サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂  店員

書店員:「ジュンク堂」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|

70年代アメリカ映画100 1970▷1979 渡部 幻 (主編)

70年代アメリカ映画100 1970▷1979

70年代アメリカ映画は一変す…

70年代アメリカ映画は一変する。アメリカン・ニューシネマという一過性の凡作が奔流のように溢れるが、アメリカに真の映画作家が誕生した時期でもある。
 世代論で監督を分割すると明解になる。1910年代のアルドリッチ、フライシャーが好調で少し先輩のシーゲルが全盛期を迎える。1925年生まれのペキンパーとアルトマンがこの時代を体現したが、作家としての資質は先輩らに及ばない。寡作のカサヴェテス(1929-)が本領を発揮し、一つ違いのイーストウッドが人知れず佳作を作り続けた時代である。
 ウディ・アレン(1935-)やコッポラ(1939-)、そして40年代生まれのスピルバーグやルーカス、スコセッシが80年代に続く活躍を始める。80年代以降の明るくて退屈なアメリカ映画は70年代にその起源を見て取れる。むしろより若手のジョン・カーペンター(1948-)の登場が重要視されないのを惜しむ。
 そういう時代的視点のないまま、オスカー受賞作を羅列したり時代の問題を取り上げたものを重視すると本書のような書物になる。読み解く人間が与えられた情報にのみ満足していては今の映画には到底結びつかない。
   黒書店員 D

100 件中 1 件~ 20 件を表示