サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

子規との対話

子規との対話

  • 復本 一郎(著)
作品 著者 ページ
「写生」の神髄   17-18
正岡子規の「写生」   19-21
「写生」の句   22-24
月並俳句とは何か   25-27
子規における発句と平句   28-29
子規と鎌倉と喀血と   30-31
子規の短歌革新と久良岐・信綱   32-36
機一の『発句作法指南』と子規の『獺祭書屋俳話』   37-53
其角堂機一の俳句観   54-65
「旧派」と「新派」の芭蕉理解の様相   66-70
子規の滑稽観の確認   71-84
月並俳句の実体に関するノート   85-89
子規の不易流行観   90-94
子規の「写生」と虚子の「写生」   95-100
子規における雑の句の位置   101-107
嫌われた子規選集   108-125
子規と久良岐との関係   126-137
子規と陸羯南   138-146
子規と陸羯南・その葛藤   147-154
虚子の子規   155-162
子規書簡に見る俳句の骨法   163-165
簡単なる思想   166-168
竹村秋竹編『明治俳句』と子規   169-171
子規の写生は「主観写生」であった   172-175
子規と紅緑と碧梧桐   176-180
子規と碧梧桐の小さなエピソード   181-184
佐藤紅緑の子規句評   185-187
果敢なる挑戦者としての魅力   188-190
子規と小説   191-194
もう一つの月並調批判   195-199
旧派の女流俳人   200-202
中村不折著『俳画法』を読む   203-205
正岡子規と大須賀乙字   206-208
子規の旧派宗匠観   209-210
河東可全の談話   211-213
子規と書籍   214-215
子規の「写生」論の確認   216-217
子規の雑の俳句観   218-219
虚子宛子規書簡の一つ   220-221
「新奇」と「陳腐」   222-224
子規の句評   225-227
明治三十二年九月二十二日の子規と鳴雪   228-231
「十四五本」の典拠   232-235
『寒玉集第一篇』の子規序文   236-237
子規の月並論   238-239
子規と蕪村の「人事」句   240-242
知十の子規批判   243-244
紅緑の子規句理解   245-247
不折『俳画法』の中の「写生」説   248-250
鳴雪一件   251-256
子規とその時代 川崎展宏 対談 257-284
正岡子規を語る 有馬朗人 対談 285-311
正岡子規に還る 櫂未知子 対談 312-338