サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

香水物語(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件

電子書籍

香水物語

著者 森 瑤子

深く傷ついている時でさえ、そこにほんのささやかな物が登場しただけで、女は生き返ることができる――。プロポーズの言葉とともに贈られたダイヤモンド。デビュタントの日にはじめて身に付けた真珠。遠く離れた恋人と同じ香りにつつまれ眠った夜。匂いや輝きで、あるいはその名前の響きで記憶に残る香水や宝石をモティーフに、大人の女性の輝きと悲しみを鮮やかに映し出した贅沢な恋愛小品集。

香水物語

税込 484 4pt

香水物語

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.9MB 無制限
Android EPUB 3.9MB 無制限
Win EPUB 3.9MB 無制限
Mac EPUB 3.9MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本香水物語

2005/01/28 15:58

小道具のインパクト

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hiris - この投稿者のレビュー一覧を見る

 森瑶子は短編小説の中に、様々な小道具を散りばめる。
 『香水物語』は、表題の通り、香水をモチーフにした短編小説集。香りが人に与えるインパクトが様々な形で描かれる。
 旅先で出会ったミステリアスな女性が、一度会ったことのある女性と同一人物であることを香りによって気付いたり。
 恋人の浮気を、部屋にさりげなく置かれた香水瓶によって知ったり。
 恋愛の諸相に、香りが印象的に組み込まれている。
 それが単なる「香り「香水」ではなく、具体的なブランド名・商品名が示されることで、一層物語が鮮やかに浮かび上がる。
 こうした小道具の用い方の巧さは、森瑶子ならでは、と思う。
 『香水物語』が出版されて年月が過ぎ、今では発売されていない商品もあるのが、惜しまれてならない(エスティー・ローダーのホワイトリネンは廃盤になっている模様)。
 読んだら、ここで用いられている香水が実際にどんな香りなのか、気になるはず。香りを体験したら、読む楽しみが倍増することは間違いない。

 個人的に気に入っているのは、三角関係・四角関係を描いたもの。
 キャロン「フルール・ド・ドカイユ」、ギ・ラロッシュ「フィジー」、イヴ・サンローラン「オピウム」。
 どれも、香水が言葉以上に雄弁に秘密を語る。嫉妬や妄想を掻き立てる。
 恋人もしくは妻・夫を見つめる視線と、香水の香りが交錯し合って、言葉にならない言葉が行き交うような場面が印象的だった。

 森瑶子は、この『香水物語』を書くにあたって、全ての香水を自分で付けてみたという。
 用いられている香水は、この小説が書かれた当時、話題になったり流行していたものであろう。
 もしも今、森瑶子が生きていたなら、どの銘柄を用いて書くのだろう。そんな空想をしたくなる。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。