サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 昔話・神話・伝説の通販
  5. BL出版の通販
  6. ヴォドニークの水の館 チェコのむかしばなしの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発売日:2021/03/29
  • 出版社: BL出版
  • サイズ:30cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-7764-0929-8
絵本

紙の本

ヴォドニークの水の館 チェコのむかしばなし

著者 まき あつこ (文),降矢 なな (絵)

【産経児童出版文化賞美術賞(第69回)】生きる希望を失った娘は、水の主ヴォドニークに仕えることに。つぼの中は、決してのぞいてはいけないと言いつけられていたが、ある日…。チ...

もっと見る

ヴォドニークの水の館 チェコのむかしばなし

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【産経児童出版文化賞美術賞(第69回)】生きる希望を失った娘は、水の主ヴォドニークに仕えることに。つぼの中は、決してのぞいてはいけないと言いつけられていたが、ある日…。チェコに伝わる、切なくも不思議な物語。【「TRC MARC」の商品解説】

とらわれたのか、救われたのか——降矢ななさんが描く、切なくも美しい絵本。

生きる希望をなくしたむすめは、水の主ヴォドニークに命を救われ、水の館で仕えることになりました。はじめは従順に従っていたむすめでしたが…。
むすめは自らの意思で生きていこうと決意してはじめて本当に救われ、現実の世界に帰っていきます。現代にも通じるメッセージ性のあるこの昔話を、かつてチェコとひとつだったスロヴァキアに長く暮らす降矢ななさんが、迫力ある美しい絵で表現されました。
深く味わっていただきたい絵本です。【商品解説】

著者紹介

まき あつこ

略歴
〈まきあつこ〉1971年東京都生まれ。チェコの絵本原画展や美術展のための翻訳などに携わる。
〈降矢なな〉1961年東京都生まれ。ブラチスラバ美術大学で石版画を学ぶ。作品に「どうぶつABCえほん」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

魂の自由とは

2021/12/12 17:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

川で溺れた人間の魂をとらえる水の精ヴォドニーク。貧しさに絶望し川に身を投げようとした娘…という設定は、飢餓にあえぐ庶民の実態を昔話に投影させたように思える。ヴォドニークが娘の魂を閉じ込めることなく生かしたのは、貧困に苦しんだ者への哀れみなのか。

禁をおかした時、娘は生きる意欲を取り戻し、人間の世界へ戻るべく脱出を図る。この緊迫する場面で、一度は死を選んだ娘が表情豊かに生き生きと行動している。自由はないが安楽に暮らせる水の館より、苦難が待ち受けているかもしれない生の世界を目指すのは何か象徴的だ。魂の自由がなければ富める暮らしも意味がないという戒めだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幻想的

2021/07/13 21:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:owls - この投稿者のレビュー一覧を見る

この「世界のむかしばなし絵本シリーズ」、各国の珍しい昔話と、挿絵も毎回楽しみ。今回は表紙からして幻想的で、わくわくしつつよみはじめたら、いきなりダークな展開でびっくり。チェコの昔話ということですが、まったく知らなかったので、最後まで想像がつかず興味深くよみました。やはり、このシリーズおもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/05/14 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/09 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/16 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/13 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/03 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/24 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/03 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/17 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/24 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。