サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1217-20)

2018年年間ランキング【電子総合】(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 自然科学・環境
  4. 生命科学・生物学
  5. 分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか
分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 1件

電子書籍

分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか

著者 著:三中信宏

生物の「種」って何? それは実在するか? 生物分類学の歴史は2000年に及ぶ。その知的格闘を平易に跡づけ、「種」をめぐる最も素朴で根本的な疑問を考える。前作『系統樹思考の世界』と対をなす怪著! (講談社現代新書)

分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか

702 (税込)

分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか

ポイント :6pt / 紙の本より248おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.8MB 無制限
Android EPUB 6.8MB 無制限
Win EPUB 6.8MB 無制限
Mac EPUB 6.8MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ヨコ思考でいこう

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「「系統樹思考」が「タテ思考」ならば、「分類思考」は「ヨコ思考」である」と作者は述べる。系統樹は言い換えればWeb設計などのツリー図。さらに、具体的にこう述べている。

「系統樹思考はオブジェクトどうしを「つなぐ」ことによって体系化を目指す。一方、分類思考はオブジェクトのパターンを「わける」ことによって体系化しようとする。「つなぐ」ためには系統樹が必要となる。そして、「わける」ためには分割された集合すなわち「群(gruoup)」が必要となる」

「つなぐ」のではなく「わける」。マーケティングで言うところのグルーピング。「群(gruoup)」とはコミュニティであり、社会ってことだよね。

その代表がリンネの考案した生物の分類でおなじみ、「「種」-「属」-「科」-「目」」だそうだ。バラ科が多すぎると記憶しているが。

「過去半世紀にわたる認識人類学や民族分類学が明らかにしてきたように、私たちヒトは、あるバイアスを帯びた“世界観”を形成し、その世界観のもとで実際に人間や生物や自然や天体について理解しようとしてきた。そのバイアスはほかならないヒトがたどってきた進化の過去の反映であり、私たちはそのバイアスと寄り添いながら日々生きているのである」

深い一文。バイアスをかけずに生きるなんてできないよな。コレステロールのように善玉バイアスと悪玉バイアスがあったりして。

「長い歴史をもつ分類学は、それが経てきた時代ごとに新しい“革袋”を編み出してきた」
しかし、その革袋に入れるのは「古い葡萄酒」だと。

なぜなら、
「リンネ以降、現在にいたるまでの生物体系学のルーツには、既済の科学とともにあった原初的な民族分類の思考形式が基盤として残っている」からだ。
で、
「私たちは日常的に「種類」という言葉になじんでいる。-略-しかし、生物学者は何世紀もの間、まさにこの「種とは何か」-略-問題に取り組んできたが、いまだに解決の見通しは立っていないのが実情だ」と。

分類学の先達、中尾佐助の理論の作者の解釈が興味深い。
「中尾は普遍的分類を実現させるためには“学”の垂直思考ではなく、“論”の水平思考こそ必要なのだと語っているように思える」

有体に言ってしまえば、スペシャリスト(専門職)じゃなくてジェネラリスト(総合職)。ってことか。理系と文系の融合ってことかもね。

作者が言うように、「革袋に入っている古い葡萄酒」はひょっとしたら美酒かもしれない。あるいは酢になっているかもしれないが。ジャン・ティンゲリーのジャンクアートのように、ええとぼくが知っている範疇ではデカルトが「魂の存在場所」と考えた松果腺のように、とんでも理論やオカルトとか言われる古いジャンク理論が敗者復活するのかもしれないし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。