サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 ロフト名古屋店店員

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

コーランには本当は何が書かれていたか? カーラ・パワー (著)

コーランには本当は何が書かれていたか?

信仰に生きるムスリムの姿

 本書は無宗教を任じるアメリカ人ジャーナリストである著者が、イスラーム学者であるモハンマド・アクラム・ナドウィー師にイスラームについて学んだ一年間の記録である。
 驚かされるのはアクラムの神に対する信仰心である。イスラムとは元々は「帰依するもの」を意味する。アクラムはまさしくイスラムの実践者である。彼の行動原理・規範はすべて神への信仰心に根ざしており、そういった点ではアクラムは「原理主義者」といえるかもしれない。但し、彼はテロなどの過激な手段に訴えることは認めないし、戒律を厳しく守ることを強制するわけでもない。戒律を守るのには超したことはないが、それよりも彼にとって重要なのは神への信仰心があるかどうかということである。
 一方の著者カーラ・パワーはイスラームに対して幻想を抱き、アクラムにその幻想を追認してもらうことを自分勝手に期待している節がしばしば見られる。彼女のイスラームに対する態度はご都合主義的な世俗主義者の傾向が垣間見られる。しかし、そんな彼女の態度が意図してかどうかはわからないが、アクラムの敬虔さをより一層浮き彫りにしている。
 神への信仰心とともに生きる彼のストイックな姿に得も言われぬ感動を覚えるだろう。イスラムに対するというよりも宗教というもの自体に対する見方が変わるかもしれない。

100 件中 1 件~ 20 件を表示