サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

目次

電子書籍

王朝和歌研究の方法

王朝和歌研究の方法

  • 近藤みゆき
    第I部●王朝和歌研究の方法

    第1章 総論 王朝和歌研究の方法
    付節 和歌とジェンダー―ジェンダーからみた和歌の「ことば」の表象―
    1 ジェンダー批評と和歌研究―一九九〇年代の動向
    2 歌の「ことば」の男性性・女性性
    3 「恋する」「かれゆく」「言はましものを」
    4 新たな読みを拓く

    第II部●初期定数歌論―N-gram分析から見た古典和歌

    第2章 古今風の継承と革新―初期定数歌論―
    1 はじめに―革新の温床としての初期定数歌
    2 詠歌方法としての「返し」―定数歌の骨格をなすもの
    3 「順百首」の位置―「返し」の手法の確立と「韻律」の形成
    4 「好忠百首」「順百首」から「重之百首」へ
    5 「重之百首」の目指したもの―遊技技巧歌の世界と古今的美意識の融合
    6 ふたたび好忠へ―新表現誕生の背景
    7 おわりに―形式・方法と表現
    第3章 曾禰好忠「三百六十首歌」試論―反古今的詠歌主体の創出―
    1 はじめに
    2 競作としての初期定数歌
    3 「三百六十首歌」の独自表現―「重之百首」から「三百六十首歌」へ
    4 「三百六十首歌」の時間表現を一覧する
    5 「いそぐ」世界―反古今的時間の形成
    6 男絵の世界としての「三百六十首歌」
    第4章 『恵慶百首』論―N-gram分析によって見た「返し」の特徴と成立時期の推定―
    1 「恵慶百首」の成立をめぐる諸説
    2 「恵慶百首」は四定数歌と共通する語句・語形を何組有するか
    3 「恵慶百首」における先行定数歌の受容と作歌方法
    4 「恵慶百首」遊技技巧歌部における複数句取りと四定数歌との前後関係
    5 「遠目」の「山桜」
    6 「恵慶百首」の成立時期試論
    第5章 相模集所載「走湯権現奉納百首」論―誰が「権現返歌百首」を詠じたか―
    1 はじめに
    2 寺社奉納詠としての「初度百首」―奉納の幣に和歌を書き付けるということ
    3 「権現返歌百首」作者の定説への疑問
    4 「権現返歌百首」に見る「藤原定頼らしさ」
    5 女流歌人にとって書き記すに足るもの

    第III部●源氏物語論―言語と和歌史の観点から

    第6章 男と女の「ことば」の行方―ジェンダーから見た『源氏物語』の和歌―
    1 勅撰和歌集の「ことば」と物語の「ことば」
    2 源氏和歌の男・女を『古今集』の「ことば」で検証する
    3 女性の「ことば」がゆらぐ時
    4 閉塞する薫―中心としての男性性を失う続編世界
    5 浮舟の歌の「ことば」―「知る」を中心に
    6 規範からの解放
    第7章 『源氏物語』の「ことば」/浮舟の「ことば」―「飽く・飽かず」論―
    1 問題の所在
    2 「飽く」の意味/語形/『源氏物語』での用例数
    3 『源氏物語』における「飽かずを核とする語形」を一覧する
    4 妻としての序列
    5 「飽かずを核とする語形」の有する規範性
    6 柏木・薫・匂宮―女に執着する男たち
    7 光源氏―女性・政治への執着から自己を省みる「ことば」へ
    【付】 藤壺と紫の上
    8 浮舟の「飽きにたる心地す」と「飽かざりし匂ひ」
    8―1 「飽きにたる」―「憂き世」との訣別の「ことば」
    8―2 「飽かざりし」―死者を回想する「ことば」
    第8章 紅梅の庭園史―手習巻「ねやのつま近き紅梅」の背景―
    1 はじめに
    2 兼輔邸の紅梅
    3 内裏の紅梅
    4 邸宅の紅梅
    5 紫式部と紅梅

    ほか