サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「~新しい出会いはここから~短編でひろがる物語」 ポイント5倍キャンペーン  ~2/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. 交響曲第2番 ヴラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル

交響曲第2番 ヴラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル

  • 発売日:2017/02/22
  • レーベル:Avex Classics
  • カタログNo.:AVCL25927
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:SACD

SACD

交響曲第2番 ヴラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル【SACD】

ブラームス(1833-1897)

ブラームス:交響曲第2番ヴラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル欧州を席巻するウラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル、来日記念第4弾はブラームス:交響曲第2...

もっと見る

交響曲第2番 ヴラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル【SACD】

税込 2,200 20pt

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ブラームス:交響曲第2番
ヴラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル


欧州を席巻するウラディーミル・ユロフスキー&ロンドン・フィル、来日記念第4弾はブラームス:交響曲第2番。 緻密な読みと抜群のバトンテクニックによる明晰な音楽作り、曲のリズムやパルスを活かした呼吸感や流動感、いざという時の爆発力で高い評価と注目を集めるユロフスキー。ドイツ・ロマン派交響曲の本流ブラームスをリリースします。
 第2番はのどかな田園情緒と晴朗な雰囲気があふれる曲想を停滞感なく描きます。終楽章の追い込みは圧巻の大迫力! 国内盤のみSACD Hybrid discでのリリース。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73


 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴラディーミル・ユロフスキー(指揮)

 録音時期:2008年5月25日
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO

【アーティストプロフィール】
1972年にモスクワで生まれ、モスクワ音楽院で音楽を学んだ。祖父は作曲家、父は指揮者。家族と共に90年にドイツへ移住し、ドレスデンとベルリンの音楽学校で指揮をロルフ・ロイターに、歌唱指導をセミヨン・スキーギンに学ぶ。95年、ウェクスフォード音楽祭に初登場した際に指揮したリムスキー=コルサコフ:『5月の夜』が大評判をとり、一気に国際的な注目を集めた。同年、コヴェント・ガーデン王立歌劇場にヴェルディ:『ナブッコ』でデビュー。以来、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団、ドレスデン・シュターツカペレ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ヨーロッパ室内管弦楽団、ニューヨーク・フィル、シカゴ交響楽団、ボストン交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、バイエルン国立歌劇場、ドレスデン国立歌劇場など世界の主要オーケストラと歌劇場に客演。
ベルリン・コーミッシェ・オパーの第1カペルマイスター(1997-2000)、ボローニャ歌劇場の首席客演指揮者(2000-2003)、ロシア・ナショナル管弦楽団の首席客演指揮者(2005-2009)、グラインドボーン・オペラ・フェスティヴァルの音楽監督(2001-2013)を歴任。エイジ・オブ・エンライトゥメント管弦楽団の「首席アーティスト」、ロシア国立交響楽団の芸術監督、ジェルジ・エネスク音楽祭(ブカレスト)の芸術監督に加え、2017/18シーズンからはベルリン放送交響楽団の首席指揮者兼芸術監督も兼任する。ロンドン・フィルとは、2003年に首席客演指揮者に招かれ、2007年には第12代首席指揮者に就任して現在に至る。(メーカー資料より)

アーティスト紹介

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。 【主要作品検索】
交響曲全集 | 交響曲第1番 | 交響曲第2番 | 交響曲第3番 | 交響曲第4番 | ドイツ・レクイエム

【詳細作品検索】
作品リスト

【生涯】
1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。
1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。
1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。
1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。
1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。
1857年:デトモルト宮廷に就職。
1858年:セレナード第1番、ピアノ協奏曲第1番が完成。
1859年:ピアノ協奏曲第1番を初演。ハンブルク女性合唱団の指導を開始。
1861年:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、ピアノ四重奏曲第1番、ピアノ四重奏曲第2番が完成。
1864年:ピアノ五重奏曲が完成。
1868年:ドイツ・レクイエムが完成。
1872年:父ヤーコプが死去。ウィーン楽友協会芸術監督に就任。
1873年:弦楽四重奏曲第1番、弦楽四重奏曲第2番、ハイドンの主題による変奏曲が完成。
1875年:ウィーン楽友協会芸術監督を辞任。
1876年:交響曲第1番を初演。
1877年:交響曲第2番を初演。
1878年:ヴァイオリン協奏曲が完成。
1879年:ブレスラウ大学から名誉博士号を授与。
1883年:交響曲第3番が完成。
1885年:交響曲第4番を初演。
1887年:プロイセンの功労勲章を授章。ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲が完成。
1889年:レオポルト勲章、ハンブルク名誉市民権を授章
1891年:クラリネット五重奏曲が完成。
1897年:肝臓癌のため死去。

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。