サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

目次

  • 1 研究とは
    • 1.情報学という研究について
    • 2.放送大学大学院とは
    • 3.「研究」の内容と分類
    • 4.研究という活動とICT活用と
    • 5.研究のプロセス
  • 2 論文とは
    • 1.学問は流動的である:情報学という研究分野をめぐって
    • 2.放送大学大学院の修士論文
    • 3.学会と論文と研究者と
    • 4.論文というメディア
    • 5.論文の種類
    • 6.査読の基準と方法
    • 7.科学と非科学と
  • 3 問題意識を持つ
    • 1.問題意識とは
    • 2.日常生活を記録する
    • 3.日常生活を管理する
    • 4.研究と仕事と人間関係と
    • 5.問題意識を育む
    • 6.問題意識の科学化
    • 7.研究計画を立てる
  • 4 先行研究を集める
    • 1.研究領域の全体像を捉える
    • 2.文献調査の方法
    • 3.文献管理の方法
  • 5 先行研究をレビューする
    • 1.先行研究レビューとは
    • 2.先行研究論文を批判的に読む
    • 3.先行研究レビューのまとめ方
  • 6 システムを開発し評価する
    • 1.システムの設計と開発
    • 2.スタンドアロンアプリケーションの開発
    • 3.Webアプリケーションの開発
    • 4.携帯情報端末の利用
  • 7 多様なデータを扱う−多次元データとテキストマイニング−
    • 1.多次元データの分析
    • 2.多次元データの分類
    • 3.自然言語の処理
    • 4.テキストマイニング
  • 8 多様なデータを扱う−テキスト・音声データ−
    • 1.テキストデータの利用
    • 2.音声データの処理
  • 9 多様なデータを扱う−画像・映像データ−
    • 1.画像データの利用
    • 2.映像データの利用
    • 3.3Dデータの利用
  • 10 ユーザを調査する−データ収集−
    • 1.ユーザ調査とICT活用と
    • 2.ユーザ調査のための計画書を作成する
    • 3.ユーザ調査の環境を設定するためにICTを活用する
    • 4.観察法とICT活用と
    • 5.実験法とICT活用と
    • 6.質問紙法・インタビュー法とICT活用と
    • 7.ユーザ調査を実施する際の注意点
  • 11 ユーザを調査する−データ分析−
    • 1.データ分析とICT活用と
    • 2.ユーザ調査のための計画書に従ったデータ分析を行う
    • 3.量的データの分析
    • 4.質的データの分析
    • 5.データ分析とデータベース開発と
  • 12 結果をまとめ考察する
    • 1.思考の道具としての図表と論文で使う図表と
    • 2.線を描くための道具
    • 3.論文で使う表
    • 4.論文で使う図
    • 5.結果をまとめる
    • 6.考察する
  • 13 研究を発表する
    • 1.コミュニケーションとしての研究活動
    • 2.研究活動における対人コミュニケーション
    • 3.研究発表
  • 14 論文を書く
    • 1.論文のスタイル
    • 2.書くということ
    • 3.文字をコンピュータに入力し,文書を作成する
    • 4.いつでもどこでもどんな機器からでも書く
    • 5.論文で使われる用語
    • 6.論文を推敲する
  • 15 研究を振り返る
    • 1.研究プロセスの管理
    • 2.研究と研究生活を振り返る
    • 3.科学コミュニケーション
    • 4.研究倫理
    • 5.研究を円滑に進めるために

情報理論・情報科学 ランキング

情報理論・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む