サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 ブランドの概念の普遍性
    • 1.研究の背景と目的
    • 2.電子マネーの普及要因
    • 3.ブランド要因に関するプレサーベイ
    • 4.PASPY利用開始時期に関する仮説モデルの構築
    • 5.定量調査の方法とデータ
    • 6.因子の特定化
    • 7.モデルの実証
    • 8.結論と今後の課題
  • 第2章 コミュニティによる習慣化
    • 1.ダイエットサイトでの態度変容過程
    • 2.ダイエット態度と所属集団の影響
  • 第3章 ブランド・ロイヤルティ向上のメカニズム
    • 1.実証ケース1:DARTによるブランド経験
    • 2.実証ケース2:交通系ICカードの利用促進にみるDARTとブランド経験
    • 3.実証ケース3:ICカード型電子マネーの買い物での利用にみるDARTとブランド経験
    • 4.実証ケース4:集団参加にみるDARTとブランド経験
    • 5.実証ケース5:外食と通信添削にみるDARTとブランド経験の規定要因
  • 第4章 消費者の参加と共創を生みだすメカニズム
    • 1.問題の所在
    • 2.先行研究
    • 3.仮説
    • 4.調査
    • 5.分析
    • 6.結論と今後の課題
  • 終章 共感ブランディング形成の方法
    • 1.参加と価値共創の全体モデル
    • 2.2種類の口コミ−共感型,不安型
    • 3.DARTとブランド経験の構造に関するこれからの展望

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む