サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

死者の体温(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

死者の体温

著者 著者:大石圭

安田祐二は30歳。砲丸投げの元日本代表選手で、今は不動産管理会社の経営企画室に勤めるエリート会社員。ハンサムで温厚。にこやかで職場や近所での評判もよく、湘南の洒落た高級マンションに1人で暮らし、クラシック音楽とスコッチウィスキーを愛し、野良犬を可愛がり、野鳥に餌をやり、そして……次々に人を絞め殺し、下田の別荘の庭に埋めているのだった……。トラウマも動機も悪意もない史上最悪の連続大量殺人!!

死者の体温

税込 638 5pt

死者の体温

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.1MB 無制限
Android EPUB 4.1MB 無制限
Win EPUB 4.1MB 無制限
Mac EPUB 4.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本死者の体温

2004/05/11 16:20

単純に人を殺す快楽

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 理由なき殺人などあり得ない。銃を乱射して「当たり所が悪かったら死んでもいいや」なんてのになると幾分理由は薄れるが、特定の個人を狙っている場合、その瞬間まで見ず知らずの人間だったとしても、殺すための理由は生ずる。たとえそれが身勝手なくだらないモノであっても、理由には違いないのだ。
 本書に登場する殺人鬼は、気に入った人間を見かけると、ついつい首を絞めて殺したくなってしまう。細い首に自分の指がめり込んでいく瞬間、その感触が堪らないという。また、その人物を殺すことによって、被害者のそれまでの過去やこれからの未来を、自らの手で終止符を打つという行為に陶酔するのだ。殺す相手は“首”さえ気に入れば誰でもよく、老婆から少年まで様々だ(圧倒的に女性が多いが)。
 読み始めると気付くが、著者の『湘南人肉医』と内容が酷似している。なんで今更、と思っていたら、本書は1998年に出版されたものの文庫版だった。本書にカニバリズムの記述はないが、なるほど似ているわけである。著者自身があとがきで、この作品がターニングポイントになったと、述べている。それで今回の文庫化となったのだろう。
『湘南人肉医』と似ていながら、本書の殺人鬼の方が節操がない分歯止めがきいていなくて、かなりのスピード感がある。次から次へと殺していく様は、見事(?)としか言いようがない。なかなか警察の手が伸びない辺りは甘く感じるものの、この作品に細かすぎる設定は似合わない。テンポ良く殺人を楽しんで(?)もらいたい。そして、身近に潜む狂気の恐怖を、存分に味わって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。