サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 捨てるべき40の「悪い」習慣 1つずつ自分を変えていく

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

捨てるべき40の「悪い」習慣 1つずつ自分を変えていく

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/16
  • 出版社: 日本実業出版社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-534-05222-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

捨てるべき40の「悪い」習慣 1つずつ自分を変えていく

著者 午堂 登紀雄 (著)

悪い習慣を1つ捨てるたびに、少しずつ、あなたの人生は確実に変わっていきます。言葉、人間関係、仕事術、働き方、弱い心など、捨てるべき悪い習慣とその捨て方を紹介します。【「T...

もっと見る

捨てるべき40の「悪い」習慣 1つずつ自分を変えていく

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

捨てるべき40の「悪い」習慣

1,404(税込)

捨てるべき40の「悪い」習慣

ポイント :13pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悪い習慣を1つ捨てるたびに、少しずつ、あなたの人生は確実に変わっていきます。言葉、人間関係、仕事術、働き方、弱い心など、捨てるべき悪い習慣とその捨て方を紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

午堂 登紀雄

略歴
〈午堂登紀雄〉1971年岡山県生まれ。中央大学経済学部卒。米国公認会計士。不動産投資コンサルティングを手がけるかたわら、資産運用やビジネススキルに関するセミナー、講演で活躍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

欠点を映す鏡

2015/09/24 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雑読家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

けっこうあてはまることが多くて、自分の欠点を見つめなおすきっかけを与えてくれる本。私はめったにビジネス本は買わないが、本書は自らを映す鏡のようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物も習慣も捨てられない

2016/09/10 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い間生きていると、なかなか簡単には慣れ親しんだ習慣を変えることはむずかしい。本書を読んだことがきっかけになればいいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/09 12:42

投稿元:ブクログ

【No.152】「本当に認められる人は、自分の評価は他人に委ね、結果で勝負する。だから不平不満も言わず、目の前の仕事に集中する。結果が出なかったときは潔く認め、次への糧とする」「一人で行動できない人や、いつも誰かと一緒でないと寂しいという人は、他人に合わせる志向が強いため、他人と違うことを避け、結果的に突き抜けた成果が出せない」「バカと議論すれば、両方ともバカに見える」「いい人、と思われたいという人は、他人の都合で生きたい、という人、つまり主体性のない人ということ」「何もしないというのは、想像以上に退屈。そしてそれ以上に何も価値を出せない自分の未来、何も成長しない自分の未来は、ただ頭脳が衰えていくだけ、ということに恐怖を感じた」「日々の仕事があってこそ週末が充実するのだし、普段が忙しいからこそ趣味や余暇を心から楽しめる」「挑戦したことがない人や、自分の環境を変革させる勇気のない人ほど、自分の生き方を正当化し、自分の考える人生観とは違う意見に反発する」

2015/01/12 13:04

投稿元:ブクログ

特段目新しいことは書いてなかったと感じました。本書に書いてあった通り、そろそろ自己啓発系の本は卒業しようと思いました。

2015/06/20 09:50

投稿元:ブクログ

この本を読んで、自分もいろんないらない習慣を持っていると思った。プライドや言い訳を捨ててシンプルに生きられたらなあ。弱い心を捨てて強い心になりたい。

2015/02/20 23:42

投稿元:ブクログ

1、否定語を捨てる。
否定語を言わない。できないと思っても、脳をフル回転させれば解決法はかならず見つかる。達成を阻害する要因を見つけ出し、一つづつ懸命に解決法を考えぬくこと。

2,自分は頑張っている、アピールを捨てる。
プロセスは評価の対象ではない。プロセスの分析は結果への練磨のためにする。

3,忙しいを捨てる。
4,他人への陰口を捨てる。
5,言い訳を捨てる。
言い訳せずに責任を自分にたぐり寄せる。その結果、信頼される人物像が生まれる。

6、正論を捨てる。
7,手柄を捨てる。
8,友達を捨てる。

無料セミナーを開催し、その様子をビデオに撮る。それを無料プレゼントするキャンペーンをうつ。集まったメールアドレスに無料相談会を告知する。freeのビジネスモデル。

9,他人との比較意識を捨てる。
10,プライドを捨てる。
自分の価値観を持つ。例えば「自由」でいること、を成功の基準にする。違う価値観に対する他人の言動は気にならなくなる。

11,いい人を捨てる。
12,人脈作りを捨てる。
13,ギブアンドテイクを捨てる。
いい人、とは他人から見て都合の良い人、のこと。
人脈ができないのは、自分に価値がないから。
自分のため、にならないことはやらない。

14、自己啓発書を捨てる。
経営者の書く自己啓発書はキレイごと、が書いてある。カモになってはいけない。

15,物欲を捨てる。
16,節約・貯金思考を捨てる。
自分の考え方をなぞる確認読書は意味がない。旅行も確認旅行は意味が無い。

自己変革のためにお金を使う。自分が目指す状態になるためにお金を使う。

17,写真や手帳を捨てる。
過去より現在と未来にフォーカスする。

18,タイムマネジメントを捨てる。
19,顧客志向を捨てる。
20,問題解決思考を捨てる。
21、情報を捨てる
空白の日を増やす。外出は細切れ時間が発生しやすいので無駄が増える。外出はまとめて。
手帳に書かれるのは他人との約束。自分との約束も忘れずに計画する。

ハートインプロダクトアウトの商品。自分が強烈に欲しいものを作る。同じ思いの人がかならずいる。

情報を捨てる、ことができるか。

6割でも、とりあえず始める。そのあとに修正する。行動が一番難しく、大事なこと。

キャリアにアップもダウンもない。面白いことを仕事にする。

「おしえるまなべる」で講師になる。

顧客リスト=メールアドレスを集め、セールスする。

コンプレックスが市場を作る。

まず、相手の発言を「なるほど」といってみる。そうすると相手の立場にたてる。

22,残業ゼロを捨てる
23.完璧主義を捨てる
24,自社基準の評価を捨てる。
25,キャリアアップ志向を捨てる
26,アーリーリタイアを捨てる
27、成功体験を捨てる。
28,忍耐を捨てる
29,二元論を捨てる
30、嫉妬を捨てる
31,依存心を捨てる
32,分相応を捨てる
33,コンプレックスを捨てる
34,心配事を捨てる
35,正義を捨てる
36、他人の作った成功基準を捨てる
37、反省を捨てる
38、社会は厳しい、を捨てる
39、学歴資格志向を捨てる
40,拡大志向を捨てる。

2015/06/28 18:24

投稿元:ブクログ

自己啓発本なのに自己啓発本を否定する、自己矛盾に満ち満ちた本。著者の言いたいことのエッセンスをどうくみ取るかが問われているのかとも感じる。そういう裏を読もうとせずに、純粋に受け取れる人には参考になるのかも(自分には合わないなぁと思ったが…)。

2015/06/17 01:47

投稿元:ブクログ

自分自身を変えるには、行動と習慣を変えていくことが大事なことではないか?と、最近、いろんな場面で感じているので、午堂さんの本はタイトルに惹かれました。

悪い習慣・考え方を断捨離すれば、変われるのだ!と、納得。コンプレックス、依存心、情報、プライド、正論、言い訳、など、私も、まだまだ捨てないといけないものが沢山あることに、気付かされました。

変化の多い人生を歩み、スクラップ&ビルドをされている、午堂さんの考え方を吸収していきたいと思います。

2016/02/17 22:40

投稿元:ブクログ

●自分で仕事を作らなければ他人が作った仕事をやらされる。自分のアクションプランを描かなければ他人の夢のために自分の時間が使われてしまう


●賛否両論を巻き起こす人が時代を変える
人の心が揺れ動くアウトプットは必ず否定的な意見が混じる。つまり、「賛否両論を起こせる人が人の心を揺さぶる価値が出せる」


●「○社からの見積もりがまだ出ていないがどうなってる?」と聞かれた時、「先方からの返事がまだ届いてません」と答えるのはNG。これは悪いのは相手であって自分は悪くない、と言ってるようなもの。
⇒「すいません、私がもっと密に確認しておくべきでした。すぐに電話で確認して至急提出してもらうようにします。今日午後一には状況報告します」という言うべき。

2015/08/09 11:28

投稿元:ブクログ

ミエや体裁に囚われている人にビシバシ響く内容でした(^o^;
心の断捨離本といったところでしょうか。

人生訓 ランキング

人生訓のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む