サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

緑色のうさぎの話

緑色のうさぎの話 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

幸せいずこ

2016/02/20 17:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

緑うさぎがひとりで食事をする場面の絵、ずんとくる。そんな背中を見せないで。わたしも一緒に悲しくなってしまう。やっと友だちができて毎日が充実して。でも長続きしない。忍び寄る悲劇。大切な友を失う悲しみ。生き残った苦しみ。花をつんで丘に登って、ささやかな祈りを捧げて。けれどさそれは緑うさぎの望んだ未来じゃないよね。お墓の前に佇む緑うさぎの背中は、いつかの背中。丸くて小さくて。その背中に掌をあててわたしも一緒に佇みたい。「いちばんとしとったものがじかんならぼくをみつけてくれてもいいのに」みつけられる幸せはいずこ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“みいくいあひるのこ”

2015/08/23 09:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

見た瞬間に結末がわかってしまう“みいくいあひるのこ”物語なのですが、本質はそこにはないのでしょう?17歳の頃の彼だからあえて書く事の出来た素直なストーリー。でも残されたうさぎは何を思って生きて行くのでしょうか?17の頃の彼はそこにどんな想いを重ねたのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/24 21:19

投稿元:ブクログ

+++
直木賞作家、道尾秀介がデビュー前の17歳の冬に描いた絵本の原作を、
Mr.Childrenのプロモーションビデオ『花の匂い』『常套句』を制作し
話題を呼んだ半崎信朗が描き下ろす、これまでにない質感の感動絵本!
いじめにあった緑色のうさぎが、自らの悲惨な境遇や大切な人の死を
乗り越えて生きていく姿を美しく描く、こころ温まる物語。
+++

珍しいことに、少年時代の著者が書いた絵本を、絵の部分だけ半崎信朗氏が描いたのが本作である。微笑ましくもあり、哀しくもある物語なのだが、緑色のうさぎのその後をいろいろ思い描いてみる。緑色のうさぎがしあわせになってくれたらいいな、と思わされる一冊である。

2015/01/27 15:03

投稿元:ブクログ

一匹だけ違う色の動物の話はよくある。これはなぜ緑色なのか。わかったときの残酷さ。手に入れても失ってしまうなら、ずっと手に入らないほうが良かったのか、一瞬そう思ってしまったけれど、でもやはり、手に入れたものは、形はなくとも心に残る。だから、きっと緑のうさぎは生きていける。

2015/06/16 15:00

投稿元:ブクログ

OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000024778

2015/02/13 11:02

投稿元:ブクログ

白色のウサギ達から仲間はずれにされている、緑色をした一匹のウサギ。

緑ウサギが白ウサギ達と仲良くなっていくお話かな?と思い、読み進めていくのですが・・・。

もの悲しい気持ちにさせられる作品でした。

(市立図書館t)

2014/09/21 11:28

投稿元:ブクログ

道尾秀介既刊本コンプリート。絵本なのでサラサラっと読めるがほんわかさと残酷さが入り混じり。絵本や童話は訓示だったり道徳が入っていたりするので当然かな。道尾秀介作品の原点かもしれない。

2014/09/20 13:24

投稿元:ブクログ

最近、絵本を手掛ける作家さんが多いです。その中でも17歳の時のお話なんて、凄いです。うさぎが緑色のわけが、最後にきいてくるんですね。
図書館では、大人向けの絵本に分類されています。

2014/08/16 21:57

投稿元:ブクログ

著者が17歳の時に書いたという童話。(割とシリアスな)
著者自身が描いた絵のもよんだけど、あれはあれで味があってよかったような…。

2014/06/30 14:47

投稿元:ブクログ

プロムナードに収録されていたときから好きだったお話。最初はちょっと怖くも感じるけど、やっぱり読み返してみるとそれだけじゃない。これをまだそんなに歳がいっていないときに書いたというのだから尊敬する。

10 件中 1 件~ 10 件を表示