サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「明日をちょっと楽しく生きる本」ポイント5倍キャンペーン ~2/14

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

検索結果 130 件中 1 件~ 30 件を表示

不思議な世界に迷い込む物語~近代文学編~

お気に入り
19
閲覧数
1017

明治から昭和に書かれた近代文学には、不思議な世界を描き出した名作が多く残されています。私たちの日常とは異なる世界、現代を生きる私たちには想像もつかないような世界。少し怖い、だけど、覗き見たくなる世界を、文章で楽しんでみませんか?現代ほど自由ではなく、便利でもなかった時代。だからこその深みや不思議さがあります。

認めたのは3体だけ!?トールキンが愛したドラゴンが登場する本

お気に入り
15
閲覧数
312

ファンタジーの大家J.R.R.トールキン。その彼が本物と認めたドラゴンは、『ベーオウルフ』、『ヴォルスンガ・サガ』、そして『北欧神話』に登場する3体だけでした。ドラゴンとは人間の壮大な想像力によって生み出された、彼らが守る黄金よりも価値があるものだと述べたトールキン。彼が影響を受けた作品と、彼自身が描いた作品の両方を紹介します。

「世界」の捉え方が見えてくる?ゾンビが登場するさまざまなジャンルの本

お気に入り
1
閲覧数
9

映画、ドラマ、アニメやハロウィンの仮装に「ゾンビ」という存在は私たちに認知、浸透したと言えるでしょう。だけど、ゾンビを楽しめるのは映像作品だけではありません。ミステリーにホラーにSFとさまざまなゾンビ本を集めました。ゾンビの立ち位置や人類との関わりなど、著者による世界構築の違いを楽しんでください。

二つのジャンルが掛け合わさったら!?「和風ファンタジー×ミステリー」小説

お気に入り
22
閲覧数
1777

どこか昔の日本に似ている雰囲気だけど、現実にはありえないモノが存在する世界。そんな和風なファンタジー世界を描いた小説では魔法、妖怪などが出てきて、冒険物語になることが多いものです。だけどここでは、「和風ファンタジー×ミステリー」というちょっと変わった小説を紹介します。どちらかのジャンルが好きな方はハマってしまうはずです。

わかりやすく読みやすくておもしろい!3拍子揃った2010年代の傑作海外SF

お気に入り
8
閲覧数
296

SFの魅力の一つは、想像したこともないような別世界へ連れて行ってくれること。海外作品でも、翻訳が上手で難しい言葉がそれほど使われていなければ、描かれる虚構世界への没入感が高まり、その作品世界をより楽しむことができます。2010年代に本国で出版されて日本で翻訳されたSF小説の傑作を紹介します。

「出してくれー!」と叫びたくなる。迷宮や穴の底に閉じ込められる不条理小説

お気に入り
12
閲覧数
551

ついさっきまでは平穏な当たり前の日常世界にいたのに、突然、奇妙で息苦しい場所に迷い込んでしまった。逃れようと、もがけばもがくほど、出口は遠くなる。そんな悪夢のような閉塞的な体験を描いた物語を紹介します。いずれも現実にはあり得ない不条理を描いているにもかかわらず、ひりひりするような焦燥感が伝わってくるでしょう。

現代に創られた架空のSF系神話!クトゥルフ神話の宇宙的恐怖に触れる本

お気に入り
5
閲覧数
375

宇宙には未知の生き物が存在する・・・という話が好きな人は、H・P・ラヴクラフトという作家が1930年頃に創り出した「クトゥルフ神話」の世界に触れてみてください。それは有史以前に地球を支配した「古のもの」と呼ばれる異星人と、クトゥルーを始めとする襲撃者との戦いの神話です。未知の存在に翻弄される人類の恐怖を感じることでしょう。

一度読んだら抜け出せない世界観のファンタジー

お気に入り
73
閲覧数
2830

架空の世界や設定で描かれるファンタジーは、ちょっとした非日常を楽しむのにぴったりです。その中でも、特に作品全体を包む世界観が魅力的で、忘れられないものを選びました。現実を忘れて物語にどっぷりと浸かる時間はいかがでしょうか。【選者:安達絵美(あだちえみ):運営局】 

デスゲームは突然やってくる!?理不尽な戦いを強いられるサスペンスコミック

お気に入り
6
閲覧数
613

理不尽な理由でいきなり巻き込まれる「デスゲーム」を描いたコミックは、基本的に荒唐無稽で現実離れしたストーリーのものばかりです。でも、そんな物語にリアリティーを感じてしまうのは、登場人物たちの「死にたくない!」という気持ちが読者に強く流れ込んでくるから。生死を懸けたバトルに思わず夢中になってしまう、そんなコミックを紹介します。

レトロでモダンな世界観!スチームパンクのカッコよさに魅了されるコミック

お気に入り
22
閲覧数
1508

スチームパンクはSFのサブジャンルの一つ。19世紀後半から20世紀前半を舞台に、蒸気機関や初期の電気・ガス技術が現実世界とは異なる発達を遂げたファンタジックな世界観のSFです。レトロでアンティークな街並みやファッションに、高度な機械産業という組み合わせの、スチームパンクの魅力を堪能できるコミックを集めました。

どこか憎めない、癒し系の妖怪が活躍する「全然怖くない」妖怪小説

お気に入り
38
閲覧数
3430

妖怪、あやかし、モノノケ・・・日本には、古くから人間以外のモノが暮らしていると考えられてきました。実際に見ることはできないからこそ、妖怪が活躍する小説は多くの人の心をとらえます。そんな妖怪が登場する小説のなかでも、「全然怖くない」ストーリーを集めてみました。どこか憎めない、癒し系の妖怪たちとの、ひとときをどうぞ。

ラテンアメリカの幻想文学、「マジックリアリズム」が用いられた小説

お気に入り
73
閲覧数
9384

一般的なファンタジー小説とは一線を画す「マジックリアリズム」をご存じですか?ラテンアメリカの文学で隆盛をきわめたその技法は、ただ怪奇を描くだけでなく、それがその世界での常識として表現されることで、よりいっそう数奇な味わいを感じることができます。さあ、新しい不思議の扉を叩いて、異常な日常をご堪能ください。

これは本当にあるかも・・・!?怪異の描写が迫真でゾクゾクするホラー小説

お気に入り
0
閲覧数
46

怪異が身近なこととして詳細に描かれているホラー小説は、それが我が身に起こりそうに思えると怖さが倍増するものです。目に見えない現象が科学的に明かされたり、説明ができる事象だったはずなのに、科学的に絶対証明できない怪異が起こってしまったら?そんなリアリティあふれる恐怖が忍び寄る、傑作ホラー小説を紹介します。

物語の中で語られる物語に魅了される!現実とファンタジーの世界が交差する本

お気に入り
1
閲覧数
16

本の中でさらにもう一つ別の物語が語られる。その仕掛けを劇中劇と呼びますが、登場人物の1人が物語を語ったり、あるいは登場人物が物語の世界へと入り込んだりと、その手法はさまざま。自分がいる現実と本の世界の現実、今読んでいる物語と本の中で語られる物語という入れ子状の世界を巡って一味違った読書体験をしてみませんか?

突然の非日常!?重大な使命を与えられて異世界へ飛び込むコミック

お気に入り
0
閲覧数
67

平凡に過ごしていた日常から一転、突然訪れた異世界という非日常。右も左もわからない世界で、重大な使命を与えられた少年少女たちが過ごすのはどのような日々なのか・・・。そんな人間以外の不思議な生物や魔法が存在するファンタジーの世界で、ときに危険な目に遭いながらも強く生きる主人公の姿を描いたコミックを集めました。

どこかに存在しているのかも・・・と思わせられる架空の世界を描いた本

お気に入り
0
閲覧数
176

現実には存在しない架空の世界設定なのに、読んでいるとまるで本当に存在している気にさせられる物語があります。派手な魔法は出てこない、しみじみとした非日常。ひょっとしたら現実世界のどこかに彼らが本当にいるのかもしれない、そんな存在感のある不思議な本をピックアップしました。

フィクションから今の、これからの世界を考える。未来を舞台にした小説

お気に入り
0
閲覧数
81

100年後、200年後の日本や世界の姿を想像したことはあるでしょうか?科学技術が著しく発達した先には、誰にも予想し得なかった未来が待っているかもしれません。ここでは、そんな未来の世界を舞台にした小説をピックアップしました。豊かな想像力を持つ作家が描く未来には、今の世界が抱える問題や私たちのこれからを知るヒントが隠されています。

親子で心地よく笑えます!古典の雅な世界と落語の痛快な気分を味わえる絵本

お気に入り
1
閲覧数
134

古典芸能って難しそう・・・ということで、これまで避けてきた方も多いことでしょう。ここでは構えずに読めて解りやすく、おもしろい絵本を紹介します。騙しているつもりが相手の方が一枚上手で騙されている、という落語もあれば、人情味あふれる大岡越前の名さばきもあったりして、前知識なしでも心地よく笑えるはずです。

怖いけど見たい、読みたい。その気持ちはどこからくるのかを探る本

お気に入り
4
閲覧数
186

奇妙な写真やおどろおどろしい絵、幽霊が出ると噂の場所や都市伝説など、世の中には怖いものがたくさんあります。怖いもの見たさという言葉がある通り、怖いものには人を惹きつける何かがあるものです。その何かの正体とは?そして、人はなぜ怖さを感じるのか?心の裏側にある恐怖の源を探る本を集めました。

これは御伽話?それとも現実?独立する小さな国家の物語

お気に入り
3
閲覧数
140

国家を成り立たせるために必要なものはなんなのでしょう。領土、国民、国をまとめる政府、それから自給自足ができなければ、輸出できるだけの産業も必要です。では、それだけあればすぐに国家をつくることができるでしょうか?意外にも国家の前提が危ういことを浮き彫りにする、架空の小国家建国の物語を紹介します。

エログロナンセンス、鬼畜系、悪趣味系、頽廃美・・・衝撃の反良識文学

お気に入り
11
閲覧数
599

醜悪で汚らしく、猥褻で退廃的、残酷で倒錯的という、反良識、反社会の文学や芸術は、世の中の激しい反発や弾圧に遭いながらも一定数の読者を獲得し、連綿と読まれ続けてきました。それらの作品は悪趣味だと思いながらも、なぜか強く惹かれるものです。おぞましいけれども否定しようもなく、人の心の中にある歪みと狂気をこっそり確かめてみましょう。

変身願望が叶えられるかも?人格が入れ替わる「入れ替わりもの」の傑作小説

お気に入り
0
閲覧数
364

自分の人生に大きな不満を感じた時や壁にぶち当たった時、「他者になれたらどんなにいいだろう」と思ったことがある人は多いことでしょう。だけど、自分の人格を持ったまま別人になることは、現実問題としてなかなか難しいものです。そこで「入れ替わりもの」の傑作小説を読んで、ファンタジックな世界を疑似体感してみましょう。

クラシカルな恋にどっぷり浸かりたい!重厚な色気が魅力の時代物BLコミック

お気に入り
16
閲覧数
1876

明治・大正・昭和初期など、現代ではない時代を舞台にしたBLコミックは、その時代ならではの背景がストーリーに盛り込まれています。子爵、華族などの華やかな世界や、戦後、江戸文化など、その時代に生きた男性同士の恋を描いたBLはクラシックな魅力にあふれ、現代の恋とは違った視点で読めるものばかりです。

今やオリンピック種目の候補にも!ゲームの世界へ入り込める物語

お気に入り
1
閲覧数
163

社会現象になった「スペースインベーダー」が発表されてから40年以上が過ぎ、ゲームは今や「e-sports」として高額賞金の大会が催され、オリンピック種目の候補にもなる文化に成長しました。ここで紹介する物語に通底するのはゲームへの愛。夢物語であった世界が現実のものになりつつある、と実感できる本ばかりです。

ページをめくればたちまち異世界へ!引き込まれるほど壮大な世界観の物語

お気に入り
3
閲覧数
429

まるで登った山の頂上で見えた景色に言葉を失う感覚のように、めくったページに現れる途方もなく壮大な景色、読むほどに明かされる世界の真実。引き込まれふと我に返ると、自分がいかにちっぽけな存在かを思い知らされます。世界とは、自分とは、普通とは。ここで紹介するコミックの奥深さに触れて、世界の再定義をしてみてはいかがでしょう。

ブッ飛んだ世界観に誰もが驚かされる!筒井康隆の本領が発揮された短編集

お気に入り
1
閲覧数
217

日本が誇るSF作家・筒井康隆は、アニメ映画化されている『時をかける少女』『パプリカ』や、2015年に異例の大増刷となった『旅のラゴス』などの長編小説で知られています。しかし、彼はもともとパロディやスラップスティックな笑いを得意とし、それは実験・前衛色の強い短編小説で最も生かされています。そんな筒井康隆の短編集をセレクトしました。

特別な力は人を幸せにするのか?異能力を持つ者たちの日常と葛藤の物語

お気に入り
4
閲覧数
377

「もしも自分に特別な力が備わったら・・・」と子どもの時に考えたことがある方もいるでしょう。例えば空を飛んだり、傷や病気の治療をしたりできたらと想像するだけで楽しいものです。しかし、実際に他の人と違う力を持つ人々はどのようなことを考えて日々を送るのでしょうか?異能力を持つ人々の生活と悩みが描かれた本を紹介します。

電車ひと駅で近未来にタイムスリップ!星新一のショートショート

お気に入り
3
閲覧数
198

400字詰め原稿用紙10枚程度のショートショートを1000編以上も発表し「ショートショートの神様」と称され、今なお幅広い世代に読まれている作家・星新一(1926-1997)。執筆当時に流行していた風俗や固有名詞が登場しない彼の物語は古びることがなく、どこか「近未来」感にあふれています。通勤のほんのひと時、心地よい時空を超えた旅に誘われます。

怖くて不思議で美しい!?日本幻想文学の源流

お気に入り
9
閲覧数
418

日本独特の幻想の情緒は昔話にすでに現われています。たとえば「竹取物語」の、あるいは「雪女」の、はたまた「鶴女房」の、悲しくも美しい結末はどうでしょう。単純な悲劇とは言えない、人智を超えた世界へ去り行く者たちが放つ妖しいばかりの艶やかさ。連綿と続く日本独特の幻想の美を、近代文学として花開かせた傑作の数々を紹介します。

相棒は人間以外!?少し遠くに行きたくなる旅の物語

お気に入り
11
閲覧数
1155

友人、家族、恋人・・・あなたの旅の相棒は誰ですか?誰かと行く旅は、その楽しさもまた格別です。しかしたまには、人間以外の相棒と一緒に旅に出てみてはいかがでしょう。あなたの旅のお供にしたくなる、ちょっと変わった「1人と相棒」の旅の物語を紹介します。読んでいるうちに、きっと少し遠くに出かけてみたくなるはずです。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。