サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

目次

電子書籍

すらすら読める方丈記(講談社文庫)

すらすら読める方丈記

  • 中野孝次 (著)
    序──愁へ無きを楽しみとす

    方丈記

    一──ゆく河の流れは絶えずして──ゆく河と人生と住居と
    二──玉敷の都のうちに、棟を並べ──人間の生の姿
    三──知らず、生れ死ぬる人──人間存在の根源への問い


    四──予、ものの心を知れりしより──打ちつづいた天変地異と事件
    五──去安元三年四月廿八日かとよ──安元の大火
    六──火元は、樋口冨の小路とかや──猛火が京の都をおそう
    七──人のいとなみ、皆愚なる中に──人間の営為の愚かさ
    八──また、治承四年卯月のころ──治承の辻風
    九──三四町を吹きまくる間に籠れる家ども──実地体験の正直な記録
    一〇─辻風はつねに吹くものなれど──凶事の前ぶれか
    一一─また、治承四年水無月のころ──福原への遷都
    一二─されど、とかく言ふかひなくて──平安京の荒廃
    一三─その時、おのづから事の便りありて──新都はいまだ成らず
    一四─伝へ聞く、いにしへの賢き御世には──そのかみの治世との落差
    一五─また、養和のころとか──養和の飢饉
    一六─これによりて、国国の民──困窮する民衆
    一七─前の年、かくのごとく、からうじて暮れぬ──すさまじい実景報告
    ほか