サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 1 構造物の破損
    • 1.1 機械構造物の破損
    • 1.2 弾性破損の法則
    • 1.3 材料の破壊形態
    • 1.4 フラクトグラフィ
    • 1.5 破壊事故
    • 1.6 機械構造物の設計
  • 2 材料の強度
    • 2.1 理論へき開強度
    • 2.2 理論せん断強度
    • 2.3 へき開面とすべり面
    • 2.4 材料の延性とぜい性
    • 2.5 材料の強度支配因子
  • 3 結晶固体の塑性変形
    • 3.1 結晶中の欠陥
    • 3.2 転位とすべり変形
    • 3.3 転位の力学
    • 3.4 転位に働く力
    • 3.5 転位の増殖
    • 3.6 交差すべりと上昇運動
    • 3.7 転位と点欠陥との相互作用
  • 4 材料の強化機構
    • 4.1 単結晶の塑性変形
    • 4.2 多結晶の塑性変形
    • 4.3 材料の強化機構
    • 4.4 ひずみ硬化と回復
  • 5 き裂進展におけるエネルギ平衡
    • 5.1 グリフィスの理論
    • 5.2 オロワンとアーウィンによる展開
    • 5.3 エネルギ解放率のコンプライアンス法による導出
  • 6 き裂の弾性応力場と応力拡大係数
    • 6.1 き裂の変形の三つの基本モード
    • 6.2 き裂近傍の弾性応力場
    • 6.3 応力拡大係数
    • 6.4 応力拡大係数とエネルギ解放率との関係
  • 7 き裂先端の塑性変形
    • 7.1 塑性域の広がりの評価
    • 7.2 ダグデールモデル
    • 7.3 塑性域の形状
    • 7.4 平面応力と平面ひずみ
  • 8 破壊じん性
    • 8.1 破壊力学における相似則
    • 8.2 平面ひずみ破壊じん性試験
    • 8.3 き裂進展のエネルギ基準とき裂進展抵抗曲線
    • 8.4 セラミックスの破壊じん性
    • 8.5 長繊維強化プラスチック複合材料の破壊じん性
  • 9 ぜい性破壊と延性破壊
    • 9.1 延性−ぜい性遷移
    • 9.2 へき開破壊過程
    • 9.3 延性破壊過程
    • 9.4 破壊じん性
  • 10 疲労強度
    • 10.1 S−N曲線
    • 10.2 金属疲労の微視的過程
    • 10.3 疲労強度に及ぼす諸因子の影響
    • 10.4 低サイクル疲労と熱疲労
    • 10.5 疲労き裂進展速度と応力拡大係数の関係
    • 10.6 疲労寿命評価
  • 11 環境強度
    • 11.1 応力腐食割れ
    • 11.2 SCC寿命とSCCき裂進展速度
    • 11.3 動的変動応力下のSCCと腐食疲労
  • 12 高温強度
    • 12.1 クリープ変形
    • 12.2 クリープ破断強度
    • 12.3 クリープ破壊の機構
    • 12.4 変動荷重下でのクリープおよび疲労との相互作用
  • 13 破壊制御設計
    • 13.1 破壊に対する設計のフィロソフィ
    • 13.2 最終破壊に対する設計
    • 13.3 フェイルセイフ設計
    • 13.4 欠陥の非破壊検査
  • 14 非線形破壊力学
    • 14.1 J積分
    • 14.2 J積分の決定法
    • 14.3 非線形破壊力学パラメータによる破壊じん性の評価
    • 14.4 非線形破壊力学パラメータの疲労き裂伝ぱへの適用
    • 14.5 非線形破壊力学パラメータのクリープでき裂伝ぱへの適用