サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

White Wedding

  • 発売日:2001/03/05
  • レーベル:Steamhammer
  • カタログNo.:72303
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Germany
  • フォーマット:CDS

CDS

White Wedding【CDS】

DORO

White Wedding【CDS】

2,149(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. White Wedding [Single Version]
  2. White Wedding [Album Version]
  3. I Adore You
  4. White Wedding

アーティスト紹介

DORO

ドロ・ペッシュはドイツ出身の女性ヘヴィ・メタル・シンガー。80年代にはSCORPIONSやACCEPTらに続くジャーマン・バンドと目されたWARLOCKにて活動、「BURNING THE WITCHES」(1984年)、「HELLBOUND」(1985年)、「TRUE AS STEEL」(1986年)、「TRIUMPH AND AGONY」(1987年)といったアルバムをコンスタントにリリース。

ドロ・ペッシュはドイツ出身の女性ヘヴィ・メタル・シンガー。80年代にはSCORPIONSやACCEPTらに続くジャーマン・バンドと目されたWARLOCKにて活動、「BURNING THE WITCHES」(1984年)、「HELLBOUND」(1985年)、「TRUE AS STEEL」(1986年)、「TRIUMPH AND AGONY」(1987年)といったアルバムをコンスタントにリリースしていた。特にWARLOCK名義での最後のアルバム「TRIUMPH AND AGONY」は、本国ドイツはもとよりアメリカでも人気を呼び、MTVで“All We Are”のビデオ・クリップが頻繁にオンエアされたことも功を奏してビルボード総合チャート80位にランクインした。

 

1988年、バンド名の法的権利を巡って元マネージャーとトラブルとなったため彼女はソロ・シンガーに転身、DORO名義での1stアルバム「FORCE MAJEURE」を1989年に、2ndアルバム「DORO」を1990年に発表した。後者にはプロデューサーとしてKISSのジーン・シモンズ、元BLACK N’ BLUEで現在はKISSに在籍するトミ―・セイヤーらがプロデューサーとして関わっていた。「FORCE MAJEURE」はWARLOCK時代のサウンドを継承するヘヴィ・メタル・アルバムだったが、「DORO」ではポップでコマーシャルな路線を追求、1991年にカントリーの街として知られるナッシュヴィルにて録音された3作目「TRUE AT HEART」では、よりきらびやかなロック/ポップ・サウンドを聴かせていた。その後も「ANGELS NEVER DIE」(1993年)、「MACHINE II MACHINE」(1995年)、「LOVE ME IN BLACK」(1998年)といったモダン・ポップ路線のアルバムを発表し続けた彼女は、当時においては従来のヘヴィ・メタル・シンガー然としたタフでストロングなイメージからは遠ざかっていた。

 

2000年になると彼女は心機一転、MOTORHEADのレミー・キルミスター、元GUNS N’ ROSES(当時)のスラッシュ、KISSのエリック・シンガー、元MEGADETH他のアル・ピトレリ、KISSやW.A.S.P.等の仕事で知られるボブ・キューリック等々ヘヴィ・メタル/ハード・ロック・シーンのミュージシャン達をゲストに迎えて制作した「CALLING THE WILD」を発表する。かつてのロック魂を取り戻したこのアルバムをもって彼女はヘヴィ・メタル路線に帰還したのだった。その後、TYPE O NEGATIVEのピーター・スティールやSAVATAGEのクリス・キャファリーらが参加した「FIGHT」(2002年)、アコースティック/シンフォニックによる再録音がメインの「CLASSIC DIAMONDS」(2004年)、よりパワフルになったサウンドが聴ける「WARRIOR SOUL」(2006年)、元NIGHTWISHのターニャ・トゥルネンが参加した「FEAR NO EVIL」(2009年)、レミー・キルミスターやOZZY OSBOURNEのガス・G、LEAVES’ EYESのアレクサンダー・クルッルらが参加した「RAISE YOUR FIST」(2012年)といったアルバムを続々と発表していく。作品に対する人気は勿論のこと精力的なライヴ活動でも支持を高めていったドロは、ここにきて再びヘヴィ・メタル・クィーンとしての玉座を手中に収めたのだった。なお、2009年には、世界最大のメタル・フェスティヴァル『WACKEN OPEN AIR』の20周年を記念するシングル曲「ヴァッケン・アンセム(ウィ・アー・ザ・メタルヘッズ)」を書き上げるなど、言わばヘヴィ・メタル・シーン全体において象徴的と呼べる役割を担うまでになっていた。

 

本作『ストロング・アンド・プラウド~30イヤーズ・オブ・ロック・アンド・メタル』は、WARLOCK時代を含むドロ・ペッシュのシンガー活動歴30周年を記念する映像作品。『WACKEN OPEN AIR 2013』等々、2013年から2014年にかけて行なわれたアニヴァーサリー・ショウ3本の模様がDVD1に収録されており、ソロ転向後の曲をメインとしつつもWARLOCK時代の名曲・代表曲、更には幾つかのカヴァー曲も披露されている。U.D.O.のウド・ダークシュナイダー、SAXONのビフ・バイフォード、MOTORHEADのフィル・キャンベル、LORDIの面々、BLIND GUARDIANのハンズィ・キアシュ、HOLY MOSESのザビーナ・クラッセンといった長年彼女と親交のあるミュージシャン達が飛び入りで登場するのも見ものである。DVD2はドキュメンタリー映像であり、ドロのインタビューや彼女のオフ・ステージの様子などが収められている。DVD3はオフィシャル・ブートレグ的な意味合いのボーナス・コンサート映像。SAVATAGEのクリス・キャファリー、SAXONのビフ・バイフォード、元SODOMのアンディ・ブリングス、そして元SCORPIONS~ELECTRIC SUNのウリ・ジョン・ロートらも登場する。

 

世界中の女性メタル・ミュージシャンにとってのロール・モデルであり続けたドロ・ペッシュ。彼女の30年に及ぶヘヴィ・メタル・シンガーとしての足跡を振り返るに際しての、絶好のライヴ・ドキュメンタリー作品の登場である。

 

(メーカーインフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。