サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

ファインマン統計力学

ファインマン統計力学 (SPRINGER UNIVERSITY TEXTBOOKS)

  • R.P.ファインマン(著)/ 西川 恭治(監訳)/ 田中 新(訳)/ 佐藤 仁(訳)
  • 第1章 統計力学の基礎
    • 1.1 分配関数
    • 1.2 調和振動子
    • 1.3 黒体放射
    • 1.4 固体中の振動
    • 1.5 結晶の格子比熱
    • 1.6 メスバウアー効果
    • 1.7 多粒子系の量子統計
    • 1.8 積分計算
    • 1.9 理想ボース気体
    • 1.10 理想フェルミ気体
  • 第2章 密度行列
    • 2.1 密度行列の基礎
    • 2.2 密度行列のその他の性質
    • 2.3 統計力学における密度行列
    • 2.4 1次元自由粒子の密度行列
    • 2.5 調和振動子
    • 2.6 非調和振動子
    • 2.7 ウィグナー関数
    • 2.8 N粒子系の対称化密度行列
    • 2.9 部分密度行列
    • 2.10 密度行列の摂動展開
    • 2.11 F≦F0+〈H−H0〉0の証明
  • 第3章 経路積分
    • 3.1 密度行列の経路積分による定式化
    • 3.2 経路積分の計算
    • 3.3 摂動展開による経路積分
    • 3.4 経路積分における変分原理
    • 3.5 変分法に関する定理の応用
  • 第4章 古典論的N粒子系
    • 4.1 序論
    • 4.2 第2ビリアル係数
    • 4.3 メイヤーのクラスター展開
    • 4.4 動径分布関数
    • 4.5 熱力学関数
    • 4.6 n2に対するボルン−グリーン方程式
    • 4.7 1次元気体
    • 4.8 ポテンシャルがe−|x|のときの1次元気体
    • 4.9 凝集について
  • 第5章 秩序−無秩序転移の理論
    • 5.1 序論
    • 5.2 1次元における秩序−無秩序
    • 5.3 2次元における近似解法
    • 5.4 オンサーガーの問題(2次元イジングモデルの厳密解)
    • 5.5 いろいろなコメント
  • 第6章 生成消滅演算子
    • 6.1 簡単な数学の問題
    • 6.2 1次元調和振動子
    • 6.3 非調和振動子
    • 6.4 調和振動子系
    • 6.5 フォノン
    • 6.6 場の量子化
    • 6.7 同一粒子系
    • 6.8 ハミルトニアンと他の演算子
    • 6.9 フェルミ粒子系の基底状態
    • 6.10 フォノン−電子系のハミルトニアン
    • 6.11 光子と電子の相互作用
    • 6.12 ファインマン・ダイアグラム
  • 第7章 スピン波
    • 7.1 スピン間相互作用
    • 7.2 パウリのスピン代数
    • 7.3 格子中のスピン波
    • 7.4 スピン波の半古典論的解釈
    • 7.5 2個のスピン波
    • 7.6 2個のスピン波(厳密な取り扱い)
    • 7.7 2個のスピン波の散乱
    • 7.8 非直交性
    • 7.9 演算子法
    • 7.10 スピン波の散乱−振動子との類似性
  • 第8章 ポーラロン
    • 8.1 序論
    • 8.2 ポーラロン問題の摂動論的取り扱い
    • 8.3 変分理論による考察のための定式化
    • 8.4 変分理論による考察
    • 8.5 有効質量
  • 第9章 金属中の電子気体
    • 9.1 序論:状態関数φ
    • 9.2 音波
    • 9.3 P(R)の計算
    • 9.4 相関エネルギー
    • 9.5 プラズマ振動
    • 9.6 乱雑位相近似(RPA)
    • 9.7 変分を用いる方法
    • 9.8 相関エネルギーとファインマン・ダイアグラム
    • 9.9 より高次の摂動
  • 第10章 超伝導
    • 10.1 実験結果と初期の理論
    • 10.2 ハミルトニアンの構成
    • 10.3 1つの有用な定理
    • 10.4 超伝導体の基底状態
    • 10.5 超伝導体の基底状態(続き)
    • 10.6 励起状態
    • 10.7 有限温度
    • 10.8 ペア状態とエネルギーギャップの存在の実験的検証
    • 10.9 電流が存在するときの超伝導体
    • 10.10 電流と磁場
    • 10.11 有限温度における電流
    • 10.12 もう1つの観点
  • 第11章 超流動
    • 11.1 序論:転移の性質
    • 11.2 超流動−初期のアプローチ
    • 11.3 波動関数の直観的導出:基底状態
    • 11.4 フォノンとロトン
    • 11.5 ロトン
    • 11.6 臨界速度
    • 11.7 超流体における渦なし流れ
    • 11.8 超流体の回転
    • 11.9 渦糸を導くある論法
    • 11.10 液体ヘリウムにおけるλ転移

数理物理・統計力学・カオス ランキング

数理物理・統計力学・カオスのランキングをご紹介します一覧を見る