サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

実践国際法 第2版

実践国際法 第2版 (法律学講座)

  • 小松 一郎(著)/ 外務省国際法局関係者有志(補訂)
  • 第1章 外交実務で「国際法を使う」ということ
    • Ⅰ 今日の外交と「国際社会における法の支配」
    • Ⅱ 外交実務の具体例から「国際法を使う」ことの意味を考える:日本の調査捕鯨とこれに対する妨害活動
  • 第2章 国家管轄権
    • Ⅰ 概説
    • Ⅱ 国家管轄権の根拠
    • Ⅲ 領土紛争と属地的管轄権:日本の実務における処理
    • Ⅳ 属地的管轄権の原則的な優位の例外(主権免除等)
  • 第3章 国家
    • Ⅰ 国際法における国家の特別の地位
    • Ⅱ 国家である要件
    • Ⅲ 国家承認
    • Ⅳ 政府承認
    • Ⅴ 国家の基本的権利・義務
    • Ⅵ 国家の領域
    • Ⅶ 国家承継
  • 第4章 海洋
    • Ⅰ 海洋の重要性と海洋政策
    • Ⅱ 歴史的に概観した海洋法秩序
    • Ⅲ 内水
    • Ⅳ 領海
    • Ⅴ 接続水域
    • Ⅵ 排他的経済水域
    • Ⅶ 大陸棚
    • Ⅷ 公海
    • Ⅸ 深海底
    • Ⅹ 海洋の科学的調査
    • ⅩⅠ 日本周辺の海洋秩序をめぐる実務上の課題
  • 第5章 その他の地域・空間
    • Ⅰ 空域
    • Ⅱ 宇宙空間・天体
    • Ⅲ 国際化地域
  • 第6章 国際法と個人
    • Ⅰ 現代国際法における個人の重要性の増大
    • Ⅱ 国籍
    • Ⅲ 外国人の法的地位
    • Ⅳ 「国際的な犯罪」の取締りと処罰
    • Ⅴ 人権の国際的保障
  • 第7章 国際法と国際機関
    • Ⅰ 現代国際法における国際機関の重要性の増大
    • Ⅱ 国際法における国際機関の地位
    • Ⅲ 国際機関による自立的意思決定
    • Ⅳ 国際機関の条約締結権限
    • Ⅴ 国際機関の特権・免除
    • Ⅵ 国際機関の国際責任
    • Ⅶ 国際機関に関連する日本の実務における処理
  • 第8章 条約その他の国際約束
    • Ⅰ 条約その他の国際約束とは何か
    • Ⅱ 日本国憲法と国際約束締結事務
    • Ⅲ 条約その他の国際約束の締結・効力・解釈等に関する規則(条約法)
    • Ⅳ 条約その他の国際約束の承継
  • 第9章 外交・領事関係
    • Ⅰ 外交・領事関係法の特質
    • Ⅱ 外交関係制度
    • Ⅲ 領事関係制度
  • 第10章 国際法上の義務に対する違反と国家責任
    • Ⅰ 国際法における国家責任の法理の意義
    • Ⅱ 国家責任の法理とその歴史的沿革
    • Ⅲ 国家責任の基本的性格
    • Ⅳ 国家責任の成立要件
    • Ⅴ 国家責任の解除
    • Ⅵ 国家責任法と違法性阻却事由
    • Ⅶ 国際法の履行確保と対抗措置の援用
    • Ⅷ 国家責任に関連する日本の実務における処理
  • 第11章 国際法の履行確保と紛争処理制度
    • Ⅰ 法規範としての国際法の特色と国際法における紛争処理の意義
    • Ⅱ 国際紛争の平和的解決と国際裁判等
    • Ⅲ 国際裁判等の類型
    • Ⅳ 外交実務における国際裁判等の効用
    • Ⅴ 日本と国際裁判等
  • 第12章 国際の平和と安全の維持
    • Ⅰ 国際法と「力の行使」
    • Ⅱ 国際の平和と安全の維持のための国連憲章の仕組みの基本構造
    • Ⅲ 国連憲章の理想と現実
    • Ⅳ 国際の平和と安全の維持に関連する日本の実務における処理
  • 第13章 武力紛争法
    • Ⅰ 武力紛争法とは何か
    • Ⅱ 戦闘方法・害敵手段の規制
    • Ⅲ 戦闘犠牲者の保護と救済
    • Ⅳ 武力紛争法の履行確保
    • Ⅴ 武力紛争法に関連する日本の実務における処理
  • 第14章 外交実務からみた国際法の特質
    • Ⅰ 一国の国内裁判所における外国人を被告とする民事訴訟と国際法
    • Ⅱ プロセスとしての国際法