サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

漆黒の王子(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

漆黒の王子

著者 初野 晴

歓楽街の下にあるという暗渠(石造りの下水道跡)。そこには、〈王子〉〈時計師〉〈ブラシ職人〉〈楽器職人〉〈画家〉〈墓堀り〉〈坑夫〉と中世オランダの職業名を持つ七人の浮浪者が住み着いていた。ある日、怪我をした〈わたし〉は〈王子〉に助けられ、彼らの世界へと連れて来られたが――。眠ったまま死に至る奇妙な連続殺人事件。ふたつの世界で謎が交錯する超本格ミステリ!! 横溝正史ミステリ大賞受賞後の第一作。

50%OFF

【期間限定価格】漆黒の王子

10/17まで通常924

税込 462 4pt

【期間限定価格】漆黒の王子

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.8MB 無制限
Android EPUB 4.8MB 無制限
Win EPUB 4.8MB 無制限
Mac EPUB 4.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本漆黒の王子

2007/07/27 02:04

漆黒の闇から見る光

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

規模から言えばココに描かれる舞台は狭く小さな出来事ではあるのだ。
ある地域のよくある不法投棄問題と「副産物」の不正利用、その後始末を背負わされた弱者・被害者達の恨みと憎しみに溢れた復讐劇。こんな簡単なコトバで済んでしまう。しかしここには本当に語りきれないほどのモノが詰まっている。そして私に、人間に、重要な世界の成り立ちを認識させる。
今日連日のようにニュースで流れる暴力、イジメ、不法投棄処理…今だけでない人間の社会はいつだって弱者と強者から成り立っていて、この世界は絶対多数決の常識に縛られ、そこに住む私達はその法則に裁かれている。
そうして人間社会だけで一つの独立した世界を確立し一見均衡を保っているかのように見えるこの人間の世界。生物の食物連鎖から外れているゆういつの動物だ、というのはよく聞く話だ。しかしこの本文に訴えられている悲しみは食物連鎖からの逸脱ではない、「生命連鎖」が断ち切られた痛みであり悲しみである。
天敵のいない人間が、同じ人間だけが脅威となる共食い社会で強者が弱者を押しのけるようにのさばっているこの人間界で、ただ二人だけが生命連鎖の中に入り人間の天敵になろうとした男が「上の世界=地上」にいた。
かつて上の世界で強者に虐げられ後始末に利用され、街下の粗悪な暗渠に押し込められた「下の世界」の住人達。狂人のような彼ら7人は中世オランダの職業名と贖罪と償えぬ過去を背負い、なぜかこの暗渠に甘んじている。 ふと記憶をなくした<彼女>がこの下の世界に現れ、与えられた名『ガネーシャ』が次第に上と下の世界とがリンクしていく鍵となる。
地上のヤクザ二人と、彼らに「永遠の眠りか死か」と制裁を加え続ける謎の人物「ガネーシャ」との戦いは組同士の抗争やマフィアにまで広がり、原点は過去へ内心へと遡る。

根底にあるのは、地上で「生命連鎖」の輪から外れた唯一絶対の生物=人間が、何の脅威も天敵も無く、その世界で差別や虐待を生産し続けているという現状事実。その弱者の憎しみ悲しみを上の「漆黒の王子」と下の「ガネーシャ」にオーバーラップし、彼らが人間の、強者の『脅威(天敵)』となる二重構図は見事だ。

私が途中、強く印象に残ったのは「死ぬはずの小鳥」をむやみに助けることは小鳥を「生命連鎖の輪」から無理矢理外してしまう罪なのだという、<王子>の言葉。
生命連鎖の輪を紡ぐということ。それは自分の死体を「誰か(他の動物)」が食べて命を繋ぐというこの世界のあるべき循環だ。死体を隠さない、自分の死体を再利用しない生物「人間」は果たして本当に「独り」だろうか?
死んだ後に繋がる事が出来ない人間が、唯一紡ぐことの出来る連鎖の方法がある。
それを本書で見つけて欲しい。 この世界に生きる孤独な人間すべてに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。