サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 病身の孤独な読者さんのレビュー一覧

病身の孤独な読者さんのレビュー一覧

投稿者:病身の孤独な読者

335 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

仏教の「ゲンテン」

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初に述べるべきことは、一時流行った「○○のことば」シリーズの書籍ではないととである。タイトルは「ブッダのことば」であるが、本来は「スッタニパータ」の翻訳書である。解説にもある通りに、「スッタニパータ」は仏教の書物の中で最古のものであり、ブッダの発言と真理と真意が不足なく頭に直接入ってくるような感じを受ける。最低でも大学一般教養くらいの知識があれば、本書の内容を理解するのに不足することはあまりない。しかし、全く仏教の知識のない方にも本書は読めるように、とてもわかりやすく訳されている。役者がいかに優れているのかを本書から伺うことができる。
 仏教であるが、本書は最古の仏教の書籍であり、ブッダの発言・言葉ができるだけ歪曲されずに伝えている。現在様々な宗派はあるが、本書の内容は仏教の中心でありエッセンスでもある。仏教に興味を抱く方には本書は最良の書籍となると思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

意識研究の最前線であり、現在の科学で最も有力な仮説

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間の意識の謎に科学的に取り組む世界的に有名な神経科学者のトノーニらの研究をわかりやすく解説した書籍。トノーニらの研究は、Science誌などをはじめとした一級の学術ジャーナルにも掲載されているくらい現在の意識研究を引っ張っていると言っても過言ではない。人間の心(意識)の有無を情報学の知見を取り入れて客観的指標を作成しようとするトノーニらの研究を一冊で知ることができる名著だと思われる。科学に興味を持つ読者と心や意識について語る人にとっては、必須の書籍である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本租税国家の危機

2018/06/28 19:36

租税起源の古典

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は戦争に直面した状況下で、租税国家が危機的状況であるが、それは危機と呼べるのかという問いから始まる。そして、租税がどのようにして発生したのかを歴史的に考察し、最後は一定の結論を出す。シュンペーターの租税概念は、税金関係を扱う書籍では必出である。イノベーションのイメージが強いシュンペーターによるっ租税論である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本種の起源 上

2018/05/29 17:13

ダーウィン理論の骨子と限界、そして批判に対する回答

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

進化論ほど誤解された科学理論はあるだろうか?世間では、進化論の誤謬に満ちている。そんな世間であるからこそ、正しくダーウィンの理論を知る必要がある。本書では、ヴィーグル号の話はなく、過去の生物学の知見を引用しながら、種の変異と自然淘汰というダーウィン理論の主軸となる基礎概念を考察している。ダーウィンの論理の展開の仕方は、科学論文を読んだことのある者なら気づくことであるが、非常に論理的であり、余計な考察や解釈が入っていない。世間で知られている観察事例からの演繹ではなく、純粋に過去文献からの引用と考察、そして独自の調査を踏まえて論理的に進められている。本書は世間では「あやしい」という印象がついているものの、本来本書は科学的な仮説の提示であり、本書の価値と貢献は計り知れないほどのものであると断定できる。
自然選択と変異という進化論の骨子に対して想定される反論をダーウィンが考察している。変異する中間形質の存在が確認できないことや交雑の問題、本能などの心的な行動の獲得についてなど現代でも批判されている点について科学的に誠実に回答と考察及び仮説の提示を行っている。もちろん、過去の動植物の研究と自身で行った研究を交えてての回答である。そして、地質学的な限界点にも言及し、進化理論の基盤上の不完全性を本人は認めている。そうではありながらも、説得力のある論証と批判に対する回答の仕方は、やはり進化論を完全に否定することの困難さを指摘している。ほとんどの批判事項に対して解消される考察と仮説を与えているが、もちろんいくつかの根拠不足による難点は残るとダーウィン自身が述べている。彼の科学に対する造詣の深さと誠実さが伺える箇所である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネーゲルの珠玉の論文集

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「What is it like to be a bat ?」の論文で有名なネーゲルの論文集である。決して、コウモリを扱った生物学の書籍ではない。本書にはこの有名論文はもちろんのこと、その他ネーゲル独自の哲学が展開されている。ネーゲルは、多方面にわたり考察を行っている。論文集には「死」から始まり、「正義」や「脳」の話まで実に多様である。それでいて、明確で読みやすく理解しやすい。まさに珠玉の論文集である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本歴史とは何か 改版

2018/05/19 16:04

歴史哲学の手軽な名著

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歴史研究で有名なカーの歴史がどのように作られていくのかという講演を書籍化したものである。歴史は個人の勝手な解釈や絶対的に決まった資料の発見によってできたものではない。歴史も、一つの学問であり、それゆえ特定の資料から特定の個人が解釈した歴史が、学問的に認められるかどうかで歴というものが作り上げられていく。本書には記載されていないが、例えるなら、邪馬台国の○○説の話と似たようなことで、学術的に整合的な解釈が資料から得られ、それから九州説の方が正しいと議論されて批判をされて決められていく。しかし、その決まった歴史も暫定的なものあるいは仮説である。「歴史とは何か」という哲学的な問いを歴史の成立過程から切り込んだ名作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バイアスと数字を扱うのが苦手な人間

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

行動経済学の言わずと知れた名作であるが、上巻では行動経済学で研究されている認知バイアスについての紹介が行われている。認知バイアスは様々なあるが、総じて言えるのが、人間は合理的に数字をそのまま処理するのが苦手だということである。著者らのそもそもの問いが、「人間は統計的・数学的に物事を考えられるか?」というものだった。この問いの答えとして、「否」と答えられるかもしれない。その実例がまじまじと研究を交えて説得力あるかたちで記述されている、認知バイアスという癖があり、数字を基に客観的に判断するのがあまり得意でない。これまでの合理的人間を想定する経済学へのアンチテーゼにもなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本歴史入門

2021/01/05 07:39

中心・周辺理論と資本主義の位置

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ブローデル歴史学の重要図書の一つ。歴史の流れを、繁栄している都市である「中心」とその周辺であまり繁栄していない「周辺」とに分け、周辺地域から中心地域へと変化するダイナミックな過程として捉えている。また、資本主義の位置も、社会主義や封建時代より上に位置づけながら、批判的に資本主義を検討する論理も明快で読みやすい。ブローデル自身の歴史記述や捉え方の方法論まで記された本書から学ぶところは多い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本資本主義の新たな精神 下

2019/01/26 21:44

資本主義における批判の役割

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上巻の分析と定義を基に、下巻では資本主義における批判の役割に注目した議論が展開されている。資本主義は常に批判にさらされているという命題の基に考察が行われ、どのような批判がなされどのように批判が形成されていくのかを如実に分析している。資本主義の脆弱性を浮き彫りにするだけではなく、これからの資本主義のあり方を問うた名作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本資本主義の新たな精神 上

2019/01/26 21:43

現代を反映する資本主義の精神

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

フランス社会学者が記した大著である。上巻では、市民体や慣習などの重要概念の定義を行う。さらに、20世紀資本主義の変遷を書籍の分析で振り返り、新たな資本主義の精神を結合主義的精神として提起している。本書は1990年代に記された書物でありながら、現在の非正規雇用やつながりによる仕事観など、現在でまさに問題となっていることを予測したかのような分析を行っている。非常に興味深い書籍である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本群衆心理

2018/07/31 22:18

幅広い現代の群衆への戒告

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は決して現代の心理学の領域ではない。昔の書籍であるから仕方がないが、そのような印象を持って読むと差異が生じる。あくまでも「群衆心理の分析」程度で読んだ方がよい。
本書は群衆について優れた分析を行っている。最後の方はネタ切れ感があり、少し興味が薄れてしまうが、それを差し引いても群衆だけではなく、現代の人間論に通じる作品である。読む価値は十分にある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宗教の多元主義を巡る批判書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『キリスト教の絶対性を超えて』の批判を主軸とした論文集である。宗教多元主義の問題点と『キリスト教の絶対性を超えて』に収録されている論文を取り上げて批判を行い、本来あるべき宗教の多元主義を各論者が述べている。本書は、決して統一した意見が形成されているわけではなく、また、説得力はあるものの納得がいかない意見もあるが、総じて本書の意義は大きいと思われる。刺激的な書籍であり、知的興奮を引き起こす。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本法における常識

2018/06/14 09:41

法学の基盤・法哲学的基盤

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「法とは何か」を直接問う書籍である。ヴィノグラノフによる講義を基に構成されているが、講義レベルを超えた法の本来の意味を考察するための重要な書籍。過去の調査や様々な法の形成過程を見直すことで、ヴィノグラノフが法の定義を行う。この定義は論争はあるものの、一定の重要性を帯びていると思われる。法の是非が問われる現在だからこそ読んでみるのも良いと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本世界観の研究

2018/05/31 19:59

人間の実際の生から紡ぎだされる世界観

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

哲学史の中では結構名前が出ているものの、あまり日本では知っている人を見たこともない。浅学ながら評者も名前は知っていたが、ディルタイの書籍を読んだのは初めてである。ベルクソンに代表される「生の哲学」は、ディルタイが入るかどうかで議論が行われている。評者の個人的な感想になってしまうが、本書を読む限りでは「生の哲学」の先駆け的な存在だったと思われる。「世界観」と聞くと哲学では、「認識論」や「存在論」をイメージする方が多いと思われるが、本書は形而上学的な話から始めるのではなく、純粋に人間のなにげない日常生活や習慣から人間の世界観の形成が行われることを展開している。薄い書籍ではあるが、知的好奇心をくすぐられる書籍である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本経済史の理論

2018/05/31 18:53

純経済的経済発展史

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、経済発展の歴史を経済学的知見から解釈する稀有な書籍である。いわゆるアダム・スミスから始まって経済学史を語るのではなく、人間の経済行動の発展を経済学的に検討するという観点である。ある形態の経済状態は経済的に有用であり、その状態から別の経済状態への意向も経済学的有用性の観点から説明している。ケインズの理論を数学で証明したヒックスによる刺激的な経済史である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

335 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。