サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. みんなのデータサイト出版の通販
  6. 図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/04/06
  • 出版社: みんなのデータサイト出版
  • サイズ:30cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-9910427-2-0

紙の本

図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版

著者 みんなのデータサイトマップ集編集チーム (企画・編集)

東日本大震災による福島原発事故後、日本各地で立ち上がった「市民放射能測定室」のネットワーク「みんなのデータサイト」による放射能測定結果をまとめて地図化し、解説する。新たに...

もっと見る

図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版

税込 2,860 26pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災による福島原発事故後、日本各地で立ち上がった「市民放射能測定室」のネットワーク「みんなのデータサイト」による放射能測定結果をまとめて地図化し、解説する。新たに現れた問題や課題を取り上げた増補版。【「TRC MARC」の商品解説】

『原発事故から10年。今なお「原子力緊急事態宣言」発令中の日本に暮らす人々へ贈る、一家に一冊の必需品』

 自費出版でありながら1万8,000冊の発行部数となった、「図説・放射能測定マップ+読み解き集」の発行から1年4ヶ月。これまでの活動により得た知見をもとに、行政・ほか専門機関が調査して得たデータを多数解析に用い、原発事故のその後について追加記事を収録しました。

事故から10年目に入る今、原発事故の記憶は徐々に薄れつつあり、声高に叫ばれる『復興』の陰に、被害はなかったことにさせられつつあります。今なお避難されている人々がますます声をあげにくくなる一方、事故当時のことがあまり記憶にない世代が大人になりつつあります。

事故後に避難区域に指定された地域は、オリンピックを目の前にしてこの3月11日直前に次々と広域に避難が解除されました。チェルノブイリ事故後は、年間5ミリシーベルトを超える実効線量で強制移住ゾーンと定義されているのに、日本は20ミリシーベルトを下回ると確認された地域は事故からたった9年で避難指示解除されたのです。これらの地域やその近隣では、高汚染な森林などからの土のまき上がり・再浮遊、水害時の流出、市街地のあちこちに放置されているマイクロホットスポットの問題など、無視された課題が山積しています。また、小児甲状腺がんが多発している問題、汚染土壌の再利用問題、汚染水の海洋放出問題、未だ道のりのみえない被災者への補償問題、廃炉など、長期に渡る影響を真剣に考えなければならない大きな問題が目の前に横たわっています。

 今改めて放射能について知り、現状を理解し、よりよい未来を次世代に残すためにも多くの方に読んでいただきたい1冊です。現存する原発54基をどうするのか、可能な限り被ばくを回避し安心して暮らすため、家族や友人、学校の同級生と一緒に、この本を手に取って話し考えるきっかけになることを希望しています。

今回の増補に際し、次の項目の書き換えや追加記事を収録しました。
・2020年の東日本全体の土壌放射能推定値地図
・事故前2010年の日本全国の土壌放射能の値
・小児甲状腺がんの発症状況(2020年3月現在)
・2019年の台風19号における水害土壌調査
・高汚染エリアにおける土壌汚染と大気浮遊じんの関係
・激甚汚染エリアからの放射能流出の見通し
・食品・土壌・空間線量の基準について

『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』とは
2011年の東日本大震災により発生した、東京電力福島第一原発事故による広範囲にわたる土壌汚染の様相を、『国がやらないなら自分たちでやるしかない』と、手弁当で3年間かけて、市民のべ4,000人とともに調査した「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」の結果を解析し、第1章:土壌、第2章:食品、第3章:放射能の基礎知識、からなる、市民の市民による市民のための放射能解説本。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 目次
  • この本の見方
  • 第1章 土壌
  • 第2章 食品
  • 第3章 放射能を知ろう
  • 用語集

著者紹介

みんなのデータサイトマップ集編集チーム

略歴
みんなのデータサイトは、現在全国31の市民放射能測定室が参加しているネットワーク型の団体です。2011年の東京電力福島第一原発事故後、汚染の実態を知りたいと測定活動を開始した各地の測定室が集っています。

それぞれが積み上げて来た放射能測定データを一つのプラットフォームに集約し、市民科学的な観点から、正確な情報をわかりやすく提供することを目的として「みんなのデータサイト」というウェブサイトを運営しています。政治的、社会的、宗教的に独立している非営利の任意団体です。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します環境・エネルギー・資源 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。