詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

パレード

  • 発行年月:2002.2
  • 出版社:幻冬舎
  • サイズ:20cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-00155-9

  • 国内送料無料

パレード

吉田 修一 (著)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【山本周五郎賞(第15回)】いつの時代も現実は厳しい! 素顔のままでは生きにくい。でも相応しい自分を演じれば、そこは誰もが入れる天国になる。先の見えない5人、杉本良介、大...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

【山本周五郎賞(第15回)】いつの時代も現実は厳しい! 素顔のままでは生きにくい。でも相応しい自分を演じれば、そこは誰もが入れる天国になる。先の見えない5人、杉本良介、大垣内琴美、小窪サトル、相馬未来、伊原直輝の微妙な2LDK共同生活。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉田 修一

略歴
〈吉田修一〉1968年長崎県生まれ。法政大学卒業。「最後の息子」で第84回文学界新人賞を受賞。同作が第117回芥川賞候補作となる。他の著書に「熱帯魚」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.6
3.6
評価内訳 全て(163件)
★★★★★(19件)
★★★★☆(52件)
★★★☆☆(72件)
★★☆☆☆(10件)
★☆☆☆☆(1件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

私たちのコミュニケーションの形

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/06/06 11:53

評価5 投稿者:いばこ@25 - この投稿者のレビュー一覧を見る

《たとえば悔しさという感情を笑い飛ばすこと以外の方法で、乗り越えられる術はないのだろうか?》

うっ…。わかる、わかる。ね、ね? そう思わない? と誰かとこの思いを共有したい。そんな時、うわべの付き合いでもいい。チャットやシェアルームの同居人が、「うん、そうだね」って、そう言ってくれるだけでいい。私はこう思うんだけどってだけ伝えたいって時あるじゃない?

そんなシーンが続出だった。とにかく、実感があり情景がリアルに目に浮かぶ。物語りであるけれど、現実世界を覗いているような。

物語は、東京・千歳烏山の2LDKマンションに住む男女5人の同居生活。家族でも親友でもない、友達と呼ぶのもちょっと恥ずかしい…、家族や恋人の相談もすれば、進路の話も“とりあえず”する。でも、明日このマンションを出て行くと言ったとしても、誰も止めないし、咎めない。
そんなスレスレの人間関係の築き方、距離のとり方。
それをチャットやBBS上の匿名性のもとにつくられる距離感になぞらえて、5人の視点で物語りはすすむ。

読後、TVをつけると長崎の小6女児殺人事件が報道されていた。
自分のHP上掲示板を荒らされたから、殺そうと思って呼び出したという。
TVの街頭インタビューでは、大人たちが口をそろえて「今の子供の考えていることがわからない」と言っていたが、パレードはそんなチャットやBBS上でのスレスレの距離感と、現実世界の鋭角で不可逆な事実を描いている。そのパレードのラストと長崎の事件の現実がリアルに重なってしまった。
不安定で、一時的であろう人間関係とその場に合わせてつくった人格。それを客観的に見ているもうひとりの自分。はけ口・爆発先はどこに?

25歳の私は、この登場人物世代の真っ只中。
これが現代の青春小説だとすれば、学生時代に腹を抱えて笑った村上龍「69」の爽快感や、宮本輝「青が散る」の敗北感と完全燃焼からくる達成感という清清しさを感じることは微塵もない。時代が違うのだ。変わってしまったのだ。コミュニケーションの形が。

長崎の加害者少女は殺害された少女に「会って誤りたい」と言ったという。
現実ともうひとつの世界の倒錯に、一瞬、頭が追いつかなかった。
パレードのラストシーン。それでも変わらぬ日常が続くリビングで、直輝は思いをめぐらす。この先、どんな展開がおとずれるのか、それは読者に任されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

華やかなパレード、演じるのは悩める若者達。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/05/26 19:20

評価5 投稿者:青月堂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マンションのベランダで、旧甲州街道を見下ろしながら、良介君が感想を漏らすシーンから話は始まる。これだけ多くの車が、事故一つ起こすことなく走っている。赤信号になれば、走ってきた車は停止線で止まり、後ろの車も、そのまた後ろの車も、微妙な車間距離を取りながら止まる。
 この微妙な車間距離が、事故を起こさない秘訣なのだろう。そして、それは人間の関係にも当て嵌まる。人と人との関係、それは車間距離よりも更に微妙で、時には偽りを演じ、時には正義に目を瞑りながら、維持されるものなのだろうか。
 お気楽な学生である良介君にも、悩みがある。もっと気楽そうに見える絶世の美女・琴ちゃんにも悩みがある。イラストレーターの未来さんにも、多くは語られないがきっと悩みがある。最年少のサトル君は、一見既に悟っているように見えるが、きっとこれから悩むに違いない。そして、最年長の、既にモラトリアムを脱したかに見える直輝さんには……。
 時間の経過とともに、視点が変わっていく。5人の視点が一巡して小説は終わるが、物語は終わらない。それどころか、悩み(あるいは問題)は何一つ解決することなく、逆に無視出来ないところまで発展している。
 
 青春小説のような出足に騙されて、最後のミステリーには動揺してしまった。パレードはこれから先も続けられるのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

祝!!山本周五郎賞受賞!!現代の若者の不安定さが見事に描かれた作品!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/05/20 21:17

評価5 投稿者:ふーにゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学生・良助、芸能人の恋人を待ち続ける美女・琴美、新宿の夜の街で男を相手にするサトル、イラストを描きながら雑貨店に勤める未来、映画配給会社に勤めるデキるヤツ・直輝の、男3女2、計5人の微妙な2LDKでの共同生活。そこで彼らは〈ふさわしい自分〉を演じ続けている。そうしないとそこで生活が送れなくなってしまうから…。
 彼らの住む街の車道を沢山の車が適度な間隔でルールを守って走っている。それはまるでパレードのよう。だけど、誰かがそのルールを破ると事故を起こし、そのパレードから外されてしまう。それは現代社会を生きる私たちも一緒なのかもしれない。最初は若者のにぎやかな青春同居物語?と思って読み始めましたが、いやいや、そんな爽やかな作品ではありません。現代社会を生きる若者たちの対人関係が描かれた、とても奥が深い作品です。現代社会の一面が良く表れてます。ラスト、緊張感があって良いです。彼らの生活は続いていくのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5人の男女それぞれの距離感に共感できたあなたは、もはや吉田作品の虜である。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/01/22 16:18

評価4 投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉田修一の作品はある種独特の“若者の息づかい”が聞こえる。
もはや現代に生きる“若者の代弁者”と言っても過言じゃない。

同じ読者と距離感の近い作家の石田衣良ほどお洒落ではないが、内面に潜む本音をあぶり出している。
最新作『東京湾景』で恋愛小説という新境地を開いた吉田さんの出世作とも呼べる作品である本作は、山本周五郎賞を受賞された事で記憶に新しい。
内容的には先の見えない青春真っ只中の5人の男女の同居生活を描いた作品である。
5章から構成されていて、1章ごとに登場人物が主役を演じ、いろんな関係を読者に披露しながら展開して行く。
ただ、単なる爽やかな青春物語じゃない。

他のどの吉田作品よりも“本作は奥が深い”のである。
性別問わず5人の男女それぞれに共感出来る点は特筆すべき点である。
やはり読者が読んでいて情景が本当にリアルに目に浮かぶ点は吉田さんの力量の確かさだと言えよう。
特にセリフのビビッドさにはいつもながら舌を巻く。

誰もが持っている孤独感・閉塞感・空虚感を見事にラストで具現化されている。
ただ、このラストは読み手によっては不満かもしれない。
きっと評価が分かれるであろう。
率直な読後感としては“怖い”という言葉を敢えて使いたい。それは“現実の厳しさ”投げかけてくれてる他ならない。
不満がある方はやはり吉田さんの小説は合わないのかもしれない。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

パークライフはなんとなく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/09/16 04:48

評価4 投稿者:ゆうこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに徹夜して一気に読んだ本です。
人はそれぞれ誰にも言えないものを抱えて生きている。
心の底の真っ黒な真っ黒な感情もたくさんあるけれども、そういうものを、上手く包み隠してなんとか上手くやっていく。
この小説の登場人物は闇を抱えつつ、でも、みんなさみしい。
さみしさを寄せ合っている。
私が一番はっとしたところは、サトルが、友達も一緒に暮らしていいかと聞いたとき、なに勘違いしているの。と言われたところ。
怖かった。
絶対深入りしてはいけない距離のとりかた。
空虚なものを抱えながら、それでも人はさみしいから。
ラストの衝撃もあったけれども、読んだあと、なんだか恐ろしい気持ちにさせられた。
パークライフはなんだかぴんとこなかったけれども、吉田修一の作品はやはり、冷静で淡々とした文章の中に暴力的でじわじわとした恐ろしさを感じさせるところが上手いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当の自分

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/06/06 18:33

評価4 投稿者:郁江 - この投稿者のレビュー一覧を見る

“本当の自分”を誰にでも正直になんて見せられない。汚い感情を隠して相手に合わせて適当に笑っている。誰だって多かれ少なかれ自分を演じているのかもしれない。そしてそんな風に自分を演じていると、いつしか本当の自分がわからなくなった…そもそも本当の自分なんているのだろうか?
 この物語の主な登場は5人。彼らは2LDKのマンションで共同生活を送っている。それぞれの役割を演じながら、寂しさや感情をもちこまず、ただ淡々と適当な距離をあけながら生きている。だけどある日、起こった事件をきっかけに抱えきれない日常の違和感が溢れ出す。この不透明な現代社会で、生きることの意味、本音を言える相手を見つけ出すのは難しい。つまらない毎日・孤独感・空虚な日常・現代社会の闇・若者の切なさをリアルに描いた作品。                   

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

他の作品も読みたくなりました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/04/23 21:39

評価4 投稿者:どしどし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2LDKで共同生活する5人の関係性にこの作品の特徴があります。この5人はそれぞれ住み始める当初、特別親しいとか恋愛関係にあったりするわけではありません。また、共同生活をしていく中での距離感が微妙なところでそれぞれがまるで独立して無関心というわけではなく、かといって強い絆があるとかいうわけでもない。逆に、恋愛関係にあった人は同居をやめてしまったりしています。
 途中こうした関係がチャットやBBSにたとえられるのですが、それがこの関係性や距離感に近いということに確かにうなずけるし、あるいは都市社会の人間関係を見出せるでしょう。 登場人物自身がそうした関係について考えさせるところなどを読んでいると、いかにもその裏に深い洞察があるに違いないと思わせるものがあります。
 また、文体が軽くユーモアを出しているのがそれぞれの人間関係の(それは現代の人間関係ということでもあるのだが)あり方をも表現していることにもなっている、のかもしれません。どちらにしても、読んでて楽しいのが好きなところですけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2004/09/25 16:43

「お前が知ってるサトルしか、お前は知らないんだよ」

「だから、お前が知ってるサトルしかお前は知らないわけだ。同じように俺は、俺が知ってるサトルしか知らない。良介だって琴ちゃんだって、あいつらが知ってるサトルしか知らないんだよ」

「だから、みんなが知ってるサトルなんて、誰も知らないんだよ。そんな奴、この世には存在しないの」
読み終わったら「だから、何?」って言いたくなるけど、結構面白かったよ。

評価3 投稿元:ブクログ

2004/12/26 17:26

 ≪この不愉快な社会に生きることの、つまらなさ、切なさ――。
 現代の若者の心中をリアルに描いた最高傑作!(帯より)≫
伊原直樹(28歳・映画配給会社勤務)と恋人の美咲が暮らすマンションに住み着いた 美咲の友だち 相馬未来(24歳・イラストレーター兼雑貨屋店長)、直樹の後輩の後輩 杉本良介(21歳・H大学経済学部3年)、未来の友人 大垣内琴美(23歳・人気俳優と恋愛中で無職)、そして ある日酔った未来が連れてきた 小窪サトル(18歳・男娼)が それぞれひとつずつの章で語り手になっている。
それぞれの目に映る他の人たち、そして自分がそれぞれの章で語られてゆく。
そこに見えてくるのは、人と深く関わらず、愉しげな生活を続けている空々しさと、それ故の心地好さ過ぎるほどの結びつきなのだった。
若い世代に特有のものとは言い切れないと思うが(現に私自身もそうかもしれない)、期待し、期待され、裏切り、裏切られないために 人の深部に踏み込もうとせず、楽しさを演じる表層だけで付き合ってしまうことの 気楽さと寂しさがとてもよく解る一冊だった。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/03/01 00:12

最後の最後で物語の雰囲気が、ガラリと変わる。
うまくやれば面白いんだろうけど、なんだか唐突過ぎる流れな気がした。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/03/13 02:00

2LDKに同居する4人の男女
杉本良介:21歳H大学経済学部3年生。市谷の大学に喫茶店のオーナーから購入した車(桃子)で通う。一緒にテニスに行った先輩の彼女に一目ぼれ。
実家は寿司屋。不良の友達がバイク事故で死ぬ。勉強を教えてと頼まれたことがある。友人は、寿司屋に出前電話の悪戯した。
父が表札の名前を確認しながら雨の中、家を探していた。貴和子さんと寝る。
大垣内琴美:23歳無職。歯学部合コンで知り合った丸山君。実はホームセンターの社員。告白され付き合う。彼の母は精神病。別れる。
丸山君が俳優になりドラマ出演。トラックに乗せてもらい東京。未来に電話した。丸山君とよりを戻す。部屋で電話を待つ。会うとホテルで寝るだけ。理由は、家には精神病の母がいる。サトルが登場。誰だ。泥棒?
相馬未来:24歳イラストレーター兼雑貨屋店長。社長に連れられ二丁目で飲んだくれる。記憶をなくし男娼サトルを家に入れる
美咲と直樹が同棲。そこに未来が来る。直樹の後輩の後輩が良介を連れてくる男部屋と女部屋。美咲は新しい中年男と暮らす為に部屋を出る。
近辺で帰宅途中の女性が襲われ顔を殴られ事件が2件起きた。砧公園へピクニック。サトルが来て2ヶ月。年齢仕事不明。犯人かも?
臍(へそ)イラストを広げて美人の琴美といると皆が見ていく。二丁目の友人が交通事故で死ぬ。葬式で仙台へ。自分だけ焼香。仲間は遠くから合掌。
姉から声をかけられた。オカマであるのを知っていた。母姉で二丁目の店にやってきた。
映画のレイプシーンを集めたビデオを見ると気分が落ち着く。隣の部屋は占いをしていた。
小窪サトル:18歳、男娼。楽しい暮らし、ふぬけの大学生。恋愛依存気味の女。自称イラストレーターのおこげ。健康おたくのジョギング野郎。
その元彼女,美咲。二丁目の公園の立ちんぼ。スピードをきめて客を待つ。マンションに忍びこみビデオを見る。部屋のシーン。
監視されている錯覚。下着のシーンで勃起。ポラロイド撮影。部屋に戻り琴美とピンクパンサー見る直樹の映画配給会社でバイト。
女部屋で未来のレイプビデオ見る。未来のイラストから精液の匂い。幼い弟と母を惨殺したピエールの話を思い出す。
ピンクパンサーを上書き。サウナで横にいた老人をマンションまでつける。子供の頃から他人の部屋に忍びこんでいた。
良介に大検めざして勉強させられる。
伊原直輝:28歳,映画配給会社。土日も仕事。帰宅して着替えていると琴美から相談される。妊娠。美咲の母から電話。愚痴の相手。
サトルがレイプビデオを消したのがばれる。未来が切れる。41歳の女社長。好きな男のタイプ。聖フランチェスコ会のモットー清貧・童貞・服従
彼氏は良介と同じ年。試写用パンフレットでは出資率が一番高い某商社の部長の提案が採用。
美咲と投票所の小学校でやる。家に帰ると丸山のドラマを見ながら琴美と丸山が話している。
サトルは桃子のシートで寝ている。久し振りに女部屋に入る。琴美の宅配便の送り先は広島県。
サトルの友人誠が一緒に住めないかと頼まれる。場所がない。自分の部屋を反対側のビルから見る美咲が中年男をつれて部屋に入ってきた。
BMWで走りさるのを見送る。夜11時ジョギング。雨が降ってくる。桃子まで走る。サトルはいない。
高速の高架橋の中央分離帯に隠れ赤い傘をさした女を襲う。顔にコンクリートを打ちつけ自殺をはかる。後ろから手首をつかまれる。サトルだった。
Tシャツを桃子で交換。部屋ではAVを見ていた。バーで未来と喧嘩した女が出演。
サトル「みんな、知っているんじゃないか。」
「ここ、気に入っているんだ」

評価3 投稿元:ブクログ

2005/10/10 18:10

5人の男女が2LDKで暮らしている姿を淡々と描いている。一人、一人の目線で書いた短編が連作になってる。結構、テンポ良く読めた。初めて読む作家さんの場合そこがポイント。いいと思う。

評価5 投稿元:ブクログ

2005/09/05 23:45

読み終わった瞬間に読み返したくなる本。マンションの1室で暮らす5人の生活が、それぞれの視点から語られていく。適度に親しく適度に距離をもって暮らす5人の登場人物。それぞれが一人称で語りだすと、他の人物の視点で語られているときと印象を変え、イタいくらいに身近に感じられる。コミカルに描かれる冒頭から、少しずつ重苦しさが顔を出してきて、そしてとつぜんの終わり。傑作。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/08/30 21:45

5人それぞれの視点のちがい、性格のちがいがうまく書かれている。
思ってみたら、自分の周りでも色んな人がいるわけで、それぞれ思っていることがあると考えたら、少し怖い。。。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/02/15 22:52

なんてことはない、ただ始まった奇妙な男女4人の共同生活。
最後にそうくるのか!という。すごかった。
ちょっと怖い。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.