1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. 丸善 名古屋本店
  5. 【アーカイヴ】 第93回 丸善ゼミナール 「捕虜のいた町を訪ねて」~絞りの町 名古屋・有松に太平洋戦争中、捕虜収容所があった~

トークイベント丸善 名古屋本店

開催日時:2017年08月27日(日) ~ 2017年08月27日(日)

【アーカイヴ】 第93回 丸善ゼミナール 「捕虜のいた町を訪ねて」~絞りの町 名古屋・有松に太平洋戦争中、捕虜収容所があった~

【アーカイヴ】 第93回 丸善ゼミナール 「捕虜のいた町を訪ねて」~絞りの町 名古屋・有松に太平洋戦争中、捕虜収容所があった~

2017年8月27日(日) 15時~ 1Fイベントスペースにて

(終了しました)

【アーカイヴ】 第93回 丸善ゼミナール 「捕虜のいた町を訪ねて」~絞りの町 名古屋・有松に太平洋戦争中、捕虜収容所があった~

「東海地方には、岐阜県神岡町と有松裏に、戦時捕虜収容所があった。
有松には米英兵を主として273名が収容され、日本車輌(熱田)へ名鉄電車で移動し、労働に服していた」(「有松よもやまばなし」)

この史実を馬場豊さんが初めて知ったのは2009年(平成21年)のことだった。
ほどなく、名古屋出身の作家・城山三郎さんが30代前半の頃、この収容所を取り上げた短編『捕虜の居た駅』を書いていたことも分かった。
「収容所のことを、もっと多くの人たちに知ってほしい」との思いが募っていった馬場さん。
城山作品の朗読会を開催。さらには短編小説に着想を得て馬場さん自身が戯曲『捕虜のいた町』を書き上げた。
戯曲は朗読劇として公演され好評を博した。
2017年6月に中日新聞社から『戯曲捕虜のいた町―城山三郎に捧ぐ』のタイトルで刊行されている。
同書には、初出の『小説中央公論』だけに掲載がとどまっていた『捕虜の居た駅』も合わせて収録されている。

【アーカイヴ】 第93回 丸善ゼミナール 「捕虜のいた町を訪ねて」~絞りの町 名古屋・有松に太平洋戦争中、捕虜収容所があった~

今回のゼミでは、本にも載せている有松の捕虜収容所に関する馬場さんの取材ノートをもとに、埋もれていた歴史の断片を紹介します。
有松駅周辺で捕虜の外国人を見たという人たちもすでに80歳を過ぎ、収容所も一部と思われる遺構が草に覆われひっそり残るのみ。
戦争の記憶が薄れ、消え去ろうとする今、名古屋にあった戦時捕虜収容所のことを、みなさんに知っていただければと思います。

2017/07/31 掲載

関連する本