サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. ピアノ独奏によるストラヴィンスキー:春の祭典、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー フェラン=エンカウア

ピアノ独奏によるストラヴィンスキー:春の祭典、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー フェラン=エンカウア

  • 発売日:2015/02/24
  • レーベル:Grand Piano
  • カタログNo.:GP696
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

ピアノ独奏によるストラヴィンスキー:春の祭典、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー フェラン=エンカウア【CD】

もっと見る

ピアノ独奏によるストラヴィンスキー:春の祭典、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー フェラン=エンカウア【CD】

3,013(税込)

ポイント :27pt

CDをカートに入れる

商品説明


ストラヴィンスキー:春の祭典、ラヴェル:ラ・ヴァルス、ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、他
エリック・フェラン=エンカウア(ピアノ)


『春の祭典』のピアノ・ヴァージョンはソロから5台ピアノまで賑やかな状況ですが、今回登場するのは独奏版です。作曲者が遺したのはピアノ4手版のみですが、プルーデルマッハー、ダグ・アシャツ、ファジル・サイ、ヴラディーミル・レーチキスなど腕に覚えのある人々により、すでにいろいろなヴァージョンがリリースされて話題にもなってました。
 今回の録音で使用されているのはサム・ラフリングによる独奏版で、すでにアタミアンによる1980年の録音もあったというものです。 このラフリング版は迫力のあることでも知られているので、33年を経ての新録音の登場は歓迎されるところです。
 演奏のエリック・フェラン=エンカウア(エンカワとも)は、フランス生まれのピアニスト。ジャズの分野でも実績のある人物なので、ここでもアタミアン盤とはまた違った魅力を示してくれるものと思われます。
 組み合わせは、ラヴェル『ラ・ヴァルス』とガーシュウィン『ラプソディ・イン・ブルー』のピアノ独奏版、そしてガーシュウィンの3つのプレリュードで、こちらも楽しみなところです。(HMV)

【収録情報】
1. ストラヴィンスキー:春の祭典(ラフリングによるピアノ独奏版)
2. ラヴェル:ラ・ヴァルス(ピアノ独奏版)
3. ガーシュウィン:3つのプレリュード
4. ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(ピアノ独奏版)

 エリック・フェラン=エンカウア(ピアノ)

 録音時期:2013年12月8日(1,2)、12月22日(3,4)
 録音場所:パリ地方音楽院、ランドフスキ・オーディトリウム
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。