サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
個性と色彩の開花   10−13
リアリズムは創造世界をつくる武器   14−17
戦争と人間をテーマに   18−22
“物語的楽しさ”への志向   23−28
児童文学の中の“子ども像”   29−33
児童文学作家・ジャンル別展望   34−38
質の高いユーモア文学   39−43
児童向け歴史小説から   44−48
物語のリアリティとは   49−53
現代にどう再生するか   54−59
より豊かな“心の地図”を   60−64
少年期体験の読まれる理由   65−69
名実そなえた新人作家を期待   70−74
幼年童話の面白さとは   75−79
新鮮さに欠ける“大人もの”作家の本   80−84
カッコよく頼もしすぎる児童文学の子ども   85−89
魔法という武器の新鮮で力強い再生を   90−94
動物への愛着の冷酷さを見据えた物語を   95−99
新しい世界観に欠ける日本のファンタジー   100−104
いまなお新鮮なアンデルセン童話   105−109
現存作家も出し始めた個人全集   110−114
認識の低いノンフィクション作品   115−119
“子どもばなれ”の傾向   120−124
研究と批評のけじめをはっきりと   125−129
小説の醍醐味を味わわせる短編集を   130−134
なぜ少年マンガ誌が読まれるのか   135−139
読書運動・組織の本の選定基準は?   140−144
自我と現実の中に現実批判を   145−149
社会の悪を安易な主題としてよいか   150−154
保育者的発想の童話は一考を   155−159
研究そのものは批評ではない   160−164
児童書にもくる文庫本時代   165−169
直接的な教育の道具ではない童話   170−174
安定した作品が揃う   175−178
色あせた本格的リアリズム作品   179−183
喜んではいられない文庫本入り   184−188
「コドモセンゾ」と共に死の国へ 那須辰造の滋味深い短編集   189−193
風土性に欠ける地方作家の作品   194−198
丸谷訳『猫と悪魔』刊行を機に考えたい表記法   199−203
読者である子どもを含むゼミナールを   204−208
大人をも楽しませる外国の作品   209−213
自己形成物語の多い最近の長編作   214−218
無風状態に過ぎた一年   219−221
質量共に豊かな長編小説が集中   222−226
次々と展開する幻想の世界 新制中学第一期生の青春時代   227−230
テーマは追い求めるものではない   231−235
数多い児童文学賞の交通整理を   236−240
面白い歴史小説の少ないのはなぜか   241−245
しみじみとした情感が伝わる 友情あふれる子どもの世界を描く   246−249
今日的テーマを巧みに料理 奇想天外の愉快な空想物語   250−253
体験を通して描いた長編小説 ユーモアのあるナンセンス作品   254−258
子どもの冒険への夢もりあげる ほのぼのと暖かく美しい童話   259−262
さわやかな感動を与える力作 生きることの意味を鋭く問う   263−266
中堅作家に力作が集中   267−269
子どもの生き方の原点描き出す 独特で強烈な個性感じさせる   270−273
少女の内面を詩情こめて描く 本を読む楽しさ示してくれる   274−277
鋭く豊かな感受性を持つ詩集 イメージの豊かな世界を展開   278−281
新鮮味がある型破りのユーモア 詩情こめて子どもの感覚描き出す   282−285
確かな詩人の目を感じさせる いきいきとした説得力を持つ   286−289
ひときわ新鮮さを感じさせる クイズを交えての愉快な童話   290−293
少年の日の感激を描き出す 土地の言葉で語られる昔話   294−297
確かな感動を与えてくれる 笑いの中に悲しい子どもの心が   298−301
生きることの意味を鋭く問う 衰えをみせない迫力ある描写   302−305
異国での生活を感動的に描く 疎開生活を描いた心打つ絵本   306−309
原始林の聖者の本質をあばく キリシタン弾圧事件を描く   310−313
肉親に寄せる思いの深さ描く 美しい詩情をたたえた童話集   314−317
思い思いの姿勢の作品   318−320
豊かな社会性を持つ幼年童話 新味はないが誠実な筆づかい   321−324
新しさはないが個性的で骨太 子ども同士の爽やかな友情物語   325−328
幼児の感情が弾むように伝わる 幼い日の思いを丹念に映し出す   329−332
民俗学者としての暖かい目で 素晴らしい自然のドラマを描く   333−336
すぐれたファンタジー集める シャープな感覚を持つ短編集   337−340
野性味あふれる笑いを絵本化 新鮮で感動的な話に仕上げる   341−344
手ごたえ感じさせる創作民話 人間の持つやさしさを伝える   345−348
自然や動物への暖かい思い たくましさを持つ子ども像   349−352
市場の雰囲気いきいきと描く 一級のノンフィクション文学   353−356
隣人愛の美しさを語りかける はなやかに彩られた幻想世界   357−360
読んでおきたい作品を揃える 庶民の哀歓を淡々と描き出す   361−364
乏しい個性ある作品   365−367
土に生きるものの原点   368−371
人間のおろかさ抉った意欲作 風変わりな発想もつ幼年童話   372−375
真摯で迫力のあるドラマ 庶民の怨念がこもった本   376−379
体験に基づいた感動的な物語 太平洋を横断した少年の日記   380−383
本格的な小人物語の力作 幻想に似た過去への遡行   384−387
離農する人達の姿を描く ユニークな個性の言葉絵本   388−391
家出をさわやかに描く 幼い詩人たちの作品集   392−395
「校定新美南吉全集」(全12巻)の刊行   396−398
心をとらえるズッコケ三人組 落語や民話を素材の短編集   399−402
日本現代詩のアンソロジー 海に生きる人々の生活描く   403−406
優れた子ども版民俗学書 人間社会思わせるサル   407−410
力作が相次いだ年   411−413
障害児の現実の姿を見る 濃密な生活感がみなぎる   414−417
万華鏡のような不思議さ 言葉がひとりでに動き出す   418−421
現実と空想のたくみな交錯 中学生の肉声に耳を傾ける   422−425
次々イメージ広がる絵本 人間による教育の大切さ   426−429
大人になった娘との生活 「青葉学園物語」の最終編   430−433
生命の尊さを静かに問う 今日的テーマをSF風に   434−437
質より量が目につく   438−440
愛の本質をメルヘンで 観念でない戦争の真実   441−444
熱い思いを込めた自伝 性格づけにユニークさ   445−448
浮世絵師写楽の謎ときに挑戦 写真と文のユーモラスな絵本   449−452
独特の美しさの短編集 みずみずしい成長小説   453−456
ノンフィクションの絵本化 社会性持つ愛の冒険物語   457−460
猫を通して人生を象徴 幼児の感情を色で描く   461−464
相次いだ個人全集   465−467