サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

建築・環境音響学 第3版

建築・環境音響学 第3版

  • 前川 純一(著)/ 森本 政之(著)/ 阪上 公博(著)
  • 1章 音波と聴覚の基礎
    • 1・1 音波
    • 1・2 音の伝搬速度
    • 1・3 インピーダンス
    • 1・4 音の強さとレベル
    • 1・5 反射・吸収・透過
    • 1・6 干渉・唸り・定在波
    • 1・7 残響
    • 1・8 音の大きさとラウドネスレベル
    • 1・9 可聴範囲
    • 1・10 音の高さと音色
    • 1・11 マスキング効果
    • 1・12 両耳効果と音像の定位
    • 1・13 話声の性質
    • 1・14 明瞭度
  • 2章 騒音・振動の測定と評価
    • 2・1 音/騒音の測定
    • 2・2 騒音の評価
    • 2・3 振動の測定
    • 2・4 公害振動の伝搬
    • 2・5 超低周波音と低周波騒音
  • 3章 室内音響
    • 3・1 室内の音場
    • 3・2 室の固有振動
    • 3・3 残響時間
    • 3・4 室内音場分布
    • 3・5 反響(エコー),その他の特異現象
    • 3・6 室内音響の測定と評価
  • 4章 吸音と材料・構造
    • 4・1 吸音機構の分類
    • 4・2 吸音率と音響インピーダンスの測定
    • 4・3 多孔質型の吸音特性
    • 4・4 板(膜)振動型の吸音特性
    • 4・5 単一共鳴器の吸音特性
    • 4・6 穿孔板およびスリットによる吸音構造
    • 4・7 市販材料と設計施工に関する注意
    • 4・8 特殊吸音構造
  • 5章 野外の騒音伝搬と防止
    • 5・1 野外における騒音伝搬
    • 5・2 塀・つい立てによる遮音
  • 6章 空気音の伝搬と防止
    • 6・1 透過損失
    • 6・2 空気音遮断の測定と評価
    • 6・3 単層壁の遮音に関する質量則
    • 6・4 コインシデンス効果
    • 6・5 単層壁の遮音周波数特性
    • 6・6 2重壁の遮音
    • 6・7 開口・透き間の影響と扉の遮音
    • 6・8 側路伝搬
    • 6・9 送気ダクトの消音
  • 7章 固体音と振動の防止
    • 7・1 固体音の伝搬と放射
    • 7・2 固体音の減衰
    • 7・3 床衝撃音の遮音測定と評価
    • 7・4 防振の原理
    • 7・5 設備機械の防振
    • 7・6 浮き構造
  • 8章 環境騒音振動の防止計画
    • 8・1 騒音・振動防止の基本方針
    • 8・2 必要減衰量の把握
    • 8・3 騒音・振動対策の実施計画
    • 8・4 騒音防止計画の実例
  • 9章 室内音響計画
    • 9・1 室内音響の計画目標
    • 9・2 室の形の設計
    • 9・3 残響計画
    • 9・4 コンピュータシミュレーションと模型実験
    • 9・5 室内音響計画の実際
  • 10章 電気音響設備
    • 10・1 電気音響設備の機能と目的
    • 10・2 拡声設備計画の概要
    • 10・3 電気音響設備の構成機器
    • 10・4 ハウリングの防止対策
    • 10・5 建築に関する計画と設計
    • 10・6 電気音響設備の性能評価試験
    • 10・7 非常用放送設備
  • 11章 補遺
    • 11・1 波動方程式
    • 11・2 電気・機械・音響振動系の等価回路と時定数
    • 11・3 フーリエ変換と相関関数
    • 11・4 聴覚構造の概要
    • 11・5 騒音のラウドネスレベルの計算(A)Zwickerの方法
    • 11・6 騒音のラウドネスレベルの計算(B)Stevensの方法
    • 11・7 騒音のやかましさ(PNdB)の計算
    • 11・8 カプルドルーム(結合室)の残響
    • 11・9 Schroederによる残響時間測定法
    • 11・10 多層吸音構造の吸音特性
    • 11・11 スミス図表と定在波法
    • 11・12 各国における建築物の遮音基準
    • 11・13 騒音源のパワーレベルの測定と指向係数の決定
    • 11・14 塀・つい立て・障害物等による音波の回折
    • 11・15 SEA(統計的エネルギー解析)法の原理
    • 11・16 音環境の心理評価システム
    • 11・17 屋外の音環境計画