サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

【先着クーポン終了後】[男性30%]『バキ』アニメ化記念!秋田書店クーポンフェア(~7/20)

長春五馬路(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

長春五馬路

著者 木山捷平 (著)

ひたすら、淡々と、生きる、長春で。敗戦後、木川正介は、毎日五馬路に出掛ける。知り合いの朝鮮人の配下となり、大道ボロ屋を開業して生きのびている。飄々として掴みどころなく生きながら、強靭な怒りにささえられた庶民の反骨の心情は揺るがない。深い悲しみも恨みもすべて日常の底に沈めて、さりげなく悠然と生きる。想像を絶する圧倒的現実を形象化した木山文学の真骨頂。著者最後の傑作中篇小説。

長春五馬路

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本長春五馬路

2006/08/15 21:00

命をつなぐ日々を淡々と。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公の木川正介は、中国・長春で敗戦を迎える。ソ連軍によるシベリア送りを避け、中国内戦に巻き込まれながらも、毎日五馬路へ出かけてボロを売り、生き延びている。
 ギリギリの生活を維持しながら、淡々とその日その日を過ごす男の姿には、異国の地に残された人間の悲哀が漂う。と同時に、戦争という理不尽な暴力に屈しない、たくましさも共存している。
 この作品は、木山捷平の自伝的小説である。だからつい、主人公の男と作者の姿を重ね合わせて読んでしまう。フィクションなのに、ドキュメントのようなリアリティがあるのだ。
 第二次世界大戦後、敗戦国民として中国に残された日本人は、悲惨だったという。
 それは、残された多数の資料や証言が、21世紀に生きる私たちに切々と訴えてかけてくる。また、作者自身、敗戦後の一年間は「百年を生きた苦しみに相当する」と語っていたことからも、その苦難は想像に難くない。
 しかし本書は、そんな苦悩を、重く暗い筆致で描いている訳ではない。むしろ、飄々と生きる主人公の姿に、置かれた状況の悲惨さを忘れてしまう。立ち小便で、妻の名を平仮名で書く場面は、滑稽ですらある。
 ボロ売りを楽しんでいるかのような振る舞いや、日本に妻子を残しながら、中国人の女性と一緒になることを夢想する主人公の姿に、最初はとまどい、彼の心理が理解できなかった。こんな状況で、なぜこんなにも普通に暮らしていけるのか、不思議だった。
 けれど、読み進めていくうちに、男の胸の内が分かってくる。
淡々と日々をやり過ごしていかなければ、生きることさえ難しかったのだ、ということが。深い悲しみや強い怒り、恨みを、心の奥深くに沈めて日常を過ごすことが、“生きていく”ことなのだ、ということが。
 ただ目の前の一日を、無事過ごすことだけに全神経を集中させる。飄々と生きる姿の中に、極限まで追いつめられた人間の、“生”への執念が感じられるのだ。
 掴みどころのない主人公が、時おり見せる強い感情に、はっとさせられる。酔いに任せて自作の短歌を朗吟する場面は、楽しい座興の中に悲痛な感情が込められていて、印象的だ。
 抑えきれない感情がふとした拍子に表に出る場面は、それが作品全体を通して数少ないからこそ、余計に読む者の心に強く印象付けられ、澱となって残るのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する