サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

目次

電子書籍

和歌のルール

和歌のルール

  • 渡部泰明/ 和歌文学会
    ●はじめに
    ルールさえ知っていれば、和歌は、今よりずっと楽しめる
    ▼渡部泰明

     和歌はシンプル
     和歌は人の心を表す
     和歌にはルールがある
     どうしてルールがあるのか
     基本ルールは修辞
     和歌はプレゼント

    第1章●枕詞[まくらことば]
    ―それは古風な約束事の言葉、訳せないけれど、意味がないわけではない。
    ▼中嶋真也

     枕詞の力
     「しろたへの」と白
     「ちはやぶる」と神
     「ひさかたの」と天
     枕詞と古代

    第2章●序詞[じょことば]
    ―一見関係なさそうな事柄なのに、人の心に形を与え、わかった気持ちにさせてくれる。
    ▼大浦誠士

     恋と序詞
     “乗り換え”の形式
     心の“かたち”
     サブリミナル効果
     心の理解に正解なし
     心が伝わった!?

    第3章●見立て[みたて]
    ―風景をありえないものに一変させる、言葉の力。
    ▼鈴木宏子

     見立ての定義
     本当は似ていない?
     見立ての歴史
     自然と自然の見立て
     自然と人事の見立て
     紀貫之の手腕

    第4章●掛詞[かけことば]
    ―自然と人間を二重化した、意外性の世界。
    ▼小林一彦

     たくさんの思いを伝える工夫
     掛詞の二つのタイプ
    ほか

短歌・和歌 ランキング

短歌・和歌のランキングをご紹介します一覧を見る