サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

収録作品一覧

現代社会型犯罪の諸問題

現代社会型犯罪の諸問題

  • 板倉宏博士古稀祝賀論文集編集委員会(編)
作品 著者 ページ
組織の犯罪と刑事責任論 吉岡一男 著 1−16
両罰規定における過失責任説批判 沼野輝彦 著 17−43
企業組織体責任論からトライパーティズムへの試論 加藤直隆 著 45−63
法人を被害者とする犯罪の成否 清水洋雄 著 65−79
「間接正犯」について 林幹人 著 81−95
いわゆる早すぎた構成要件実現と結果の帰属 山中敬一 著 97−133
遡及禁止論と客観的帰属 曽根威彦 著 135−157
「因果経過」の予見可能性 大塚裕史 著 159−182
欠陥製造物の回収とその限界に関する覚書 神例康博 著 183−199
医療過誤と過失犯論の役割 船山泰範 著 201−223
航空事故と刑事過失責任 土本武司 著 225−247
共謀共同正犯の基礎付けと成立要件 川端博 著 249−274
特別背任罪における正犯性 伊東研祐 著 275−292
財産犯論の現代的課題 前田雅英 著 293−313
証書詐欺罪の成立要件と人格的財産概念 長井円 著 315−354
わいせつ情報とわいせつ物頒布等の罪の客体 南部篤 著 355−385
未決勾留執行と法的救済 福井厚 著 387−405
刑訴三九条三項の接見指定行為 関正晴 著 407−425
黙秘権行使と不利益推認 多田辰也 著 427−448
「特捜部型事件」の捜査 佐藤博史 著 449−472
痴漢冤罪事件と事実認定の課題 荒木伸怡 著 473−490
精神医療の行き過ぎと法の対応 宮野彬 著 491−509
我が国の猶予制度の現状と課題 尾田清貴 著 511−541
犯罪被害回避と刑法理論 設楽裕文 著 543−559