サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 2,089件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2012/12/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-275857-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

十角館の殺人〈新装改訂版〉

著者 綾辻行人

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステ...

もっと見る

十角館の殺人〈新装改訂版〉

税込 946 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.7MB
Android EPUB 3.7MB
Win EPUB 3.7MB
Mac EPUB 3.7MB

十角館の殺人 新装改訂版 (講談社文庫)

税込 946 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! 1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫)

目次

  • プロローグ
  • 第一章 一日目・島
  • 第二章 一日目・本土
  • 第三章 二日目・島
  • 第四章 二日目・本土
  • 第五章 三日目・島
  • 第六章 三日目・本土
  • 第七章 四日目・島
  • 第八章 四日目・本土
  • 第九章 五日目

掲載中の特集

ミステリー 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2,089件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

衝撃!

2015/12/13 17:29

13人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴァン - この投稿者のレビュー一覧を見る

綾辻行人氏衝撃のデビュー作にして代表作。
館シリーズ1作目で、ミステリ界に新たな風を吹き込んだ。
しばしばミステリ初心者に対しておすすめされているのを見かけるが
個人的にはそれはおすすめできない。
なぜならあまりに衝撃的すぎて、以後いかなる作品を読んでも
そのとき以上の衝撃がなかなか味わえないからである。
ミステリは麻薬のようなもので、より刺激の強い作品を求めてしまう。
他の作品でミステリ慣れした後読めば、心地よい満足感と衝撃が得られるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーに興味を持ったきっかけの本

2017/04/01 00:43

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鳥肌もので、圧巻です。この本を読んでミステリーにはまりました。でもこれ以上の物にはまだ会えていません。もうこの驚きが味わえないのが本当に残念です。まだ読んでない人にはぜひ取っておいてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

皆様に膝を打って驚く経験をしてもらいたい。

2013/09/09 23:33

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

未だに覚えている、解答編のページのある一文を読んだときに、今までのシーンがつながっていく感動を。フェアに提示されたヒントに最初から気づいていたら、作中人物を救えたのではないかという焦燥感など、新本格のすごさを初めて味わった作品。残念ながらその後もそんなに感動はなかった。故にこの作品の感動をまだ味わっていない人はある意味幸運である。この感動をこれから経験できることにうらやましさすら感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「そしてだれもいなくなった」のオマージュ

2018/12/16 15:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『十角館の殺人』は文藝春秋の東西ミステリーベスト100(2012)の第8位にランクインしている日本の本格ミステリーの一つで、アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』をなぞった、無人島に集まった男女が外界との連絡手段がないまま次々に殺されていく話です。もちろん動機や使われたトリックも違いますし、犯人が死なないという点も違います。

舞台となるのは角島と呼ばれる個人所有だった小さな島で、そこでは半年前に所有者中村青司とその妻および使用人夫婦が青屋敷と呼ばれる本館で殺害された上焼死体となって発見された曰く付きの場所。この四重殺人の犯人はその事件以来行方不明となっている庭師と推測されているものの腑に落ちない謎が多く残っている状況です。その島には建築家であった中村青司が自ら建てた十角館と呼ばれる別館が残っており、その物件を不動産業者が買い取り、その甥が大学のミステリー研究会のメンバーに島を訪れることを提案します。こうして5人の男と2人の女が角島へ集まって1週間滞在することになります。彼らは本名ではなく海外のミステリー作家の名前を渾名として呼び合っており、それ自体が犯人を読者から隠すトリックとなっています。

角島に行ったミステリー研究会のメンバーとは別に、元メンバーである江南孝明(かわみなみたかあき)のもとに「お前たちが殺した千織は、私の娘だった」というワープロ打ちの手紙が死んだはずの「中村青司」から届きます。ちょうど春休みで暇を持て余していた彼はこの手紙の謎を追及する過程でこの館シリーズの探偵(?)島田潔と知り合い、共に半年前の事件の解明に向かいます。

ストーリーは島の状況と本土での調査状況が交互に語られながら進行していきます。次々に殺害されていく様子は『そして誰もいなくなった』に似ているところがかなりありますが、磁器の人形が壊される代わりに「第一犠牲者」「第二犠牲者」「第三犠牲者」と書かれたプレートが犠牲者の部屋のドアに貼られて行きます。これらのプレートは島に上陸した翌朝に十角館の中央ホールに並べられます。「犠牲者」のプレートは5人分で、後は「探偵」と「殺人犯人」と書かれたプレート。それが本当に殺人予告なのかミステリーファンならではのただのいたずらなのか議論になりますが、残念ながら本物の殺人予告であったことが翌朝に明らかになります。

犯人の独白が最後にあり、一見裁きを逃れたかに見えるのですが、最後の最後で「審判」が来るところが物語として引き締まった終わり方で素晴らしいと思いました。探偵の島田が「犯人を突き止めた」と明言せずに暗示に留めているところもすっきりしていい印象を受けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

スリル満点

2017/09/07 23:24

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おーき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとした探検気分でやってきた孤島で、連続殺人が起きる。島の内と外で事件の真相に迫る展開にハラハラしました。そして、予想外の犯人にアッと驚く素晴らしい一冊でした。登場人物が持つ、有名な海外のミステリ作家のニックネームも、ミステリファンにはグッときました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

約15年ぶりに再読

2017/02/24 22:30

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年が綾辻先生デビュー30周年及び新本格誕生30年というお祝いの年なので、約15年ぶりに再読しました。再読といえども、新装改訂版で読むのは初めてでした。

未読の方は、絶対新装改訂版で読むべきですね。

「あの一行」がめくった瞬間に目に入って、衝撃度が断然強い!!
しかも、紙の本でも電子版でも、めくった瞬間に目に飛び込んでくる構図になっていて素晴らしい!

そのため、初めての方もリピーターさんも、ぜひ新装改訂版を読んでほしいです。紙でも電子でもいいから!
だから、新装改訂版買ってね!!(笑)
もし、買わないで誰かから借りるにしても、(本屋さんのレビューで書いてすみません・・。)新装改訂版を借りることをお勧めします!

読者を驚かせることを徹底的に計算しつくした本書を読んで、メモリアルイヤーをお祝いしましょう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新装改訂版で是非!

2021/05/03 22:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリー好きの知人におすすめの小説を聞いたところ、「十角館の殺人、まだ読んでいないなら新装改訂版で是非読んでみてほしい!新装改訂版が初読できるのはうらやましい!」と。
意図が分からずも手に取り、読み進めてあの一行にたどり着き彼の言いたいことが分かったときにはスカッとしました。
見事な叙述トリックですね。
テンポの良い文章で読みやすく、私も友人にすすめる一冊となりました。
もちろん「新装改訂版」で!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズ1作目

2020/10/08 11:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gunners - この投稿者のレビュー一覧を見る

綾辻行人さんの館シリーズ第一作目にして最高傑作です。結末にはアッと驚くこと間違いなしです、館シリーズは順番に読まなくても楽しめますが十角館の殺人が一番面白いのでこの作品からぜひ読んでみてください

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

圧巻

2020/04/24 16:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページをめくる手が止まりませんでした。途中からえ?え?え!?と思いながら読んで見事徹夜しました。ミステリには興味あったものの本には中々手が出せず思い切って読んでみたこの作品で、推理小説最高!映像化なんぞ待ってられるか!推理小説じゃんじゃん読もう!と思わせてくれた作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久しぶりに

2024/03/03 05:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆかの - この投稿者のレビュー一覧を見る

自宅本棚にあるので、二十年ほど前に一度読んでいるはずの作品。実は館シリーズも奇面館の前までは読んでいるのに、ほぼ全く記憶にないのです、記憶力の無さが悲しい。
久しぶりに読みたいな、でもバラバラに収納しているから探すの大変だなと思っていたら親戚から頂けることになったので再読。

まず読みやすい、そして本当に面白い。
犯人は誰だとわくわくしながら読み進める楽しみ、わかった後での脳が働く感じも最高です。
あの一行、言いたくなりますね(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさか

2024/03/02 03:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「たった一行で全てがひっくり返る」
この言葉に惹かれ読み始め、最初は「言い過ぎだろ〜」と思っていたけれど、まさかの展開思いもしていなかった人が犯人でした笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新本格の立役者

2024/01/15 20:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

綾辻行人さんのデビュー作にして館シリーズ一作目。知名度にふさわしい驚きを受けるトリックだった。ミステリの入門としても良い。まだ読んでない人が羨ましい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初クローズドサークル

2023/10/22 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平井 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーの中でもクローズドサークルの作品は読んだことがなく、これが初めてでした。
推理が二箇所で並行して進んでいくのは読んでいて面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

叙述トリックだと知っていても面白い

2023/10/17 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブラウン - この投稿者のレビュー一覧を見る

叙述トリックものは叙述トリックを売りにすると、途端に面白さが抜けるという話を耳にしたことがある。叙述トリックの代表格として名高い本作、一度くらい読んでおきたいと期待半分で手に取ったが、とてつもなく面白い。息をつかせない展開、登場人物の心情、描写の違和感を探る内に、物語の妙に絡めとられて、どっぷり漬かった読書体験を得られることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

王道!

2023/08/23 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マンゴスチン - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさに王道ミステリ。読みやすい。
罪の意識に耐えられなくなった犯人が審判を受けて最後に行う独白の方法が、オシャレだし伏線にもなっていて最高でした。終わり方も私好み。終盤のある一行のせいで数秒時が止まったのも最高。これこそミステリの醍醐味です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。