サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

目次

  • 第1章 構文,記述etc.に関する論文
    • “as the last resort”は誤りか?
    • to the end that〜はin order that〜か
    • may as wellは(=had better)なのか?
    • forbid a person from doingはnot acceptableな表現なのか
    • It is blowing hard.はThe wind is blowing hard.なのか?
    • It is a fine day.かIt is a nice day.か?
    • She gave a kiss to her child.(=She kissed her child.)は正しい記述なのか?
    • intended to have done,had intended to have doneは現用法か?
    • “Why were you absent from school yesterday?”に対する答えは?
    • that is to sayに関して
    • grateful+that節
    • nice and〜とgood and〜に関して-各英和辞典の比較と検討-
    • as for(as to)という表現について
    • “by the way”について
    • “as often as not”と“more often than not”という句について
    • as is often the case with〜について
    • This problem is too difficult for you to solve(it).という文について
    • suggest〈insist〉+that節について〈上・下〉
    • not so much A than Bについて
    • A rather than B〈rather A than B〉について
    • make a fool of〜について
    • so…as to〜という構文について
    • be sure of=be sure toについて
    • convince,persuadeについて
    • 感覚動詞のとる構文について
    • split Infinitive(cleft Infinitive);to not do(=not to do)について
  • 第2章 教育・指導関連論文
    • いかに生徒にインパクトを与えるか?(辞書指導について)
    • sophomoreは高校1年生か2年生か?
    • 『英語ニューハンドブック・第4版』におけるいくつかの問題点について
    • “compare A and B”という表現について
  • 第3章 研究・提言論文
    • Woman as she was,she decided to bear up against the distress.-譲歩構文に関する一考察-
    • at lastという語義に関する一考察
    • “be glad of”という表現に関する一考察-Requiem for the late Dwight L.Bolinger-
    • All the pupils answered that the earth goes around the sun.-時制の一致に関する一考察-
    • 『徹底例解ロイヤル英文法・改訂新版』を読んで
  • 第4章 こーひーぶれいく
    • A rolling stone gathers no moss.などは…
    • “have only to do〜”という表現について
    • be anxiousに続く記述について