サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

検索結果 273 件中 1 件~ 30 件を表示

仕事がつらいときに、ぜひ。職人のことばを集めた本

お気に入り
11
閲覧数
923

自分がどんな仕事に向いているのかわからない、今の仕事は天職なのだろうか、もっと自分に合う仕事があるのではないか・・・など、働くことへの悩みは尽きないものです。そんな時は、ぜひ職人たちのエッセイを読んでみてください。長年の経験で培われた思想や哲学は、どんな仕事をする人にも悩みを乗り越えるヒントを与えてくれるはずです。

ドキドキ展開は不要!疲れたとき頭を空っぽにして読みたい日常系コミック

お気に入り
2
閲覧数
116

現実世界でつらいことや悲しいことが続くと、ハラハラドキドキとした展開のストーリーものを読むのが疲れませんか?そんなときは頭を空っぽにして読める、日常系コミックがオススメです。ほのぼのとした絵柄で癒してくれるコミックや、誰もが経験したことのある日常のひとコマを描き、クスッと笑わせてくれるコミックを集めました。

忙しい日々を過ごす現代人へ。心がホッと落ち着く穏やかな日常を描いた小説

お気に入り
30
閲覧数
2099

仕事、家事、勉強など、忙しい現代人は毎日何かに追われているものです。ここでは、そんな忙しい日々を忘れさせてくれるような穏やかな日常を描いた小説を紹介します。日々の生活のなかで触れることができる人への思いやり、さまざまな感情、思い出など、心がホッと落ち着くようなエピソードが収録された物語ばかりを揃えました。

「食べてホッとして、ついついリピートしたくなる」料理を探すための5冊

お気に入り
25
閲覧数
1629

美味しいものには目がない。これまでのエンゲル係数もきっと高い。旅行好きだから国内外の美味しいものも結構食べてきた。でもいま心と身体が求めているのは毎日食べても飽きない、手間いらずのシンプルなおかずの数々。別にこれと言ってぜいたくでもなんでもないけれど、ついつい箸が伸びてしまうレシピがのっている料理本をご紹介します。

本で旅する信州!山からの清々しい風で癒されに信州へ行きたくなる物語

お気に入り
10
閲覧数
951

のんびりとした県民性と避暑地でもある場所柄からか、信州(長野)を舞台にしている物語には、読むろ忙しくてあくせくした気持ちが少し楽になるものが多いです。美しい自然と夏でも涼しい信州を舞台にした、読後「ちょっと信州に行ってみようかな」と思ってしまうような、清々しい気持ちになれる本を紹介します。

思いっきり泣いてスッキリしませんか?涙が止まらなくなる小説

お気に入り
5
閲覧数
254

涙には副交感神経を優位にさせ、ストレス緩和に効果があると言われています。しかし泣こうと思っても、簡単に泣けるわけではありません。そこでここでは、読んでいるうちに思わず涙がこぼれてしまう本を紹介します。なんとなく心がもやもやする・・・そんなときは思いっきり泣いてスッキリしてみてはいかがでしょう。

どんな出来事もプラスに変えていける。そんな心の在り方がわかるようになる本

お気に入り
8
閲覧数
321

人生には嬉しいことだけではなく、怒りや悲しみの感情を伴う出来事もやってきます。それは誰でも同じですが、捉え方は人それぞれで、傷つき落ちこみながらも、プラスの方向へと進んでいく人たちがいます。そのためにはどのような心の在り方でいたらいいのか、自分の経験から発せられる言葉で詳しく教えてくれる本を集めました。

みんな違うからいいんだよ。道に迷った我が子をやさしく肯定できる絵本

お気に入り
2
閲覧数
62

子どもが小学生くらいになると、自分と友だちの些細な違いで悩んだり、漠然と人生について不安を感じたり、ほんの小さなことを気にとめて、心を痛めたりすることが増えてきます。そんなとき、大切な我が子にかける言葉がうまく見つからないときもあるものです。そこでここでは、悩める子どもたちをやさしく包みこんでくれる絵本を集めました。

見える世界が変われば人生も変わる!ポジティブ思考になれる本

お気に入り
9
閲覧数
457

「ネガティブなことを考えがち」「ポジティブになりたいけど、どうすればいいのかわからない」そんな悩みを持っているのは、あなただけではありません。実はちょっと考え方を変えるだけで、ポジティブに物事を捉えられるようになることもあります。ここではポジティブになるコツを教えてくれる本をピックアップしました。

事情はさまざま。ブランクを乗り越え再就職を目指す専業主婦を描いた本

お気に入り
4
閲覧数
317

結婚や出産を機に退職した専業主婦が、仕事を再開しようと奮闘する本をセレクトしました。子どもの独立や老後資金、離婚準備など働く理由はさまざま。ブランクにひるみ、家事との両立に悩む姿に共感する人も多いでしょう。仕事によって夫との関係が変わるのも興味深い点です。働くとは、専業主婦とは何かを再考できる本が揃っています。

眠れない夜に読むと、よく眠れる本

お気に入り
6
閲覧数
760

「眠れない夜」ってたまにありますよね。そんな時には、本を読むとぐっすり眠れるかも!?満足して「よく眠れる」と退屈で「眠くなる」は大きな違いです。気持ちが安定し癒し効果もある作品が1番です。本を読むのはちょっと面倒・・・という人には気楽に読める漫画や読まずに聞いているだけという「オーディオブック」もオススメです。

心の元気を取り戻す5冊

お気に入り
39
閲覧数
2212

心が強くないので(こう言うと、多くの人には嘘でしょうという目で見られ、時に笑われますが)、結構、疲れる方だと自分では思っています。さらに心身ともに疲れを引きずるようになってきたので、自分なりに元気の出る方法をずっと探しています。今回は今年読んだ本の中で、心の元気回復に役立ったなと感じた本をジャンルレスに紹介します。

アラフォー女性の気持ちを驚くほど代弁してくれる益田ミリの世界

お気に入り
9
閲覧数
722

「私、いつから友達の結婚や妊娠報告を喜べなくなっちゃったんだろう?」「子どもができて幸せなはずなのに、独身の友達が羨ましく感じるのはなぜ?」笑いあり、涙あり、共感ありの益田ミリの本を読めば、こんなことを感じるはずです。アラフォー世代の女性は特に、「私みたいな人間、私だけじゃなかった!」と思うことでしょう。

あなたの疲れた心を癒す本の処方箋

お気に入り
93
閲覧数
7202

「ちょっとしたことでイライラしてしまう」「なんだかやる気が出ない」これらは心が疲れているサインです。体の疲れは休めば取れますが、心の疲れは休んだだけではなかなか取れないもの。ストレス解消の方法は色々ありますが、なかでも本を読むことは気軽にできてオススメです。ここでは小説から自己啓発本までさまざまな心を癒す本を紹介します。

部屋を片付けて人生を変えたい!と思い立ったら片づける前に読みたい本

お気に入り
85
閲覧数
4429

忙しい毎日を送るなか、後回しにされてしまいがちな部屋の片づけ。物事がうまくいかないのは、部屋が散らかっているからではないでしょうか。一気に片づけて人生を好転させたい!と思い立ったら、やみくもに始める前に片づけの達人の極意を学んでみてください。片づけはただのモノの片づけにあらず。そこには深遠な哲学や美学が潜んでいるのです。

孤独を感じている人へ贈る。心温まるアメリカ文学

お気に入り
29
閲覧数
2979

ここで紹介する本には、孤独や喪失感に悩む人々が登場します。なので、決して楽しい話ばかりではありません。しかし、登場人物と同じような悩みをもった人が読むと、「ひとりぼっちではなかったんだ」と気づかせてくれます。そんな読者にやさしく寄り添うような、心温まるアメリカ文学を紹介します。

風水×掃除で運をつかめ!「幸運部屋」を手にするための本

お気に入り
10
閲覧数
1195

仕事やプライベートがなぜだかうまくいかない人は、もしかしたら「不幸部屋」に住んでいるのかもしれません。不幸部屋とは風水的にNGなことばかりしている部屋のことです。そこでここでは、自分の家を「幸運部屋」に変えることができる風水の本を紹介します。これらを参考にしながら掃除していけば、金運や仕事運がよくなるかもしれません。

残業続きで未来が見えない・・・本来の自分を取り戻したいときに読むべき本

お気に入り
16
閲覧数
1021

働きすぎている・・・そう感じたことはありませんか?マジメで責任感の強い人ほど「仕事だから」「自分がやらなくては」と、頑張りすぎてしまう傾向があるようです。残業が続くと、体調管理が難しくなり、モチベーションが下がる原因にもなりかねません。そんな残業続きで心の迷いを感じたときに、読んで欲しい本を紹介します。

目まぐるしい日々に疲れたら読みたい、癒しの処方本

お気に入り
37
閲覧数
8533

仕事もプライベートも充実しているけれど、予定が詰まりすぎていて何かに追われている気分・・・。なんとなく不安だけれど、何が問題なのかわからない。そんな人が、実は多いのかもしれません。そんなときは、ゆったりとした時間が流れる本を読んで、心のデトックスをしてみましょう。癒しの処方本をセレクトしました。

毎日忙しくて、お疲れモードなあなたへ。人の温かさに心が癒される小説

お気に入り
77
閲覧数
10879

毎日、仕事や家事に追われて慌ただしくて、息が詰まりそうな気持ちになっている人にオススメします。 普通の日常の何気ないことへの喜びや、人の優しさ、温かさを感じて幸せな気分になれる本です。ガチガチになっている心を溶かしましょう。

息子たちへ

お気に入り
0
閲覧数
49

本を読んで何かを学んで欲しいという5冊です。何か、というのは抽象的ですが、深い意味はありません。要するに、あいつらに読ませたいなあという本です。

「生きづらい!」と感じたら、内田樹の本を読んでみよう

お気に入り
0
閲覧数
85

共著を合わせると100冊以上の本を出しているフランス文学者・思想家の内田樹。国家論、日本人論、メディア論から、ひとりの人間としてどう生きるべきかという人生論まで、取り上げるテーマはさまざまですが、そこには著者の主張が一貫して語られています。ページをめくれば、閉塞感漂う令和時代を生きる私たちに指針を与えてくれることでしょう。

ずぼらさんでも続けられそう!気軽に心身のバランスを整えることができる本

お気に入り
0
閲覧数
39

心や身体を大切にしたいけど何をしても続かない、そもそも運動が好きではない・・・そんな人も多いでしょう。ここでは、そんな方のために短時間かつ最小限の動きで心身のバランスが取れるようになる方法を伝授している本を集めてみました。何から始めたらいいのかわからなかった人は、まずは自分に合った一冊を読むことからスタートしましょう。

私たちの言葉は、色を持つ、音を奏でる。日々に繊細な彩りをくれる本

お気に入り
0
閲覧数
29

言葉は誰かの人生を変えることもある一方、刃物であるとも言われます。大きな力を持った時に注目されがちな言葉という存在ですが、私たちは日々のなかで、どれくらい言葉に対して向き合ってきたでしょうか。日常にあふれる言葉に向き合ってみると、そこには繊細な色や音が宿っています。ここでは、言葉への感度が高まる本を紹介していきます。

会社に行きたくない人必見。なぜ、なんのために「働く」のかを見つめ直す本

お気に入り
0
閲覧数
73

仕事がおもしろくないとか、毎日が同じことの繰り返しでうんざり、という悩みを抱える人は多いかもしれません。せっかく憧れの会社に入っても、希望の部署に行けるとは限りません。生活のため、自分の成長のため、世のため人のため、理由はさまざまですが、今日も人は働きます。壁に突き当たったら、ちょっと一息、働く意味を考えてみませんか。

内気が長所に!?内向型人間が生きやすくなる本

お気に入り
1
閲覧数
84

大人しくて引っ込み思案、うまく意見を言えない、消極的だと思われてしまう、どれかが思い当たる方は内向型人間かもしれません。人は生まれもった性質で外交型か内向型か決まると言われています。3人に1人が内向型ですが、外交型優位の社会では内向型人間は誤解されがち。ここでは内向型人間が自分の性質を活かせるようになる本を紹介します。

不登校という選択をした子と親が、視野を広げるために読んでおきたい本

お気に入り
0
閲覧数
23

学校に行く意味を見いだせない・・・と、子どもがSOSを発信している時に読んでおきたい本を集めました。「不登校でも大丈夫」と背中を押してくれる応援メッセージや体験記など、親にも子にも参考になる本ばかりです。新しい友達や自分の居場所作り、将来の進路のこと、人生には学校のほかにも色んな選択肢があることを気づかせてくれるでしょう。

血の繋がりより温かい。絆で繋がる疑似家族を描いた物語

お気に入り
0
閲覧数
46

家族の絆を日頃から大切にしている、と胸を張ることができる人はどれだけいるでしょうか。家族の存在はあまりに身近で、愛情の表現を怠ってしまうこともあるかもしれません。ここでは普通の家族とは異なる事情を抱えた、擬似家族を描いた本を選びました。血が繋がっていないからこそより一層家族であろうとする彼らの絆は、胸を打つものがあります。

南の島を読む。

お気に入り
3
閲覧数
321

南の島には、幻の楽園を夢見るような気持ちと、懐かしいような気持ちと、両方がかき立てられるような魅力があります。孤立しているようでいて、ゆるやかに世界につながっている。隔絶されているからこそ、果てしなく奥へと入っていくことができる。奥深い自然と文化をとらえ、波の音と熱い潮風を感じさせてくれるような本を紹介します。

愛とか、性とか。自由に生きる。

お気に入り
2
閲覧数
398

今の日本ではLGBTという言葉が認知され、多少なりとも生きやすい世の中になったかもしれませんが、未だ根強い偏見があります。そんな中、この本たちが少しでもに晒されている人たちの心へと救いを、偏見を向けている人たちの心へと自省と変革を、もたらすことを願ってやみません。【選者:小澤理桜(こざわりお):運営局】

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。