サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『カルミナ・ブラーナ』 インマゼール&アニマ・エテルナ、コレギウム・ヴォカーレ(日本語解説付)

『カルミナ・ブラーナ』 インマゼール&アニマ・エテルナ、コレギウム・ヴォカーレ(日本語解説付)

  • 発売日:2014/11/28
  • レーベル:Mercury
  • カタログNo.:ZZT353
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

『カルミナ・ブラーナ』 インマゼール&アニマ・エテルナ、コレギウム・ヴォカーレ(日本語解説付)【CD】

オルフ(1895-1982)

オルフ:カルミナ・ブラーナインマゼール&アニマ・エテルナ、コレギウム・ヴォカーレ日本語解説付きついにヴェールを脱ぐ!20世紀作品のピリオド奏法のパイオニア、...

もっと見る

『カルミナ・ブラーナ』 インマゼール&アニマ・エテルナ、コレギウム・ヴォカーレ(日本語解説付)【CD】

3,024(税込)

ポイント :28pt

CDをカートに入れる

その他のバージョン

商品説明

オルフ:カルミナ・ブラーナ
インマゼール&アニマ・エテルナ、コレギウム・ヴォカーレ

日本語解説付き

ついにヴェールを脱ぐ!
20世紀作品のピリオド奏法のパイオニア、インマゼールが
なんと今度はドイツ=オーストリア系、
しかもこれまで以上に「いま」に近い年代の傑作に挑んだ!

今年(2014年)のはじめにムソルグスキー『展覧会の絵』ラヴェル編曲版で、またもや20世紀前半の音楽のピリオド解釈の意義を圧倒的に印象づけたジョス・ヴァン・インマゼール&アニマ・エテルナ・ブリュッヘ、巷でもひそかに噂になっていたようですが、そう、今度の新譜はなんと、もう少し時代を下り、いまからちょうど77年前の1937年に世界初演され、一躍人気作品に躍り出たオーケストラつき合唱作品の金字塔的傑作『カルミナ・ブラーナ』という選択。
 彼らがピリオド解釈、つまり今とは必ずしも同じではなかった「作曲当時」の楽器や奏法を検証したうえで、作曲家の企図に肉薄しながら作品本来の魅力に迫る演奏解釈をしてきた近代作品は、これまでにもチャイコフスキー、リムスキー=コルサコフといったロシアもの、さらにラヴェルやドビュッシーらのフランス系作品などがありましたが、ドイツ=オーストリア系の近代ものがとりあげられるのはこれが初めて。さらに、今まで録音してきたなかでは最も時代的に新しかったのがプーランクの作品集で、ここでとりあげていたのも1935年の『フランス組曲』が最新ですから、今度の録音はさらに時代を「いま」に近づけてのピリオド解釈ということになります。実際のところ、大きな戦争があるとたいてい楽器のような貴重品が多く壊れたり、金属が軍に徴用されて金管楽器が溶かされてしまったりと、歴史的な実物というものがどんどんなくなってしまううえ、古い録音は技術も未発達、録音用オーケストラを編成していたりなど、残っている録音でも必ずしも「ホールに響いたサウンド」というものに私たちも接することができない可能性もあるのは事実。そこで彼ら、バッハやそれ以前の作曲家たちなど、古い音楽の本来の姿を(徹底した音楽史検証とともに)甦らせてきた実績のある演奏家たちが、同時にこういった新しい領域の音楽でもその方法論を適用することでいかに痛快な演奏成果があがるか、ということについては、昨今『春の祭典』の歴史的復古演奏で音盤ファンをにぎわせているF-X.ロト&レ・シエクルの演奏のみごとさや、我らがインマゼールの快挙の連続が実証しているところ。
 しかし古楽の世界では、14世紀の古文書である「ブラヌス写本」の詩を歌詞に使っていながら、当時の音楽などいっさい顧みていないオルフのこの作品は不人気なはず、なぜそこでインマゼールが? というところからして興味深いのですが、そのあたりも今回ひさびさに充実したインタビュー記事が解説になっていますので、ぜひ全訳とともにご一読ください。演奏上でひとつ今いえることがあるとすれば、巨大編成で圧倒的サウンドに仕上げることが多いこの大作でも、インマゼールはあくまで弦楽編成を最小限(6/6/6/6/4)に絞り「適切な編成で適切な鳴らし方をすれば、どんな大ホールでも少数精鋭で最も効果があがる」という自説を立証してみせている、ということ。独唱陣にも実績あまたの超・名歌手バウアーをはじめ俊才が揃い、オーケストラも例によってソリスト続々、しかも合唱はなんと、音楽監督ヘレヴェッヘの自主レーベル「Phi」で絶好調のコレギウム・ヴォカーレ・ヘントという、インタビュアが「夢の布陣ではないですか!」と色めき立つのも納得です。(Mercury)

【収録情報】
● オルフ:『カルミナ・ブラーナ』

 イェリー・スー(ソプラノ)
 イヴ・サーレンス(テノール)
 トーマス・バウアー(バリトン)
 コレギウム・ヴォカーレ・ヘント(合唱)
 カンターテ・ドミノ(少年合唱)
 アニマ・エテルナ・ブリュッヘ(管弦楽)
 ジョス・ヴァン・インマゼール(指揮)

 録音時期:2014年
 録音方式:ステレオ(デジタル)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。