サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

美術史の余白に 工芸・アルス・現代美術

美術史の余白に 工芸・アルス・現代美術

  • 「工芸」シンポジウム記録集編集委員会(編)
作品 著者 ページ
細工と技芸 大熊敏之 著 14−32
「工芸」ジャンルの形成 北澤憲昭 著 33−51
工芸とジャンルのヒエラルキー 佐藤道信 著 52−57
明治前期における工芸作品と図案への一考察 寺尾健一 著 58−66
工芸史観の芽生えと現在 山崎剛 著 67−75
工藝と美術との鬩ぎ合い 稲賀繁美 著 78−100
「工芸」と「craft」 金子賢治 著 101−108
帝展が描き出す「工芸美術」の輪郭線 木田拓也 著 109−120
民芸 土田真紀 著 121−128
工芸の「ささやく声」 天野一夫 著 129−148
工芸の来し方と行方 森仁史 著 149−157
漆のかたち 田中信行 著 162−169
意味としての工芸 中村康平 著 170−177
「アルス・ノーヴァ」に 橋本真之 著 178−185
器物 樂吉左衞門 著 186−192
工芸科鍛金 一九七七−一九八一から現在へ 金沢健一 著 193−202
「工芸」再読の功罪 冨田康子 著 203−213
見えない「工芸」へ 天野一夫 著 216−221
工芸の現在性 奥野憲一 著 222−234
アルス・ノーヴァ 北澤憲昭 著 235−254
工芸とアフォーダンス 暮沢剛巳 著 255−262
動的の工芸 藤井素彦 著 263−281
特別展示「アルス・ノーヴァ−現代美術と工芸のはざまに」 加藤弘子 著 286−299
ものをつくる力 井上雅之 著 302−309
アジアの美術と工芸 後小路雅弘 著 310−311
「工芸」に向かう絵画 提髪明男 著 312−315
「工芸的なもの」の反撃 白川昌生 著 316−319
アプレゲールな「一言陶士」、二十世紀後半での展開 中村錦平 著 320−335
日本工芸の古典を求めて 本橋浩介 著 336−338
未来形のヒント 尹煕倉 著 339−345
いま、なぜ「工芸」なのか? 松山龍雄 著 346−350
〈彫刻〉と〈工芸〉と〈いい仕事〉 村上敬 著 351−356
工芸雑感 右澤康之 著 357−367