サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 三宮店店員

書店員:「ジュンク堂書店三宮店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|三宮店

ミュージック・ブレス・ユー!! (角川文庫)津村 記久子 (著)

ミュージック・ブレス・ユー!!(角川文庫)

ただそれだけで価値があるもの

 津村記久子の書く女の子が好きだ。不器用で、生真面目で、自分が女の子である事にどこか居心地の悪さを感じているような、そんな彼女達が好きだ。

 主人公のアザミは高校三年生。長身で赤い髪、太いプラスチックフレームのメガネをかけ、カラフルな歯列矯正器をはめている。勉強は出来ない、彼氏はいない、将来やりたい事も決まっていない。そんなアザミが唯一、打ち込む事が出来るのは音楽を聴く事だ。音楽を聴く事により、息を吹き返す事が出来るのだと感じている。
 こういった主人公なのだけど、本書は音楽にしか夢中になれない落ちこぼれの女子高生が、気が合う仲間と出会い、バンドをくんで青春を謳歌する、というようなありふれた展開にはならない。
 アザミは誰かとバンドをくむ事もなく(それどころか、今一ぱっとしないバンドが解散するところからこの小説は始まる)、ブログで音楽について語るわけでもない。ただ一人、ひたすら音楽を聴き、いつも持ち歩いているノートに、その日聴いた曲や評価を書き込む。あくまで地味に、けれど稀な親密さで音楽と関わる。

 後半、自分には音楽しかないと自嘲気味に考えるアザミに“でもね、本当に好きな音楽があればずーっと聴いてたらいいと思うよ”、“だってさ、何もかもようもないわ、意味ないわって言うよりは絶対にいいよ。好きなものがあるほうがいいよ”という言葉がかけられる。
 自分が好きなものをひたすらに追いかける事。それがやりたい事、仕事につながらなくても、そういうものがあるという事は、ただそれだけで価値があるのだと、作者はそっと語りかけてくれているようだ。

 決して派手なストーリーではないが、だからこそ、地味で退屈な日常を生き抜く為の、確かな強さを読者に与えてくれる。時には投げ出したくなるような、世間や自分を、そんなに捨てたものじゃないと、考えるきっかけを与えてくれる、そんな物語なのだ。

文庫担当 I

100 件中 1 件~ 20 件を表示