サイト内検索

詳細検索

講談社BOOK特別価格

コミック・ライトノベル ポイント最大40倍(0826-0901)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/11/25
  • 販売開始日:2015/11/25
  • 出版社: 日経BP社
  • ISBN:978-4-8222-7932-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

著者 入山 章栄

ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ。「ビジネススクールで学べる経営学は、最先端からかけ離れている!」米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、...

もっと見る

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

1,944(税込)

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

1,944(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.6MB 無制限
Android EPUB 11.6MB 無制限
Win EPUB 11.6MB 無制限
Mac EPUB 11.6MB 無制限

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ。
「ビジネススクールで学べる経営学は、最先端からかけ離れている!」
米国で10年にわたり経営学研究に携わってきた気鋭の日本人学者が、
世界最先端の経営学から得られるビジネスの見方を、
日本企業の事例も豊富にまじえながら圧倒的に分かりやすく紹介。
世界の最先端の「知」こそが、現代のビジネス課題を鮮やかに解き明かす!

目次

  • 【1】いま必要な世界最先端の経営学
  •  なぜビジネススクールでは最先端の経営学が学べないのか ほか
  • 【2】競争戦略の誤解
  •  あなたの会社の戦略がうまくいかない、最も根本的な理由 ほか
  • 【3】先端イノベーション理論と日本企業
  •  イノベーションの絶対条件!「両利きの経営」を進めるには ほか
  • 【4】最先端の組織学習論
  •  組織の学習力を高めるには、「タバコ部屋」が欠かせない ほか
  • 【5】グローバルという幻想
  •  真に「グローバル」な企業は、日本に3社しかない ほか

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

経営学を考える機会

2016/04/03 09:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営学とは何か、ビジネススクール事情を分かりやすく説明している。経営者に学術業績をツール化することのインセンティブが無いため、知がMBAに反映されていないなどの指摘をしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経営学は今後、より人間に焦点を当てるようになる?

2015/12/27 03:04

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホンの無視 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の前著(の様な位置づけの本)である「世界の経営学者はいま何を考えているのか」と読みくらべてみた時に興味深いと感じたのが、前著と比べると本書はより社会学的、心理学的なアプローチに焦点を当てている点である。
本書の帯には、「ドラッカー、ポーターしか知らないあなたへ」と書かれているが、本書は、経営学が経済学の様に合理的経済人ではなく人間の持つ不確実な要素に焦点を当てたものに姿を変えつつある流れを踏まえた上で、ポーター等が示してきた従来の理論との違いを表している。
人によってはむしろ過去の慣習への回帰を促していると取れる内容もあるかもしれないが、その是非や可能性を検討する上でも重要な内容が詰まっている本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新年に読んで良かったです

2016/01/03 13:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カズさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営・戦略・ビジネスモデルには様々な知識や意見がありますが、どのような条件においてその有効性があるのかという視点軸が参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

2016/01/13 11:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

世に出てから久しく経てもなお定番となっている、ドラッカーやポーターの理論。通論だけでなく、一部を引用しての論旨展開は枚挙に暇がない。それを最新(世界)では、学ぶことは無いとばっさり。2010年代の最新の経営学を具体的事例をもって紹介。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/14 22:18

投稿元:ブクログ

2016年14冊目。

米ニューヨーク州立大学バッファロー校で助教授を務め、現在早稲田大学ビジネススクール准教授である入山先生が書かれた、世界の経営学の最前線。
ビジネススクールではどうしても「実務的なツール」となる内容が重視されるため、必ずしも経営学の最先端の研究内容が反映されていないという。
この本では、各論点が26章でそれぞれコンパクトにまとまっていて、教科書的な経営書や一般的な情報だけでは盲点になりがちだった研究結果も多い。
本書の中で仰っている通り、「答え」を求めるつもりで読むのではなく、「思考の軸」を得るために読むととても興味深く読めると思う。

2016/06/26 14:44

投稿元:ブクログ

わかりやすくまとめられた経営学の本。いろいろな事例研究を見ながらだと、さらに楽しく、理解も深まると思う。図書館で借りたが、購入すると思う

2016/03/05 23:33

投稿元:ブクログ

色々と最先端の経営学を教えてくれて、楽しんで読む事が出来た。感想だが、最先端の経営学は、新しい発見と厳密さを実用性より重視している、と言う割には新しいと思えたものは少なく、常識的な事を理論で証明する事に注力しているような印象を受けた。

2016/05/04 15:23

投稿元:ブクログ

自分がビジネススクールに行っていないのでこの内容が「学べない」のかどうかよくわからないのですが、むしろ、読むと「普通に最近の重要なトピック」が網羅されている気がして、それを学べないビジネススクールってなんなのかと思ってしまいました。

2016/08/03 18:30

投稿元:ブクログ

最近テレビにコメンテーターとして出演してます。
ドラッカー、ポーターと日本人に馴染み深い経営学者が米国では最先端ではない。
ドラッカーに関しては、筆者は読んでいない。

あんま読んでも難しいだけで終わるかなと読み進めていたが、RBV,CSRについての指摘が興味深かった。

再度読み直す内容ですね。

2016/06/09 17:01

投稿元:ブクログ

良書。5フォースとか、いわゆる教科書に出てくるようなフレームが出来た時より、最新の研究を教えてくれる。いろいろと仕事のこと、自社のこと、自分の組織の事を考えながら読める。

2016/04/05 11:07

投稿元:ブクログ

ビジネススクールという選択肢を考えている方は本書を一瞥いただきたい。基本的な経営論の紹介はもとより実務の経営と研究としての経営学という概念をハイブリッドで理解することでビジネススクールの活用がより豊かになるでしょう。
経営学は実務家と研究者が双方に説得を持つ分野であり、その点を本書は丁寧に説明してくれます。論文の引用が多いのに良心的な価格も好感です。

2016/03/03 07:01

投稿元:ブクログ

アメリカの大学の経営学者であった筆者が経営学について解説。MBAとphDとの差など詳しく解説。
経営学とは統計分析学である。
企業の競争の型。産業組織型、チェンバレン型。シュンペーター型。日本企業は技術力と需要に格差がある。
ビジネスモデルの4条件。効率性、補完性、囲い込み、新奇性。
トランザクティブメモリーが大切。誰が何を知っているかを知る。中途半端なグローバル化はダメ。
企業のダイバーシティー化。
ビジョンで大切なこと。簡潔、明快、ある程度抽象的、挑戦的、未来志向、ぶれない。
CSRはリスクマネジメントである。

2016/02/07 17:23

投稿元:ブクログ

前回の本が面白かったので楽しみにしてたのですが、ちょっとがっかり。アメリカ流の経営学会が全て正しいとは思えませんが。著者の中では、日本人経営者としてリクシルの藤森元社長を挙げられていましたが、結果はどうでしょう?なぜ日本は100年以上続く企業が多いのかとは少し違うのでは

2015/11/28 23:19

投稿元:ブクログ

理論と実践を往復して思考することの大切さを再認識させてくれる本です。
経営学の知見を実践に活かしきれないのは単純にもったいない。

クロスカンパニー社長の石川康晴氏は、経営者の仕事をする傍らで、京都大学でMBAを取得しています。

この連載は非常に参考になりました!
【CEOの本棚】石川康晴:現代アートの本質を良書から学ぶ
https://newspicks.com/news/1263292/body/?ref=search

理論の裏づけと共に、下記のような経営学者の主張・仮説が紹介されています。

>新しい事業を探求する部署には、(1)そのビジネスに必要な機能(例えば開発・生産・営業)をすべて持たせて「独立性」を保たせること、(2)他方でトップレベル(例えば担当役員レベル)では、その新規部署が既存の部署から孤立せずに、両者が互いに知見や資源を活用し合えるよう「統合と交流」を促すこと、が重要であるという主張です。

>イメージ型の言葉を使う比率が高い大統領ほど「カリスマ性が高く」、そして「後世の歴史家から『偉大な大統領』と評価されている」という結果を得たのです。

>デザイナーたちが顔を突き合わせてブレストをすることは、「誰がどのようなアイデアを持っているか」「誰がどの製品に詳しいか」などについて広く知る機会となり、それがIDEOの「組織の記憶力」を高める結果になっている、と主張したのです。

経営学者の仕事を現場で活かせる人材になっていけるよう、日々学習と実践を繰り返していきたいと思います。

2016/04/30 23:57

投稿元:ブクログ

 ちょっと話題になっているビジネス書ですし、著者の入山章栄氏も最近かなり露出が多くなってきましたね。そういう状況の中、従来の書籍とは違った何か新しい気づきが得られそうだとの期待を持って手にとってみました。
 読み終わってですが、久しぶりに面白いビジネス書に邂逅したという印象です。すでに今までにいろいろなビジネス書を読み漁っている人にとっても、多くの興味を惹く指摘・示唆が得られることでしょう。
 もちろん、本書で扱っているテーマはとても広範囲なので、内容の濃度という点では紹介程度にとどまっていますが、興味をもった著者の指摘については脚注にある原典(論文)でさらに深堀りするとか、他の論考を評価するうえでの補助線として利用するとか、さまざまな活用の起点とすることができます。一読に値する良書だと思います。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む