サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. なまさんのレビュー一覧

なまさんのレビュー一覧

投稿者:なま

976 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

双子

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

フーガとユーガは、特殊能力を持つ双子である。その二人が、妙に泥臭いところが面白い。伊坂幸太郎さんの作品は、どれもそうだが、物語の展開が面白く、続きが気になってしまい、どんどん読んでしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本そして、バトンは渡された

2018/06/26 19:06

バトン

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

題名から、陸上の話かと思ったが、全く違っていた。離婚する人が多くなったとはいえ、これほど珍しい家庭環境の主人公もいないだろう。その主人公が、そういった環境を悲観的にとらえず、前向きに思考していくところが、痛快であり、ほんの少し悲しかったりした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イエロー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋大賞で話題になっていたので、読みました。イギリスの普通の人たちの生活ぶりについて、知らないことばかりだったので、面白く読ませていただきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本生物と無生物のあいだ

2021/01/11 11:17

生物

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルの「生物と無生物のあいだ」とはどういう事だろうと思いながら、この本を読み始めました。読み始めると、なぜかミステリーを読んでいるかのような感覚になりました。それだけ興味を持って読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本マイ・ストーリー

2020/02/20 19:24

ストーリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オバマ大統領夫人の自伝である。あまりにも長く、本の重さに怖じ気づいていたのですが、面白いという噂を聞いて読み始めました。アメリカらしい黒人の差別など、知っているようで知らないことが多く、興味を持って読むことができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本タスキメシ−箱根−

2020/02/07 21:39

タスキ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

箱根駅伝ファンには楽しいお話でした。しかし、駅伝ファンでなくても、栄養のある食事ということで楽しめる気もしました。早く続きが読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本タンタンタンゴはパパふたり

2020/01/22 17:14

タンゴ

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ニューヨークにあるセントラルパークの動物園にいるペンギンのお話です。ロイとシロという男の子のペンギンにタンゴという女の子のペンギンが生まれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本欺す衆生

2020/01/16 06:37

欺す

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人は、どうして欺されてしまうのだろうと思った。巧妙に計画された騙しの中で、人の思考力は完全に機能しなくなってしまうのだろう。お金というものの恐ろしさが伝わってくる作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本しょうぼうじどうしゃじぷた

2019/09/18 06:14

じぷた

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

じぷたはジープをなおした小さな消防自動車です。他の車に比べると、かっこわるいと自分の事を思っていました。山小屋が火事になったときの事です。じぷたは、山道でも平気です。山小屋の火事はじぷたの活躍で消す事ができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本罪の声

2019/09/18 06:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

思わず引き込まれるような展開にあっという間に読み終えました。声というものは、人それぞれなんだなあと深く感じました。罪の意識のないままに、自分の声が悪い事に使われていたらと思うと恐ろしくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ひと

2019/06/13 17:09

ひと

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋大賞ノミネートしていたので読んでみたら、とてもいい小説だった。総菜屋との出会いから、孤独な青年の人生をが動き出す。人生は、いろんな人に支えられて生きていくという物語だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シンガポール

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんどん発展しているシンガポールへ、ひさしぶりに行ってみたいと思って、この本を買いました。食べ物のおいしそうなページばかりで、テンションがどんどん上がっていきます。安全に旅ができるというのもシンガポールがみんなから愛されている秘密なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さんすう

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このさんすう絵本では、なかまあつめを中心に話が進んでいく。算数の勉強では、この仲間を見つけるという事がとても大切になってくるのだろう。なかま分けすることで、考えの深まりが生まれるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ロボットのくにSOS

2018/11/12 19:47

ロボット

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絵本だが、漫画のようになっており、かなり長いお話である。小さい子には無理かなあと思ったが、読み聞かせると終わりまで聞いてくれた。ロボットが良くなって、喜んでいたので、お話全てを理解したわけではないのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

印象派

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マネ、モネ、ルノワール、シスレーなど、多くの人々が愛する絵を描いた印象派の画家たちの人間関係が詳しく分かっておもしろい。シスレーのイラストがかわいく、特に気にいってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

976 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。