サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

目次

  • 第1章 はじめに
    • 1.1 デザインレシピ
    • 1.2 使用する言語
    • 1.3 準備
    • 1.4 参考となる資料
  • 第2章 基本的なデータ
    • 2.1 整数
    • 2.2 実数
    • 2.3 文字列
    • 2.4 真偽値
    • 2.5 そのほかのデータ
  • 第3章 基礎の定義
    • 3.1 変数の必要性
    • 3.2 変数定義の構文
    • 3.3 変数の実行方法
    • 3.4 ほかの言語の変数との違い
  • 第4章 関数の定義
    • 4.1 関数定義の必要性
    • 4.2 関数定義の構文
    • 4.3 関数の型
    • 4.4 型推論と型チェック
    • 4.5 関数の実行方法
    • 4.6 関数定義に対するデザインレシピ
  • 第5章 条件分岐
    • 5.1 条件分岐の必要性
    • 5.2 条件分岐の構文
    • 5.3 kyuyoの例
    • 5.4 式としてのif文
    • 5.5 条件分岐に対するデザインレシピ
    • 5.6 真偽値を返す関数
    • 5.7 条件分岐の実行方法
  • 第6章 さまざまなエラー
    • 6.1 構文エラー
    • 6.2 未定義の変数
    • 6.3 型エラー
    • 6.4 実行時のエラー
    • 6.5 論理的なエラー
  • 第7章 組とパターンマッチ
    • 7.1 組の構文
    • 7.2 パターンマッチ
    • 7.3 構造データに対するデザインレシピ
    • 7.4 パターンマッチの実行方法
  • 第8章 レコード
    • 8.1 レコードの必要性
    • 8.2 レコードの構文
    • 8.3 レコードとパターンマッチ
    • 8.4 そのほかの記法
    • 8.5 ユーザによる型定義
    • 8.6 データ定義に対するデザインレシピ
    • 8.7 駅名と駅間の情報の定義
  • 第9章 リスト
    • 9.1 リストの構造
    • 9.2 リストの構文と型
    • 9.3 リストとパターンマッチ
    • 9.4 再帰関数
    • 9.5 再帰関数に対するデザインレシピ
    • 9.6 テンプレートの複合
    • 9.7 駅名リストと駅間リストの整備
  • 第10章 再帰関数を使ったプログラミング
    • 10.1 関数のネスト
    • 10.2 リストの中の最小値を求める関数
    • 10.3 局所変数定義
    • 10.4 パターンマッチつき局所変数定義
    • 10.5 ふたつのリストを結合する関数
    • 10.6 ふたつの昇順に並んだリストをマージする関数
    • 10.7 駅名・駅間リストからの情報の取得
  • 第11章 自然数と再帰
    • 11.1 自然数の構造
    • 11.2 自然数に基づいた再帰関数
    • 11.3 ベキ乗を求める関数
    • 11.4 リスト上の再帰との違い
  • 第12章 ダイクストラのアルゴリズム
    • 12.1 グラフ上の最短路問題
    • 12.2 ダイクストラのアルゴリズム
    • 12.3 アルゴリズムの正当性
    • 12.4 プログラムにおける頂点と辺の定義
    • 12.5 駅名の重複の除去
  • 第13章 一般化と高階関数
    • 13.1 データの一般化
    • 13.2 関数の一般化とmap
    • 13.3 多相型と多相関数
    • 13.4 値としての関数
    • 13.5 関数を返す関数
    • 13.6 確定点に隣接する点の最短距離の更新
  • 第14章 高階関数を使ったリスト処理
    • 14.1 条件を満たす要素を取り出す関数
    • 14.2 各要素をまとめあげる関数
    • 14.3 局所関数定義
    • 14.4 名前のない関数
    • 14.5 infix関数とprefix関数
    • 14.6 完全数を求める関数
  • 第15章 新しい形の再帰
    • 15.1 再帰関数の構造
    • 15.2 部分問題の生成
    • 15.3 補助関数の作成
    • 15.4 停止性の判定
    • 15.5 一般の再帰に対するデザインレシピ
    • 15.6 最短距離最小の点の分離
    • 15.7 例の作成とデバッグについて
  • 第16章 情報の蓄積
    • 16.1 情報の欠落
    • 16.2 アキュムレータ
    • 16.3 アキュムレータの活用
    • 16.4 最初の完動プログラム
    • 16.5 プログラム作成のプロセス
  • 第17章 再帰的なデータ構造
    • 17.1 バリアント型
    • 17.2 木
    • 17.3 再帰的なデータ構造に対するデザインレシピ
    • 17.4 2分探索木
    • 17.5 多相型の宣言
    • 17.6 停止性
    • 17.7 get_ekikan_kyoriの高速化
    • 17.8 全通りを尽くしていない場合の対処
  • 第18章 例外と例外処理
    • 18.1 オプション型
    • 18.2 オプション型を使った例外処理
    • 18.3 オプション型を使った例外処理の問題点
    • 18.4 例外処理専用の構文
    • 18.5 例外処理の実際
    • 18.6 例外処理を使ったプログラミング
    • 18.7 最短路問題における例外処理
  • 第19章 モジュール
    • 19.1 モジュールの構文
    • 19.2 2分探索木のモジュール
    • 19.3 モジュールインタフェース:シグネチャ
    • 19.4 抽象データ型
    • 19.5 そのほかのシグネチャの宣言法
    • 19,6 ファイルの分割と分割コンパイル
    • 19.7 2分探索木モジュールの使用
  • 第20章 モジュールの開発
    • 20.1 赤黒木
    • 20.2 赤黒木への挿入
    • 20.3 赤黒木の再構成
    • 20.4 「または」のパターン
    • 20.5 赤黒木のモジュール化
    • 20.6 open文
  • 第21章 逐次実行
    • 21.1 副作用を持つ関数
    • 21.2 unit型
    • 21.3 逐次実行の構文
    • 21.4 実行中の変数の表示
    • 21.5 実行の順序
    • 21.6 スタンドアローンのプログラム
    • 21.7 引数の渡し方
  • 第22章 値の書き変えと参照透過性
    • 22.1 参照透過性
    • 22.2 呼び出し回数のカウント
    • 22.3 参照型と値の書き変え
    • 22.4 参照透過性の喪失
    • 22.5 変更可能なレコード
    • 22.6 配列
    • 22.7 配列の変更
  • 第23章 副作用命令を使ったプログラミング
    • 23.1 ダイクストラ法におけるデータアクセス
    • 23.2 ヒープ
    • 23.3 ヒープへの挿入
    • 23.4 そのほかの操作
    • 23.5 ヒープのインタフェース
    • 23.6 副作用命令の影響について
    • 23.7 ヒープの実装の概要
  • 第24章 まとめ-プログラミングとは-
    • 24.1 OCamlを習得して
    • 24.2 この先の道
  • 索引

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む