サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 性暴力はなぜ語られにくいのか
    • 一 「性暴力」とは何か
    • 二 性暴力の可視化と不可視化
    • 三 語られない性暴力
    • 四 「性風俗」と「性風俗従事者」
  • 第一章 性暴力被害者の苦悩
    • 一 レイプ神話と被害者非難
    • 二 象徴的意味とスティグマ
    • 三 性暴力の概念化と被害者のスティグマ化
  • 第二章 性暴力被害者の差異と序列
    • 一 社会的尊敬度と性暴力の不可視化
    • 二 「問題化される性暴力」と「性風俗従事者に対する性暴力」
    • 三 性風俗の二重規範
  • 第三章 性風俗における性暴力
    • 一 性風俗従事者に対する性暴力
    • 二 従事環境に組み込まれた性暴力
    • 三 性風俗に従事する背景
    • 四 従事者の身体的・精神的負担
  • 第四章 性風俗従事者に対する性暴力の不可視化
    • 一 加害者による不可視化
    • 二 周囲による不可視化
    • 三 被害者自身による不可視化
    • 四 スティグマと不可視化の構造
  • 第五章 性暴力を可視化する
    • 一 「性暴力」を語るまで
    • 二 性暴力被害を語る力
    • 三 性暴力被害を聴く力
  • 終章 性暴力のありか
    • 一 「問題」の可視化
    • 二 性暴力の加害責任
    • 三 「部外者」から「聴き手」になる