サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

目次

  • 序章 ダニエル・パウル・シュレーバーと『ある神経病者の回想録』
    • 一、シュレーバーとその一族
    • 二、『ある神経病者の回想録』という本について
    • 三、シュレーバーの『回想録』はどのように読まれてきたか
    • 四、本書の構成
  • 第一章 言語をめぐるたたかい
    • 一、雑音
    • 二、抵抗
    • 三、ピアノの破壊、あるいは雑音と音楽が交差するところ
    • 四、音楽と雑音、そして言葉だらけの世界
  • 第二章 光線としての言葉
    • 一、『回想録』の出版と「科学的」心霊主義の時代
    • 二、光線とシュレーバーの知的背景
    • 三、光線と図像化される世界
    • 四、可視化される魂の活動
    • 五、外部と内部、あるいは可視化された世界をつなぐ光
    • 六、不可知の領域の発見
  • 第三章 神経と宇宙
    • 一、シュレーバーにおける神経
    • 二、神経と宇宙
    • 三、カール・デュ・プレルの宇宙論とシュレーバー
    • 四、結び目としての神経
  • 第四章 教育者と医者
    • 一、魂の殺害とは
    • 二、迫害者とは父親か
    • 三、もう一人の迫害者、フレックシヒ
    • 四、『回想録』におけるフレックシヒと「魂の殺害」
  • 第五章 「脱男性化」とは何か
    • 一、「脱男性化」するシュレーバー
    • 二、脱男性化はどう考えられてきたか
    • 三、人体計測者たちの不安と性の動揺
    • 四、生殖と脱男性化
    • 五、腐敗としての脱男性化
  • 第六章 「神経言語」と言語危機の時代
    • 一、言語としての「神経言語」
    • 二、「神経芸術」と言語の危機
    • 三、フロイトにおける空想の問題
    • 四、シュレーバーにおける「書くこと」
  • 第七章 目的・進化・自由意志
    • 一、シュレーバーにおける宗教的な問題
    • 二、シュレーバーと進化論的世界認識
    • 三、自然発生と自由意志
    • 四、自己意識と隙間に現れる神
  • 終章 シュレーバーと神、そして新たな人類
    • 一、各章のまとめ
    • 二、神とシュレーバーの関係はどう変化したか
    • 三、世界の収束と新たな人類
    • 四、言語と狂気